English
Home  >  Residency

ペトラ・ノードカンプ

>>> English

ペトラ・ノードカンプ / Petra Noordkamp
(アムステルダム、オランダ在住)


©Awoiska van der Molen, courtesy of the artist


ヘリット・リートフェルト・アカデミーで写真を学んだノードカンプの作品は、映像の領域までをしなやかに行き来して、建造物や都市環境についての認識に、人の経験や記憶、夢までもがどのように影響を及ぼしているのか探求している。これらの作品は、時に明快かつ空虚的でもあり、形式に美を見出しながら、孤独や孤立、メランコリックな感情を照らしている。

2012年、初めて制作した短編映画「The Mother, the Son and the Architect」がフォーム写真美術館(アムステルダム)で上映され、その後、国内外の映像祭や展覧会に招かれる。2013年、アメリカン・アカデミー(ローマ)のレジデンスプログラムに参加後、翌年にはソロモン・R・グッゲンハイム財団(ニューヨーク)より依頼を受け、イタリアの画家でもあり彫刻家、アルベルト・ブッリ(1915-1995)によって作られたCretto di Gibellina(同地を襲った大地震後の1968年、ブッリによって制作されたランドアート。一度は資金の枯渇によって制作が頓挫したが、2015年、ブッリ生誕100周年を記念して完成)をテーマにした短編映像「Il Grande Cretto di Gibellina」を発表。同作品は、グッゲンハイム美術館(ニューヨーク)、K21(デュッセルドルフ)、MAXXI(ローマ)、ポンピドゥセンター(パリ)を巡回して上映した。2017年に発表した「When you return I'll be living by the waterside」は、ロッテルダム国際映画祭で2018年1月に初上映、ヴェネツィアで同年開催されたMove Cine ArteでBest Form賞を受賞している。近年に、MAXXIより依頼されたインスタレーション作品「Fragile-Handle with Care」がある。

AITのレジデンスプログラムでは、「沈黙」や「恐怖」などをテーマに瞑想的な場をリサーチすると同時に、恐怖の対象そのものや、その裏側に潜む自身(または私たち)の支配欲求と脆弱性にも着目する。
ウェブサイト

Il Grande Cretto di Gibellina 抜粋映像
When you return I'll be living by the waterside トレイラー


滞在期間:2020年1月17日 - 4月12日
助成機関: Mondriaan Fonds

2020-1-15

アーガオ(ErGao)

>>> English

アーガオ / ErGao
(広州生まれ、同市在住)


ErGao, Courtesy of the artist


ダンス、映像、インスタレーションなど、さまざまなメディアと実験的な手法を用いながらダンサー、振付家として活動。2001年、広州の広東歌劇学校を卒業後、広東舞踏学校にてコンテンポラリーダンスを学ぶ。2006年には、奨学生として香港の演芸学院を卒業。
2007年、自身のスタジオとしてErGao Dance Production Group (EDPG) を広州に設立し、シアターダンス、ダンスフィルム、コミュニティでの創作と教育を中心に継続的な活動を行っている。身体を最も重要なメディウムとして、中国国内における社会、文化的アイデンティティ、ジェンダーなどの題目に触れる作品を生み出している。

これまで、Rubatu Tanz Company、Angie Hiesl and Roland Kaiser (ともにドイツ)、Living Dance Studio(中国)、 Limitrof Company(フランス)、Emio Greco | PC(オランダ)など国際的なダンスカンパニーとの共同制作をはじめ、Ibsen International(ノルウェー)、 Fabbrica Europa(イタリア)、Hong Kong Arts Festival、Hong Kong Jumping Frames Dance Film Festival(ともに香港)、Guangdong Modern Dance Festival、Guangdong Modern Dance Company、Guangdong Times Museum(すべて広州)、DPAC Dance Company(マレーシア)、Shanghai Ming Contemporary Art Museum (中国)など、欧州からアジアまで数多くの会場で開催されたフェスティバルやイベントに参加。2019年、スイスアーツカウンシルの招きにより、Pro Helvetiaでアーティスト・イン・レジデンスプログラムに参加している。2015年、ドイツの放送メディア団体Deutsche Welleは、アーガオを「中国におけるコンテンポラリーダンサーの新星」と評した。

