Home  >  Blog

韓国 光州での滞在を終えて


韓国では、2016年9月2日〜11月6日まで光州ビエンナーレが行われています。
私たちAITは、その関連プログラムとして9月2日〜3日にかけて行われたフォーラムに招かれて、秋晴れの光州を訪れました。


光州ビエンナーレのメインホール。9月の初めはまだ少し暑さも残ります。

開催地である光州広域市は、1980年の光州事件が残した傷跡を癒し、民主主義の重要性を訴える街として、そのアイデンティティーを形成してきました。軍事政権時代を経て1995年に始まったこのビエンナーレは、市民運動の精神を受け継ぐことも大きな目的のひとつとしています。


関係者のみならず、多くの市民も集まった華やかなビエンナーレのオープニング・イベント


<フォーラム "to all the contributing factors"「全ての貢献者たちに」

今回の光州ビエンナーレは、2007年にAITでトークを行ったマリア・リンドがディレクターを務め、作品の展示だけではなく、100あまりの小中規模の文化機関やアートスペースが世界中から一堂に会し、様々なテーマに沿ってディスカッションを行うフォーラムが開かれました。そこでは、各団体らが取り組む活動の価値の高め方、そして長期的にその価値を作り続けるために必要な仕組みを探ることが目的のひとつとされています。ビエンナーレの役割を、しばしば耳にする「地域振興」や「地域のブランディング」という枠を越えるものとして捉え、光州ビエンナーレのような大規模な国際展だからこそ実現可能な新しい議論の創出としてこのフォーラムが用意されたことが、マリア・リンドによるプレゼンテーションで伝えられました。
3日に行われたフォーラムでは、私たちが参加した「Self-organization(自主的な運営団体)」や「Education (教育)」をはじめ、「De-colonization(非植民地化)」、「Collective/Common/Community in the art scene(アートシーンにみられるコレクティブ/コモン/コミュニティ)」など、それぞれの団体がこれらのテーマに沿ってグループに分かれ、ディスカッションを行いました。「Self-organization」では、展覧会を行うためのギャラリーとの恊働や、レジデンス・プログラムを行う際に求められるアーティストとの関係性など、プログラムを作るための工夫や基準をそれぞれが例を挙げて対話が進みました。一方の「Education」では、各団体がこれまでの活動で培った知識やアーカイブをどのように掘り起こし、さらに発展させていくことができるかを話し合いました。プログラムの後半は全員が集まり、団体の運営や費用の問題とその持続可能性など、各ディスカッションを掘り下げながら活発な意見が飛び交いました。このフォーラムを通して、例えばイギリスのグラスゴーの文化機関CCAにある"Public Engagement Curator"(公との接点をつくることに特化したキュレーター)という存在や、オルタナティブなものへと変容しつつあるミュージアムの役割のケースなど、それぞれの国と地域で活動する彼らがアートを取り巻く環境の変化や課題に取り組む姿を知ることができました。このフォーラムの継続により、新たな思考や、面白いプロジェクトが生まれていく予感がしました。


グループディスカッションの様子


光州ビエンナーレのキュレーターが司会を務め、ディスカッションが続きます。


立食パーティも行われました。


Asia Art Space Network: Kula in Asia

AITは、光州市の文化機関であるAsia Culture Centerにおいて9月1日から10月20日まで行われている展覧会、Asia Art Space Network: Kula in Asiaにも参加しました。これは、アジアを中心に活動するアートスペースの紹介と、ネットワークの形成を目的とした展覧会イベントです。タイトルに使われている「Kula」とは、パプアニューギニア諸島に伝わる、言語や文化が異なる部族の間で行われる交換の儀式を指します。この展覧会に日本から唯一の参加となったAITは、アーティストや文化機関、行政、企業などとこれまでに恊働したプロジェクトに加え、教育プログラムのMAD、レジデンス・プログラム、近年のアートアワードなどの活動を通じて制作した数々のフライヤーやポスター、インタビュー記事を展示しました。まるで「デザインとともにみるAITの歴史」とタイトルがつきそうな私たちの展示スペースは、これまでのプロジェクトを一緒に作り上げてきた多くのアーティストや関係者の姿を浮かび上がらせます。これらをきっかけに、興味深そうに日本、そして東京のシーンに目を向ける来場者との会話も弾みました。
また、展覧会に加えて趣向を凝らしたイベントも行われ、私たちは、レジデンス・プログラムで来日したアーティストやキュレーターからお土産として頂いたお茶を持参して振る舞いました。彼らが日本で交流した知識と経験は、展覧会のテーマ「Kula」にもなぞらえられます。イベントでは、イギリスやタイ、ビルマ、スリランカからのお茶を並べ、それらを通して、来場者と更なる交換の連鎖に繋げたいと考えました。会場ではファッションショーも行われ、展示スペースを簡易的にミュージック・クラブに変えて楽しませる所もあり、光州にいることを忘れさせるくらいアジアの熱気が感じられました。


