English
Home  >  Future / Archives

AIT SLIDE TALK #36 「社会変革とアート・エデュケーション ー1960年代以降にみる日本と香港の実践から」

>>> English

AIT SLIDE TALK #36
「社会変革とアート・エデュケーション ー1960年代以降にみる日本と香港の実践から」
〜アーティストの嶋田美子氏とアジア・アート・アーカイヴ(香港)を迎えて〜

日程:2018年7月25日(水)
時間:19:00 - 21:00 (18:30 開場)
会場:代官山AITルーム
定員:30名(要予約)
参加費:一般1,000円、MAD生(修了生)・学生・AITベースメンバー800円、AITハウス/サポートメンバー無料(全て1ドリンク付)
*要約通訳あり

AIT SLIDE TALK #36
"Alternative Art Education for Social Changes in Japan and Hong Kong"
With Yoshiko Shimada and Asia Art Archive

Date: Wednesday, 25 July, 2018
Time: 19:00-21:00 (18:30 Door open)
Venue: Daikanyama AIT Room
Seats: 30 (Booking required)
Admission: 1000 JPY (general), 800 JPY (MAD students and AIT Base Members), Free (AIT House and Support Members) /All admissions with 1 drink
*Summarized translation available


写真:現代思潮社・美学校 中西夏之 教場(森永純撮影、1969年)


「社会変革とアート・エデュケーション ー1960年代以降にみる日本と香港の実践から」

AITは、7月25日(水)19:00より、アーティストの嶋田美子氏と香港を拠点にアジアから世界に向けて活動を行うアジア・アート・アーカイヴ (Asia Art Archive、以下AAA)でラーニング部門を統括するスザンナ・チュン(Susanna Chung)氏を迎えて、AIT SLIDE TALK #36「社会変革とアート・エデュケーション ー1960年代以降にみる日本と香港の実践から」を行います。

嶋田美子氏は、国内外の展覧会で作品を発表するほか、2010年から「現代思潮社・美学校」(1969-75)について研究しています。美学校は、60年代末の学生運動の高揚を受けて、ラディカルな批評で知られていた出版社の現代思潮社が創設した、当時のオルタナティブな美術学校です。ハイレッドセンターのメンバーでもある中西夏之や赤瀬川原平、九州派の菊畑茂久馬、画家の中村宏、日本のコンセプチュアリズムの先駆者でもある松澤宥らが教鞭をとり、創設者の現代思潮社社主・石井恭二は「世界を見る視覚を変えることによって世界を変える運動である」と美学校を位置づけていました。
今年、嶋田氏はAAAのレジデンス・プログラムに参加するため香港を訪れ、1967年の香港動乱後、68年に創設された「創建実験学院」の存在を知ります。美学校の創設時期にも重なり、二つには類似した性格も見られると嶋田氏は言います。本トークでは、当時の美学校の思想や、創建実験学院などアンブレラ運動を後継する香港のオルタナティブな美術教育について、嶋田氏の考察を聞きます。


    創建実験学院 広告(画像提供 The Ha Bik Chuen Family and Asia Art Archive)


後半は、スザンナ・チュン氏よりアジア広域でアートにまつわる収集・創造・知識の共有を通じたAAAの歩みを紹介します。先頃、香港で開館したTai Kwun Contemporaryや、近く開館を迎える新しい美術館M+など、急速に変貌を遂げる香港の文化エコロジーと美術教育に対するAAAの応答となるでしょう。


写真左:Teaching Labs | Urban Interventions Art in the City workshop by Ricky Yeung, 2016. Courtesy of Asia Art Archive
写真右:School visit at Asia Art Archive's project space, Ha Bik Chuen Archive, 2017. Courtesy of Asia Art Archive


美学校の実験的な取り組みに関する嶋田氏のリサーチと考察、そしてAAAの活動と変化する香港のアートシーンを見つめるチュン氏の視点を通じて、両地で60年代の動乱がもたらした当時のオルタナティヴな美術教育の形成から現在への呼応を探求するほか、アート・エデュケーションにおけるこの先の道標について議論を交えながら行います。
お気軽にご参加ください。


本トークの開催に先立ち、2000年代初めに発足した非営利団体のAAAと、2001年から教育プログラムMAD(Making Art Different =アートを変えよう、違った角度で見てみよう)を行ってきたAITは、香港と東京それぞれの場での美術をめぐるオルタナティヴな学びの場について意見を交換しました。あわせて、美術や建築、コミュニティ形成などの分野で高い関心と独自の方法論をもつ団体・アーティストを交えたラウンド・テーブルも行いました。 またAITは、今年3月に「オルタナティヴ・アートスクール・フェア」と題して、国内外に広がるアートを学ぶ場を多数紹介しました。今回、嶋田氏とAAAよりチュン氏を迎えた一連の議論と本トークを通じて、MADで受け継がれる思考と近年のアートを学ぶ場が作る新たなうねりに、今後も更なる考察を加えていきます。


