English
Home  >  Residency  >  2019年

ステイシー・ハンター

>>> English

ステイシー・ハンター / Stacey Hunter
(1979年スコットランド生まれ、エジンバラ在住)



スコットランドを拠点にインディペンデントキュレーター、プロデューサーとして活動するステイシー・ハンターは、展覧会やシンポジウム、プロジェクトを通して、国内外にデザイン分野の推進を行う。これまで「The Six Cities Design Festival」や「£3M national festival of design」など大規模なデザインフェスティバルをスコットランドで企画、2015年にはエジンバラを中心に自身のキュレーションの場として展開する「Local Heroes」を設立するなど、積極的にオーディエンスとスコットランドの秀逸なデザインを繋げることを試みている。これらの活動は、国際的な展覧会やイベントで多くの人にコンテンポラリーデザインカルチャーを紹介するプロジェクトにまで成長している。2018年には、グラスゴー市が開催したドイツ・ベルリンとの交流行事にあわせて「Made in Glasgow by Local Heroes」と題した展覧会を行い、グラスゴーのデザインシーンを牽引するデザイナーを数々紹介した。ライターとしてデザイン誌への寄稿も行う。エジンバラ大学博士課程(建築)ではスコットランドに近年みられるニュー・アーバニズムを研究。

2019年1月からのレジデンス滞在では、進物とされるモノと、日本で特に豊かな歴史を持つその儀式文化への関心を軸にリサーチを行う。独自の文化を継承しながら、デザイナーやキュレーターらがどのように視点を共有しているのか、また、日本の陶芸文化におけるデザインの移り変わりについて知識を深める。
ウェブサイト



滞在期間:2019年1月9日 - 3月5日
助成:平成30年度 文化庁 アーティスト・イン・レジデンス活動支援事業
イベント:Design Culture - Japan & Scotland − デザインが作用するとき
日程:2019年2月16日(土)14:30 - 16:00(14:00 開場)
会場:2016/ SHOP 佐賀県西松浦郡有田町赤坂 アリタセラ内

滞在に関する記事:Beyond the Megapolis: Japanese Design & Local Heroes by Stacey Hunter (The Skinny)
How the creative industries can change Scotland for the better (The Scotsman)

2019-1- 9

シャルロット・マーカス

>>> English

シャルロット・マーカス / Charlott Markus
(スウェーデン生まれ、アムステルダム、オランダ在住)


©Marlise Steeman


シャルロット・マーカスは平面素材を用い、写真のシリーズ作品やサイトスペシフィックなインスタレーションを構成する。それは「静物画の延長」とも記述され、新たな語りを加えることで平面世界の可能性と限界を探るものである。写真や絵画、彫刻の境界線に余白を生み出すマーカスの創作は、それぞれが絡み合い、拡大しながら全体性が考察され、空間、色や形だけではなく、関係性や構造についても間接的に言及するものである。

ヘリット・リートフェルト・アカデミーにて写真を学び、卒業後はオランダ国内外で数々の展覧会に参加。これまでの個展に「Markus&I」(Weekender Trailer Show、Unseen Photo Fair、アムステルダム、2014)、「Live at: Matter of Gradation」(Intelligentsia Gallery, 北京、2015)、「Solitaire」(Probe Project Space、アムステルダム、2017)がある。グループ展には「Collective Thinking, For Freedoms」(Aperture Foundation、ニューヨーク、2017)、「Who are we again?」(Arti et Amicitiae, Amsterdam, 2018)などがある。

2019年1月からのレジデンス滞在では、日本の伝統やテキスタイルを中心に、現代の日常生活における歴史とシンボリズムについて、新たな視座を探求しリサーチを深める。
ウェブサイト


滞在期間:2018年1月9日 - 4月4日
助成機関: Mondriaan Fonds
イベント:AIT ARTIST TALK #75 「Indefinite ways of actual seeing − 視覚の曖昧な手段」
日程:2019年2月19日(火)19:00 - 21:00(18:30 開場)
会場:代官山AITルーム

2019-1- 9

フローレンス・ドワイヤー

>>> English

フローレンス・ドワイヤー / Florence Dwyer
(1992年ロンドン生まれ、グラスゴー在住)



スコットランド美術学校卒業。フローレンス・ドワイヤーの作品には陶器やテキスタイル、家具などが用いられ、その造形から制作過程、生活道具として使われるプロセスに潜む力学に向けたリサーチが創作の源となっている。 暮らしの中にみられるデザインとさまざまな生活様式に添いながら、特に工芸、産業や労働者の慣習への視点と日常生活の関係性や歴史を紐解くフローレンスの手法は、1940年代から使われなくなったまま保存されているグラスゴーのThe Tenement House Museumが行うアーティスト・イン・レジデンスプログラムでも用いられた。滞在中は、使い残された石けんや着古された衣服など数々のアーカイヴ品に滲む生活の痕跡を辿っている。加えて、周囲へのインタビューでは「家」にまつわる会話を重ねることで居住者の個人史を浮かび上がらせ、モノや素材の起源から建物への繋がりまでを大きく内包する自身への創作に結実させている。
これまでの展覧会に「I remain Yours」(The Tenement House, Glasgow, 2018)、「Village College」(The Lighthouse Glasgow, 2018)、「Reel Meal」(David Dale Gallery Garden, 2017)など。2018年「Inches Carr Craft Award」、2017-18年「Glasgow Life Visual Arts and Crafts Mentoring Award」受賞。

2019年1月からのレジデンス滞在中は、これまでの方法論をもとに、東京と佐賀県有田町を中心に「家」を訪問してリサーチを行う。江戸時代にみられる長屋を端に現在の居住空間 − 過密した空間における − コミュニティの醸成と、生活用品や工芸品がどのように時代を越えて空間に溶け込んでいるのか探求する。
ウェブサイト




滞在期間:2019年1月9日 - 3月19日
助成:平成30年度 文化庁 アーティスト・イン・レジデンス活動支援事業
イベント:ワークショップ
日程:2019年2月19日(火)11:00 - 17:00
会場:佐賀大学有田キャンパス
イベント:AIT ARTIST TALK #76 「Greenware」〜スコットランド グラスゴーよりアーティストのフローレンス・ドワイヤーを迎えて〜
日程:2019年3月20日(水)19:00 - 20:30
会場:OLDHAUS(東京都渋谷区)

2019-1- 9