大規模な文化機関であるAsia Culture Center


会場中央には砂が敷かれ、大きな作品も展示されています。


各国のお茶と、奥に見えるAITの展示スペース


AITの歴史がここから滲み出てくるようです。


展覧会のスタッフもお茶を飲んでにっこり


私たちの展示スペース前で記念撮影。
右から展覧会ディレクターのPaikさん、キュレーターのAhnさん、ACC館長のSun-gyuさん、AITの川口と東海林



<光州ビエンナーレ"WHAT DOES ART DO?" 「芸術は何を為すのか?」>

今年で11回目を迎える光州ビエンナーレは、作品が一番多く展示されているメインホールを中心に、サテライト会場として先のAsia Culture Centerを含む市内の各美術館を会場に構成されています。メインホールはGallery 1から5まで展示スペースが大きく分けられ、映像作品をじっくり鑑賞できる空間なども用意されており、十分な見応えがあります。
以下、私が気になった作品を2点紹介します。


Marie Kølaeback Iversenによるインスタレーション作品(一部)

アフガニスタンを原産国とするラピスラズリが、5つの大きなスクリーンに映し出されたIversenによるこの作品には、《Mirror Therapy》とタイトルがつけられています。ラピスラズリの幻想的なイメージとは裏腹に、特に2001年から2014年の間、アフガニスタンで起こった戦争により手足を失ってしまった兵士たちに用いられた作業療法である、ミラーセラピーの存在について触れています。


メインホールの一階にいくつか展示されているNabuqiによる彫刻作品(一部)

《A View Beyond Space》とタイトルがつけられたこれらの彫刻作品は、ビルや住宅、樹木や道路など、普段私たちが都市空間として認識するモチーフを用いて、抽象的で新しい風景を浮かび上がらせています。


これらメインホールの他にも、無料のシャトルバスが各会場を結んでおり、Asia Culture Center から10分ほど歩けば、光州事件や各国の民主化運動にまつわる資料が展示されているMay18 Archivesにも行くことができます。

時間がいくらあっても足りないと思わせるほど白熱したディスカッションが繰り広げられたフォーラム、そしてAsia Culture Centerでの展覧会は、それぞれの手法で"WHAT DOES ART DO?" 「芸術は何を為すのか?」 という大きなテーマに目を向けようと試みていました。アートスペースの「今」を展示することで、現在進行形のアートの一部を紹介し、また、フォーラムを通じてアートがどのように成り立つかを考える機会となりました。芸術は何を為すのか、私たちに一体何ができるのかという問いを出発点として、私たちはアートと人の関係に何を期待するのか、そしてそれを実現するために何ができるのかという能動的な疑問が浮かび上がり、長期的に取り組む姿勢の重要性を感じました。



レポート:川口茜

2016-10- 6

"アート"の存在しない世界を探検!?【MAD WORLD with NODE ワークショップ】フォトレポート



AITでは、メインストリームからオルタナティヴなアートシーンまで、AITが注目する、世界で活躍している国内外の専門家を招いて行う特別講座「MAD WORLD」を不定期でスタートすることになりました!


記念すべき第1回目として、ベルリンでキュレーター向けのレジデンスや教育プログラムを手がける文化機関「The Node Center for Curatorial Studies」(NODE)のディレクター、ペルラ・モンテロンゴ氏による英語でのセミナーとワークショップ『MAD WORLD with NODE 』を開催しました。

アートへの固定概念を取り払い、そこに新たな見方と解釈の可能性を探ろうとするこのワークショップは、「日産アートアワード2015」展(BanKART1929、横浜)を会場に行われました。

