blogBACK

美術手帖にて公開|アートと気候危機のいま vol.6 コラム「訪問者の移動と、二酸化炭素排出量の現実」

TOTAL ARTS STUDIES(TAS) プログラム・ディレクター、ロジャー・マクドナルドによる、美術手帖ウェブ版での気候危機とアートについての連載記事シリーズ「アートと気候危機のいま|Art and Climate NOW」。ニュースやインタビューで海外の動向の「いま」をわかりやすく紹介する連載の第6回は、ロジャーによるミニコラムを紹介。世界のアート界でもっともCO2を排出しているものと、その対策について取り上げる。


──アート来場者と二酸化炭素排出量の現実。

 芸術や文化分野から気候や自然、気候正義に対し行動を起こすイギリスの非営利団体・ジュリーズ・バイシクル(Julie’s Bicycle)は2021年4月、世界のアートセクターの温室効果ガス排出量推計の画期的な報告書を発表した(*1)。報告書では、2019年のデータを算出し、世界のアートセクターのCO2総排出量は年間7000万トンに達すると推定した。これはシンガポールの(一国としての)年間排出量にほぼ匹敵する(*2)。

 報告書によれば、CO2排出量の11%は公立美術館から、7%はアーティストのスタジオから、5%はコマーシャルアートギャラリーから排出されており、これらには美術品の輸送、関係者の出張費ほかすべてのエネルギー使用量が含まれている。とりわけ目を見張るのは、全体排出量のうち、74%が訪問者の移動によるという報告だ。これは、世界のアート産業のCO2排出量の大部分を占めるのが、国内外からの美術館やアートフェア、ギャラリー、イベントへの訪問者の移動によるものという現実である。

記事の続きを読む(ウェブ版美術手帖)>>>

*1──THE ART OF ZERO
*2──Per capita CO2 emissions

TOP画像:アートセクターにおけるCO2排出量内訳 “ART OF THE ZERO” p.13 より


RELATED BLOG