日本では、東京(AIT)と北海道浦河町(べてるの家)を横断しながら、両地でさまざまなワークショップを予定しているほか、参加者やコミュニティの当事者とメンバーにインタビューを行い、即興のダンスを構想している。
ウェブサイト



滞在期間:2020年1月14日 - 2月29日
助成:平成31年度 文化庁 アーティスト・イン・レジデンス活動支援事業

2020-1-14

「アート、精神、コミュニティ in 東京 / 北海道」ダンサー ErGaoを選出!




AIT(東京)ー 時代美術館(中国・広州)ー べてるの家(北海道・浦河)による協働レジデンスプログラム
「アート、精神、コミュニティ in 東京 / 北海道」
公募により選出した中国広州市在住のアーティスト/ダンサー ErGao(アーガオ)が参加!

2020年1月 - 2月まで日本に滞在

ErGao
ErGao, courtesy of the artist

AITでは、2020年1月から2月にかけて、中国広東省広州市にある時代美術館(Times Museum)と、精神障害等をかかえた当事者の地域活動拠点として北海道浦河町で活動する「べてるの家」との連携により、アートと精神、コミュニティについて考察するアーティスト・イン・レジデンスプログラムを実施します。
これに先立ち、時代美術館によるアーティストの公募が行われ、50人(組)を超える応募の中から、アーティスト/ダンサー であるErGao(アーガオ)を選出しました。

広州市を活動拠点とするErGaoは、自身のダンスカンパニー/スタジオ「二高表演」を主宰し、これまで、主にワークショップを通して多様な参加者と行う身体表現を追求してきました。その根底には、即興的な動きに社会的・文化的な背景や規律がいかに表れるか、彼の関心が横たわります。
6週間に渡る日本の滞在は、東京(AIT)と北海道浦河町(べてるの家)を横断しながら、両地でさまざまなワークショップ参加者やコミュニティの当事者とメンバーにインタビューを行い、即興のダンスを構想します。また、胸に装着した小型カメラでインタビューの様子やワークショップをドキュメントすることにより、予測不可能な身体と表情の微動をも捉え、そのプロセスの保存を試みます。

国内外において複数の地点を結ぶこのようなレジデンスプログラムは、ケアやウェルビーイング、工芸、美術史と現代のアーティストによる表現など、「ホリスティック=よりよく生きること」への継続的な関心と、そこから浮かび上がる社会課題を考察する実践の場です。

滞在中には、日本での経験を共有するアーティストトークを行うほか、べてるの家との共同企画によるイベントも両地で予定しています。AITのホームページやSNS、メールニュースにて随時ご案内します。

2019-11-25

展覧会「メルセデス・ベンツ アート・スコープ2018-2020」招待作家が小泉明郎に決定



AITは2003年より、日本とドイツの間でアーティストを派遣・招聘し、アーティスト・イン・レジデンス活動を通じて交流を図るメルセデス・ベンツ日本株式会社の文化・芸術支援活動「メルセデス・ベンツ アート・スコープ」の企画協力をしています。
「メルセデス・ベンツ アート・スコープ2018-2020」では、2018年に久門剛史がベルリンに、2019年にはハリス・エパミノンダが東京に滞在しました。この2名に加え、過去の「アート・スコープ」参加作家のなかから、2010年にベルリンに滞在した小泉明郎が、招待作家として決定しました。
2020年には、この3名にて原美術館で展覧会を行う予定です。

Hisakado Epaminonda Koizumi
左から、久門剛史、ハリス・エパミノンダ、小泉明郎

2019-11-13

スッティラット・スパパリンヤ

>>> English

スッティラット・スパパリンヤ / Sutthirat Supaparinya
(タイ、チェンマイ生まれ、同在住)