まずは、スライドと映像を使ったレクチャー形式で、これまでNODEが行った活動や、今後のヴィジョンを学びます。


参加者全員の英語による自己紹介のあとは、この日のためにモンテロンゴ氏が特別に用意したギアが配られ、それを自由に身につけます。そのまま、キャッチボールのように名前を呼び合うゲームで簡単なウォーミングアップ。視覚と聴覚を頼りに、反射神経を研ぎ澄ましてゆきます。

そして、いよいよワークショップの開始!
あたりには宇宙感が漂う効果音が流れ、まるで宇宙船の操縦室にいるような映像を目の前に、私たちの緊張と興奮は高まります。そこに、モンテロンゴ氏からワークショップのミッションが言い渡されました。



『「アート」という概念や歴史が全く存在しない、架空の未来を想像してください。そこでは、「陸の航海術研究所」と呼ばれる機関が、奇妙な物体(私たちが考えるところの「アート作品」) の目的や活用法など、さまざまな情報を調査研究しています。そこの研究員であるみなさんは、奇妙な物体のナゾを解き明かします。』

ワークシートをもとに、調査に与えられた時間はたったの6分。
というのも、それまでに展示室から戻ってこなければ、酸素が無くなってしまうからです。


さあ、一斉に調査開始!

この物体は、一体なんだろう。

素材は? かたちは? 大きさは?



6分の調査を終えると、研究員たちは一旦宇宙船に戻り、チーム同士で報告。そしてまた、次の調査に向かいます、これを何度か繰り返します。


一体、何のためにつかわれていたのだろう。

どうしてこんな形状をしているのか。

あれ、よくみると、なにかに似ているぞ?!



直感で感じた意見を出し合い、調査結果をまとめます。







最後は、調査結果をプレゼンテーション!



特別研究員が、プレゼンテーションをもとにそれぞれの研究チームのアイディアをドローイングにしました!



遊び心あふれるこのアプローチによって、展示室内を自由に探検し、今までとは異なる方法でアートに触れ合うことができました。現代アートは、専門知識がないと難しいと思われがちな側面もありますが、難しい知識は抜きにして、まずは自分が見たものや感じたことを頼りに作品をみることから始めてみると、そこにもアートの楽しみ方が広がっていることが分かります。それは、アートに限らず全ての物事においても、視点を変えて見ると、新たなアイディアやさらなる気づきを得られることともつながり、参加者の自信にもつながったように思いました。全員が想像力を広げて行くことに挑戦し、自由な発想とユニークな視点で取り組んでいたのがとても印象的でした。



ワークショップを一緒に取り組んだ皆さんで集合写真。おつかれさまでした!

AITでは、これからも新しい発見や学びに繋がるプログラム作りを目指してゆきます。
第2回目の「MAD WORLD」も、是非お楽しみに。



《参加者の声》(抜粋)
☆ 日本でこういった英語で学べるワークショップの機会はなかなかないので、これからも参加したい。
☆ 現代アートは難しく考えなくていいのだと思えることができた。
☆「発想」に対して自信を持てるようになり、他の人の意見にもバリアを張らず受け入れてみようと思った。
☆ 小道具の準備やストーリー設定の準備がしっかりしていて、とても楽しめた。
☆ それぞれの意見に否定的にならず、オープンマインドな状態になれたのが新鮮だった。

2016-1-15

バッカーズ・ファンデーション/AIT レジデンス・プログラム 2015


この夏、AITでは、バッカーズ・ファンデーションの助成により、レジデンス・アーティストとしてカンボジアからラッタナ・ヴァンディとカニータ・ティス、そして、ポーランドのウジャドゥスキー城現代美術センターからキュレーターのマリアンナ・ドブコウスカを迎えました。それぞれが貴重な時間を日本で過ごし、そして、無事に帰国していきました。今日は、このブログで彼らの滞在の様子をお伝えします。


ラッタナとカニータは、滞在の成果の一つとして、新作を含めた展覧会「Today of Yesterday - 過去に在る、いま」を山本現代にて7月11日から25日まで開催しました。ラッタナは都内のスタジオで釘を打ち続け、カニータは針金を巻き、制作に励みました。ラッタナが作品の一部として書いた文章からは、まるで今を表すかのような混沌とした状況の中で人びとが戸惑うさまが、にじみ出ているようでした。それは、あやつり人形のようにも見え、黒く塗られたギャラリーの壁に何本も打たれた釘のざわつきからは、無数の声が静かに伝わります。制作途中、何度かスタジオを訪問すると、当の本人はなんとも陽気で、ジリッと暑い東京の空を眺めては、タバコの煙をくゆらせ、本当は飛行機に乗るのが嫌いなんだと教えてくれました。そして、抹茶のアイスクリームを前にすれば、子供のように喜んだりする、そんな茶目っ気もあるのがラッタナです。