2018-7- 9

ラウンジ&ミュージックイベント「ミングリアス」

【アートについて語り合おう】
日時:6月22日(金)18:30-22:00(終了予定) *19:30-20:30までミニ・トークなどあり
会場:代官山AITルーム [MAP]

*参加無料、予約不要、入退場自由
*イベント当日、会場は混み合う場合がございます。あらかじめご了承ください。

過去のミングリアスの様子

AITでは、6月22日(金)18:30より、代官山のAITルームにて、ラウンジ&ミュージックイベント「ミングリアス」を開催します。
「ミングリアス」とは、【mingle(混ざり合う) + us】」という意味で、現代アートの学校MADの受講生や修了生、アートに関心がある人々が集まり、ドリンクを片手に交流を楽しむ入場無料のイベントです。 毎回、心地良い音楽やイベントテーマにちなんだドリンクやフードも楽しめます。

今回は、AITのレジデンスプログラムでドイツのザクセン=アンハルト州ハレから来日中のアーティスト、クリストフ・リドケによるミニ・トークを開催します。25万人が住む小都市ハレは、近年新しいアーティスト・コミュニティが形成されているライプツィヒに隣接し、作曲家ヘンデルの生まれ故郷でもあることからクラシック音楽の豊かな文化土壌にも恵まれています。そのハレを活動拠点とするリドケは、絵画や彫刻を起点に音楽や詩の創作を加えるなど、自身の表現形式の拡張を試みています。日本では、都市建築と空間を構成する造形物の関係性や、そこに見られるささやかな文様などをリサーチしたり、子どもたちと日本語とドイツ語を使ったワークショップを行いました。当日は、これまでの作品や滞在中の活動について紹介します。リドケの略歴はこちら>>


Left: Landschaft (Landscape), acrylic and oil on canvas, 2016 Courtesy of the artist / Right: Photo by the artist

また、森美術館チーフキュレーターの片岡真実氏が、アジアから芸術監督に初就任して話題を呼んでいる「第21回シドニー・ビエンナーレ」(6/11閉幕)に、AITスタッフが訪問しました。当日は展示写真を交えてミニレポートをお届けします。今回のシドニー・ビエンナーレのタイトルは「SUPERPOSITION: Equilibrium and Engagement」(スーパーポジション:均衡とエンゲージメント)。45年もの歴史を誇るシドニー・ビエンナーレの見どころや特徴、気になった作品など紹介します。

シドニー・ビエンナーレの様子(左:Art Gallery of New South Wales の外観 / 右:Ai Weiwei, Law of the Journey, 2017)

ほかにも、MAD生によるDJタイムでリドケが参加するほか、ミングリアス恒例のオープンマイクも予定しますので、ご自身の作品やプロジェクトを発表したい方は、ぜひご準備下さい。

海外アーティストの活動やレジデンスプログラムに興味がある方や、今年夏に芸術祭や展覧会巡りを計画している方、アートについてとにかく語り合い方など、ぜひ情報交換しましょう!
MAD生同士やご友人同士、お誘い合わせの上、お気軽にご参加ください。

2018-6- 6

AIT Podcast vol.2:コレクティヴとは、宇宙意識、拡張する学び




2018年3月17日(土)に開催されたイベント「オルタナティヴ・アートスクール・(チラシ)フェア vol.0」のミニ・トークを収録。

2018-4- 3

この春、アートに触れよう!AITからお知らせ



MAD2018

▼ 現代アートの学校MAD ▼
2018年度新プログラム発表!受講生募集中!









dearMe

▼子どもとフクシとアートのラボ▼
アーティストと子どもが協働する
プロジェクト「dear Me」から学ぶ

アートと子どもと福祉を取り巻く新しい可能性
受講生募集中!









RABA

▼RADIO RABATOKYO▼
AIT(東京)とL'appartement 22(モロッコ)を繋ぐ
実験的なアートラジオ
プログラム配信中

2018-3-20

AIT Podcast はじめます!