Photo by Jeremy Samuelson


チェンマイ大学美術学部卒業後、ライプツィヒ視覚装丁芸術大学大学院でメディアアートを学ぶ。インスタレーション、映像やスチール写真、オブジェクトなどを横断的に用いるスパパリンヤの作品は、これまで正史とされた情報を解釈して現代の社会市民に及ぶ影響と、その構造を明るみにしたり、問いを含むものである。近年は、特に歴史的事実に関心を寄せ、人的行為への影響とその社会・文化的状況についてプロジェクトを進めている。

これまで「第10回恵比寿映像祭」(東京都写真美術館、2018)、「サンシャワー:東南アジアの現代美術 1980年代から現在まで」(森美術館、東京、2017)、「Soil and Stones, Souls and Songs」(Jim Thompson Art Center、バンコク、2017)、「Public Spirits」(Centre for Contemporary Art Ujazdowski Castle、ワルシャワ、2016)、「Unearth」(Singapore Art Museum、シンガポール、2014)、「ビエンナーレ・ジョグジャ」(ジョグジャカルタ、2019)など、国内外の展覧会や芸術祭に参加するほか、トーキョー・ワンダー・サイト(現:Tokyo Arts and Space)や黄金町バザールなどのプログラムを通して日本での滞在経験も持つ。

アーティスト活動に加えて、2013年にチェンマイで現代アートを広めることを目的にChiang Mai Art Conversation (CAC)を立ち上げ、2016-19年まで芸術文化におけるネットワークをさらに広げるために国際交流基金アジアセンターと協働を行い、Asian Culture Station (ACS)のディレクターとして数々のプログラムを企画した。


滞在期間:2019年9月6日 - 10月15日
助成:2019 The Asia Center Fellowship Program


2019-9- 6

アーロン・ランダール

>>> English

アーロン・ランダール / Aron Landahl
(1984年 スウェーデン出身、ウプサラ在住)



イラストレーターとして活動するアーロン・ランダールは、バルト海に浮かぶゴットランド島で生まれる。マルメにあるコミック・アート・スクールで学んだランダールの作品は、スウェーデンで発行される雑誌などの媒体で見られ、そのイメージは、自然そのものや人間の手が加えられていないひっそりとした環境を描写しつつ、どこか不気味な佇まいを持ち合わせている。スチールペンとインクを用いて描く線影は、ディテールを捉え、霧がかった印象をにじみ出している。
2019年、自身初となるホラーストーリーを綴った児童書《Dropp Dropp》を出版予定。

レジデンスプログラムで日本に滞在中は、幼少の頃に図書館で出合った葛飾北斎による『富嶽百景』(100 views of Mt. Fuji)をリサーチしながら、ランダールが育ったゴッドランド島に程近い自然保護公園のカールスオー(Karlsö / ケーキのような特徴ある地形と、珍しい野鳥や自然植物の生育地として知られる)をその情景になぞらえた作品プロジェクト《100 views of Karlsö》を構想している。

これまでランダールの作品は、ギャラリーのみならず、ウプサラ大学病院での展覧会(2017年)などで展示されている。2011-12年、トルコとジョージアにおいて昆虫研究も行うなど、創作の関心対象は幅広い。

ウェブサイト




滞在期間:2019年9月4日 - 2ヶ月間
助成:Iaspis

2019-9- 2

スコットランドー日本 交換レジデンスプログラム 2019-2020




Cove Park
Cove Park (Argyll and Bute, Scotland), photo by Ruth Clark


AITは、2019年1月より3月にかけて、文化庁の助成によりスコットランドのグラスゴー郊外アーガイル・アンド・ビュートにあるレジデンス団体「Cove Park」と協働を行い、アーティストのフローレンス・ドワイヤーとキュレーターのステイシー・ハンターを日本に招聘しました。ふたりは、東京と佐賀県有田町を横断的に移動しながら、現代における陶芸表現とデザインの交差を観察、リサーチをしながら創作を行いました。