2015-8-10

アートフェア東京2015 レポート


3月20日(金)から3日間開催されたアートフェア東京2015にて、AITでは、エデュケーショナル・パートナーとして、コレクターやキュレーターなど、アート界で活躍する専門家をナビゲーターに迎え、ガイドツアーを企画しました。


その中のひとつ、 「アートフェア東京」をレポートしよう! では、CINRA.NET 編集者の佐々木鋼平さんをお迎えし、自分の言葉で感じたことや考えたことを表現したい方、アートライターや編集に興味のある方を対象に、実際にアートフェア東京についてレポートするツアーを開催しました。

まずはじめに、テーブルを囲んで佐々木さんのお仕事である「編集」やアートフェア東京についてご紹介。レクチャーでは、CINRA.NETを中心に、WEB媒体や雑誌、新聞では、アートレビューや批評がどのような切り口で掲載されているのか、様々な媒体を例に挙げながら、編集者の仕事である、アート記事を企画する際の考え方や大事にしていることなどを伺い、また、読者に分りやすく伝える記事の書き方やポイントなど、アートを言葉にするためのコツを学びました。

アートフェア東京2015の会場内では、実際に、アーティストやギャラリストにインタビューを行い、作品について解説いただいたり、アートフェア東京の見どころをまわり、記事になりそうなネタを集め、最後に、レポートを提出頂き、佐々木さんからコメントを頂きました。


今日は参加者のみなさんにご提出いただいたレポートを一部ご紹介します。

みなさん独自の視点や切り口で書かれていて、ツアーで学んだことが生かされた内容になっています!



2015-4-20

アートフェア東京2015推奨プログラム

アートを見るのは好きだけれど、そこからどう一歩踏み込んでいいか迷っている方へ
「現代アートをもっと身近に!―最新のアート事情を紐解く5つのレクチャー」のご案内


 
アートフェア東京 2014会場風景 / 撮影:岩下宗利

アートフェア東京のエデュケーショナル・パートナーであるAIT(エイト)が開講する現代アートの学校「MAD(Making Art Different―アートを変えよう、違った角度で見てみよう)」では、アートをより楽しみたいと考えている方に向けて、年間全112のレクチャーから、現代アートの基礎を学べる、選りすぐりの5つのレクチャーをご紹介します。
AITとアートフェア東京がおすすめする5つのレクチャーを受講して、アートへの理解をもっと深めるヒントをみつけてみませんか?
フェアの会場を巡る中で感じた疑問や発見について、MADで共に考えましょう。

2015-3-18

shiseido art egg 川内理香子展がスタート!

 

本日2015年1月9日(金)より、shiseido art egg 川内理香子展がスタート!

 

川内さんは、AITが運営協力をしている公募プログラム「ART IN THE OFFICE 2014」(マネックス証券主催)の受賞作家でもあります。

これまで、一貫して食べ物と人の身体の関係をテーマとしたドローイングを描いてきた川内さん。マネックスではプレスルームの壁を「お鮨」の作品で埋め尽くしました。

果たして、資生堂ではどのようなドローイングを展示しているのでしょうか・・・?

 

明日、1月10日(土)の午後2時からは彼女のトークが行われるようです。

ぜひ、足をお運びください!

 

なお、「ART IN THE OFFICE 2015」は2015年2月中旬より募集を開始します。今年も、どのような作品案が寄せられるのか、楽しみです。

 

● 川内理香子HP:http://rikacocacola.tumblr.com

 

IMG_9643.jpg

IMG_9644.jpg

IMG_9652.jpg

2015-1- 9

Meet Jan, Franciszek and Vincent




We'd like to introduce the three artists who are currently undertaking residencies with AIT in Tokyo (from left to right), Jan Szewczyk and Franciszek Orlowski, from Poland, and Vincent Vulsma from The Netherlands.

The three artists arrived last month, and recently joined the AIT staff on a gallery tour, visiting a handful of galleries in Shirokane-takanawa, before boarding the train to Shinonome to spend the afternoon at TOLOT/heuristic. Both Jan and Franciszek, and Vincent will be holding events with AIT next month, with more information to follow.