この度、AITでは、不定期で配信する「AIT Podcast」をはじめます。
第1回目は、ロジャー・マクドナルドとAITの設立メンバーでありアーツ前橋館長の住友文彦氏によるアート・トークを配信します。

「アルテ・ウティル(有用芸術 / Useful Art): What Can Art Do?:MAD2018」



アートを生きるためのひとつの「道具(ツール)」としてとらえたとき、アートは社会や個人に対してどのような役割があるのか?
近年、住友氏とロジャーが注目している「アルテ・ウティル(有用芸術)」(Useful Art) ムーブメントを軸に、その考え方を提示したアーティストのタニア・ブルゲラ(キューバ)などによるインタビューを交えながら、2人の知見や経験をもとに「アルテ・ウティル」の歴史と実践について話しました。

また、ロジャーがプログラム・ディレクターを務める現代アートの学校MADの新しいシリーズ「What Can Art Do?」もまた「アルテ・ウティル」の考え方に接続しています。2人のトークでは、今年度のMADプログラムの考え方はもちろん、オルタナティヴ・スクールやいまを取り巻く社会やアートについても言及しています。

ぜひ、二人の熱い会話を楽しんでいただければと思います。

今後も「AIT Podcast」では、さまざま方々とのアート・トークを配信していく予定です。
新しいサイトができましたら、改めてお知らせします。
お楽しみに!

2018-3-16

オルタナティヴ・アートスクール・(チラシ)フェア vol.0


〜 国内外のオルタナティヴ・アートスクールから見えてくる「新しいアートの学び」〜
日時:3月17日(土)13:00-21:00 *16:00〜 / 19:00〜 ミニ・トークあり
会場:AITルーム(代官山) [MAP]
*参加無料、予約不要、入退場自由
*イベント当日、会場は混み合う場合がございます。あらかじめご了承ください。





この度AITは、現代アートの学校MAD(Making Art Different)をはじめとし、先駆的なアートの学びの場を提供している国内外の団体の協力を得て、おそらく日本初となる1日のみの「オルタナティヴ・アートスクール・(チラシ)フェア vol.0」を開催します。

アートがますます複雑でグローバルになる中で、近年はアートを学ぶ場のあり方も問われています。そもそも、アートは美術大学あるいは総合大学で学ぶべきなのでしょうか?あるいは、大学における教育とは異なる方法で、アートを学ぶことが可能だとすると、どのようなアプローチがあるのでしょうか。

当日は、20団体以上のスクール情報が閲覧できるチラシや映像による展示を行うほか、これからのアートの学びを考えるミニ・トークも実施します。
トークでは、18年間続くアートの教育プログラムMADのプログラムディレクターを務めるロジャー・マクドナルドがモデレーターとなり、表現を通じて子どもたちの自由な学びの場をつくる「dear Meプロジェクト」に関わる堀内奈穂子より、拡張するアートと社会の関係について聞くほか、インディペンデント・キュレーターの青木彬氏は自身の経験をもとに学びを通じて人々が集う場の創造性について、そして映像コレクティヴを実践している中里龍造氏は、DIYでつくる学びの現場について話をします。
こうしたトークを通じて、私たちがいま、どのようなアートの知識を求めているのか考察します。アートの学びにおけるさまざまなアプローチを巡るトークは、今起きているアートスクールの変化について考えるきっかけになるでしょう。

多様化するアートスクールの情報が一堂に会する初めての機会です。
これからアートを学んでみたい方、新たな学びに関心のある方、学んでみたいけれど自分にあったスクールがわからない方は、この機会にぜひご参加ください。

2018-3- 2

アートラジオ「RADIO RABATOKYO」

アートラジオ「RADIO RABATOKYO」開局!


公開ライブ・ストリーミング
日時:2018年3月2日(金)18:30-19:30(開場18:00)
会場:SodaCCO 1F 東京都渋谷区代官山町9-10
最寄駅:東急東横線 代官山駅より徒歩10分
入場:無料(ドリンクは有料)、途中入退場自由、要約通訳あり
主催:NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]
助成:平成29年度 文化庁 アーティスト・イン・レジデンス活動支援事業

Live Streaming
[Public Broadcast]
Date: Friday, March 2nd, 2018 / 18:30-19:30(Door opens 18:00)
Place: SodaCCO 9-10 Daikanyamacho, Shibuya, Tokyo 150-0034
Admission: Free (except drinks), Free re-entry
Organize: Arts Initiative Tokyo
Support: Agency for Cultural Affairs Government of Japan in the fiscal 2017



RADIO RABATOKYO ロゴ、Special Thanks to R22

RADIO RABATOKYOは、NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ [AIT/エイト] と、モロッコの首都ラバトの実験的なアートスペースL'appartement 22とのパートナーシップにより開局する実験的なアートラジオです。L'appartement 22の推薦を受けて東京に滞在し、制作やリサーチを行ったアーティストのサラ・オウハッドウ(フランス在住)と、キュレーターのナタリア・ヴァレンシア(メキシコ在住)の活動をはじめ、東京とラバトからさまざまなアートプログラムをお届けします。