Cove ParkとAITの協働は2012年まで遡り、当時は、アーティストのニック・エヴァンスメアリー・レッドモンド、そしてキュレーターのケイティー・ウェストを招聘しています。また、プログラムを通した芸術文化交流を更に促進するため、翌年、推薦によって選出されたアーティストの泉太郎を交換レジデンスプログラムとしてCove Parkに派遣しました。プログラム参加後も、これらのアーティストは国内外にその活躍の場を広げています。

Hospitalfield
Hospitalfield (Arbroath, Scotland), photo by Louise Coupar

複数年に及ぶレジデンスプログラムを通した交流の経験を受け継ぎ、日本とスコットランドのアーティストとキュレーターによるプログラムを介した表現活動を一層深め、かつ国際的な場における対話を継続するために、2019年8月から9月にかけて、Cove Parkとスコットランドのアーブロースに位置する「Hospitalfield」は、ブリティッシュ・カウンシル・スコットランド、クリエイティヴ・スコットランド、大和日英基金、グレイトブリテン・ササカワ財団の助成を受けて、日本を活動拠点とする2名のアーティストを交換レジデンスプログラムに招きます。これまでの交流を契機に前進する本プログラムは、2019年から2020年にかけて、これらの団体のほかにも、エジンバラを拠点とする芸術文化団体「Edinburgh Sculpture Workshop」と、関東圏でレジデンスプログラムを行う複数の団体に連携を広げた、より大きなプラットフォームを築こうとする歩みです。

交換レジデンスプログラムでは、スコットランドと日本のアートシーンに見識のあるキュレーター、および本プログラムと2020年にかけてレジデンスプログラムを行う両国の団体からアーティストが推薦され、最終選考を経て、次のアーティストを派遣します。

◎選考について
推薦されたアーティストの申請書をもとに、本プログラム実施団体から構成される選考委員会が、これまでの作品と活動、創作の背景のほかに、派遣先の地理的条件やプログラムを通した将来の創作発展性などが議論されました。

2019-7-18

The Backers Foundation and AIT Residence Programme (The BAR Vol.11)



バッカーズ・ファンデーションとAITは、2007年からアーティスト・イン・レジデンスプログラムを通して協働を続けています。
これまで10回を数えた本プログラムは、毎年2名のアーティストと1名のキュレーターを日本に招聘して、リサーチと制作に続く展示の機会を設けることで、国際的な芸術文化の交流の場として役割を担いました。プログラム終了後、これらのアーティストとキュレーターは、国内外で展覧会や芸術祭に招かれたり、関心領域や創作に対する思考、方法論が多方向に伸びるなど、普段の生活環境から離れて養われた視点はそれぞれの活動において今も欠かせないものとなっています。また、その後も日本を訪れ、当時の記憶を振り返りながら、アップデートされたレンズで日本を見つめ直しています。
「ホームアゲイン −Japanを体験した10人のアーティスト」展(原美術館、2012年)
のために再来日したアーティスト 撮影:木奥恵三


本プログラムは、今後もアーティストの表現活動を促進させ、また国内外で新しい経験と研鑽を積む機会を継続的に支援することを主眼に、2019年より、日本を活動拠点とする2名のアーティストを選出して、海外のレジデンス機関、またはアーティスト自身が選択する訪問先に派遣します。

The BAR Vol.11として推薦により選ばれたアーティストは、2週間から1ヶ月間をかけて、フランスやイタリアなどヨーロッパ各国を中心に、西洋絵画の歴史を再訪してこれまでの思考をさらに深めたり、各地で活動するアーティストやアートスペースの訪問にあわせて議論の場を設けるなど、海外における創作活動の鼓動とアートシーンを体感する機会を得ています。