2014-2- 5

「小泉明郎ナイト!感じる作品」レポート Event report: 'Meiro Koizumi Night! Sensing artwork'


少し遅くなりましたが、本日は、昨年12月14日に開催された
真っ暗闇のミングリアス、「小泉明郎ナイト!感じる作品」の様子をご報告します。

Roppongi Crossing 2013 - Discursive Platform
Special Minglius - 'Meiro Koizumi Night! Sensing artwork'

ENGLISH FOLLOWS:

Death Poem / Meiro Koizumi
小泉明郎 / <最後の詩> / 2013年 / 2チャンネル・ビデオ・インスタレーション / 19分10秒
Meiro Koizumi / "Death Poem for a City" / 2013 / Two channel HD video installation / 19'10".
Courtesy: Annet Gelink Gallery, Amsterdam


扉を開けると、光源のない真っ暗闇の空間。

12月14日のミングリアスは、森美術館にて開催された「六本木クロッシング2013」 Discursive Platform関連企画として、アーティスト小泉明郎氏とAITの共同企画により、AIT初となる暗闇の中で行われました。

「六本木クロッシング2013」に展示された小泉氏の映像作品、<最後の詩>には、覆面を被った出演者が登場します。スクリーンの両面には、その表情が相手に「見えない」匿名性ゆえに、妄想や欲望を赤裸々に告白する覆面者の姿と、都市でさまざまな人々によって吐き出されていく声や表情が映し出されています。

今回のミングリアスでは、「見えない」中で生まれる会話を参加者の皆さんと一緒に考える空間にし、暗闇で開催することになりました。ゲストに小泉氏の作品<ビジョンの崩壊>にて、戦死する夫の役を演じた盲目の役者、川村和利氏、また、同じくアーティストで小泉氏の作品制作にも携わる高川和也氏を迎え、いつもとは一味違った、まさに特別ミングリアスとなりました。

2014-1-28

【旅のレポート】第55回ベネチア・ビエンナーレ」へ! ベネチアとミラノで最新のアートシーンと私立美術館をめぐる8日間

2013年のAIT海外アートツアー第2弾はイタリアへ。
「第55回ベネチア・ビエンナーレ」を訪ね、ミラノに移動して私立美術館などをめぐるイタリアへのアートの旅。今回は、ツアー参加者の石井理恵さんから、旅のレポートをいただきました。



はじめに

8/23〜8/30まで、NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ(AIT/エイト)が企画/エスコートするアートツアーに参加しました。昨年の「ドクメンタ13」(ドイツで5年に1回開催される国際展)は、AIT主催のツアーに参加せずに個人で出かけたのですが、見るべき物を探すのに迷い、疲れるとすぐ休憩の繰り返しで、後から色々な見落としを知り、悔しい思いをしました。

今年のベネチアは、さらに多くの展覧会数があったのと、それらが街中に広がっていたため、1人では絶対に行けないと思い参加しました。
結果、消化することができない程多くの作品を見た、まさしくアート満喫の旅となりました!

2013-12-24

【旅のレポート】アートバーゼルでマーケットの源流を目撃しよう! バーゼルとローザンヌでアートと現代建築をめぐる7日間

2013年のAIT海外アートツアー第1弾、アートバーゼルを中心にスイスをめぐるアートの旅。同行したAITのキュレーター、堀内奈穂子によるツアーレポートをお送りします。



はじめに

現代アートのプログラムを手がけるNPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ(AIT/エイト)の企画/エスコートにて、世界最大規模のアートフェアー「アートバーゼル」を訪ねるツアーを実施しました。
ヨーロッパが美しい季節を迎える6月。ヨーロッパ、アメリカ、南米、アジア、アフリカ等から 300以上の主要ギャラリーが参加する「アートバーゼル」は、世界中からコレクターやアート関係者が押し寄せる注目を集めるイベントです。

今回のツアーでは、この他にもバーゼル市内の美術館をめぐり、日本でも関心が高まっているアール・ブリュット・コレクションを訪ねてローザンヌに立ち寄り、近郊まで足を延ばして建築家・コルビュジエの初期の建築群も訪れるなど、スイスのアート・シーンを様々な角度から眺めました。

そして、このツアーの特長の一つとして、ツアー前の特別レクチャーと懇親会があります。アートにあまり詳しく無い方も、アートへの知識を事前に深めたり、出発前から他の参加者の方々と交流を楽しむことができました。

2013-12-24