引き続き、アーティストやキュレーターによるリサーチや滞在制作の様子、その後の活躍など、国内外のあらゆる場所に派遣する本プログラムの今後をお伝えしていきます。


左:オルセー美術館(パリ)展示風景/右:ヴェッキオ宮殿(フィレンツェ)の一室。メディチ家の宮廷画家であるブロンツィーノが手がけた壁画と絵画 撮影:横山奈美

2019-7-18

ハリス・エパミノンダ


ハリス・エパミノンダ / Haris Epaminonda
(1980年生まれ、キプロス、ニコシア出身、ベルリン在住)



イギリス・ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートとキングストン大学で学ぶ。2013年、ドイツ「国立美術館賞」の最終候補作家4名のひとりにノミネート。2007年の第52回ヴェネチア・ビエンナーレにはキプロス代表として出品したほか、2019年5月11日から11月24日にかけて開催されている第58回ヴェネツィア・ビエンナーレ「May You Live in Interesting Times」で発表した作品「VOL. XXVII. 2019」は銀獅子賞を受賞した。その他にもベルリンビエンナーレ(2008年)やドイツ・カッセルの大型国際展「ドクメンタ14」(2017年)など多くの国際展に出品。日本では森美術館のグループ展「万華鏡の視覚」(2009年)に出品した。2020年には原美術館(東京・品川区)にて開催される「メルセデス・ベンツアート・スコープ2018-2020年」展(仮題)に出品予定。2019年7月6日(土)には原美術館でアーティストトークを行う。



滞在期間:2019年6月7日 - 8月2日
助成:メルセデス・ベンツ日本株式会社
イベント: アーティストトーク:ハリス・エパミノンダ
日時:2019年7月6日(土)14:00-15:30
場所:原美術館

2019-6-19

ステイシー・ハンター

>>> English

ステイシー・ハンター / Stacey Hunter
(1979年スコットランド生まれ、エジンバラ在住)



スコットランドを拠点にインディペンデントキュレーター、プロデューサーとして活動するステイシー・ハンターは、展覧会やシンポジウム、プロジェクトを通して、国内外にデザイン分野の推進を行う。これまで「The Six Cities Design Festival」や「£3M national festival of design」など大規模なデザインフェスティバルをスコットランドで企画、2015年にはエジンバラを中心に自身のキュレーションの場として展開する「Local Heroes」を設立するなど、積極的にオーディエンスとスコットランドの秀逸なデザインを繋げることを試みている。これらの活動は、国際的な展覧会やイベントで多くの人にコンテンポラリーデザインカルチャーを紹介するプロジェクトにまで成長している。2018年には、グラスゴー市が開催したドイツ・ベルリンとの交流行事にあわせて「Made in Glasgow by Local Heroes」と題した展覧会を行い、グラスゴーのデザインシーンを牽引するデザイナーを数々紹介した。ライターとしてデザイン誌への寄稿も行う。エジンバラ大学博士課程(建築)ではスコットランドに近年みられるニュー・アーバニズムを研究。

2019年1月からのレジデンス滞在では、進物とされるモノと、日本で特に豊かな歴史を持つその儀式文化への関心を軸にリサーチを行う。独自の文化を継承しながら、デザイナーやキュレーターらがどのように視点を共有しているのか、また、日本の陶芸文化におけるデザインの移り変わりについて知識を深める。
ウェブサイト



滞在期間:2019年1月9日 - 3月5日
助成:平成30年度 文化庁 アーティスト・イン・レジデンス活動支援事業
イベント:Design Culture - Japan & Scotland − デザインが作用するとき
日程:2019年2月16日(土)14:30 - 16:00(14:00 開場)
会場:2016/ SHOP 佐賀県西松浦郡有田町赤坂 アリタセラ内

レジデンスプログラム|レポート&インタビュー:Download (PDF/1.4MB) Edited by Ben Davis
滞在に関する記事:Beyond the Megapolis: Japanese Design & Local Heroes by Stacey Hunter (The Skinny)
How the creative industries can change Scotland for the better (The Scotsman)

2019-1- 9