L'appartement 22とAITのパートナーシップは、AITが2010年に同アートスペースの創立者であるキュレーターのアブデラ・カルムを招へいし関係性を発展させ、共同プロジェクトとして可視化するという目的で生まれました。
時間や場所に制約されず発信/アクセスが出来るラジオは、世界中でアクティヴィストやアーティストに積極的に活用されています。近年、国際展や各国のオルタナティヴ・スペースでもラジオプログラムが立ち上げられるなど、ラジオは表現者の声や活動を交差させる軽やかで身近な発信手段となっています。RADIO RABATOKYOでも、東京在住のアーティストでRadio Kosatenを主宰するジョン・パイレーツ(フィリピン出身)の協力のもと、オンラインラジオを通して、サラ・オウハッドウとナタリア・ヴァレンシアの日本でのリサーチやインタビュー、L'appartement 22や各国のアートスペースのラジオ局との対談、公開ライブ・ストリーミング、また、AITが関心を持つアーティストをゲストに迎えて作品を紹介します。日本語、英語、アーティストの母国語など、多言語で発信し、東京の代官山AITルームから世界に実験的なプログラムを届けます。今後は、オウハドゥとヴァレンシアの日本でのリサーチ音声やインタビュー、AITとL'appartement 22との対話、また、AITが関心を持つ国内外で活躍するアーティストによる作品などを紹介します。

3月2日の公開ライブ・ストリーミングでは、モロッコと日本をインターネットで繋ぎ、AIT、滞在アーティスト、キュレーター、アブデラ・カルムをはじめとするL'appartement 22のゲストを交えて「住処(すみか)」をテーマにトークを繰り広げます。来場の皆さんや会場の様子も一緒にライブ発信しますので、是非、ライブ・ストリーミングをリアルタイムで楽しんでみたい方はご参加ください。(遠方でもライブ・ストリーミングにてお楽しみ頂けます)

今すぐブックマーク!「RADIO RABATOKYO」
今後も不定期にアーティストやキュレーターによるプログラムをお届けします。
どうぞお楽しみに。




R22 in Gwangju, South Korea / Abdellah Karroum (left) interviewing Okwui Enwezor, Artistic Director, at the Gwangju Biennial 2008


[配信プログラム / Radio Programs]

What's Up? Conversations
L'appartement 22とAITがアート談義を繰り広げます。
By connecting with L'appartement 22, this program aims to explore art through conversations.


Interview
モロッコの工芸や伝統文化、文化人類学、自然と人間、スピリチュアリティなど、招へいアーティストやキュレーターの活動やリサーチ領域についてインタビューします。
It features interviews of invited artists and curators of topics such as Moroccan handicrafts, traditional culture, cultural anthropology, nature and human, and spirituality.


Sound Pieces
AITが関心を持つアーティストを招き、彼らの作品を紹介します。
Introduces other artists to showcase their works.


Rally in the Streets
サラ・オウハッドウとナタリア・ヴァレンシアが、東京や日本各地で繰り広げるリサーチを通して訪れた場所や出会った人との会話を公開します。
Sounds and conversations taken from Tokyo and other places of Japan during research by Sara Ouhaddou and Natalia Valencia.



AIT is happy to announce a collaborative residency and radio project with the alternative art space L'appartement 22 in Rabat, Morocco.

The partnership between AIT and L'appartement 22 began in 2010 with the residency in Tokyo of its DIrector and curator Abdellah Kharroum. L'appartement 22 has been creating a radio project online called Radio Apartment 22, and from this initiative AIT decided to work with L'appartement 22 to set up the alternative radio project RADIO RABATOKYO.

RADIO RABATOKYO will invite many guests to participate in audio discussions and projects, as well as work closely with the two residents, Sara and Natalia who will share their research in Japan.

A live radio show will be held at AIT space on March 2, and a live link established with Morocco. AIT curators, artists and curators from Morocco will discuss the topic 'Sumika', meaning 'home'. We hope to create a relaxed atmosphere in which to record the radio program and everyone is welcome to join!

"RADIO RABATOKYO"
RADIO RABATOKYO will present more contents presented by artists and curators visiting Tokyo.
Stay Tuned!



R22 Radio in the Rif Mountains, for "R22 Bruxel O'Ndra", 2010

2018-2-20

公開制作 イベント 泉太郎「Pool Moon プール・ムーン」

公開制作 泉太郎「Pool Moon プール・ムーン」
日時:2018年3月3日(土)14:00-17:00 (13:30受付開始)

会場:AITルーム(代官山)
入場:無料(ドリンクは有料)、途中入退場自由

泉太郎 パレ・ド・トーキョー(パリ)での個展
泉太郎パレ・ド・トーキョー(パリ)での個展2017年(参考図版)写真提供:Palais de Tokyo
Courtesy of Galerie GP & N Vallois, Paris and Take Ninagawa, Tokyo
Photo by André Morin


この度AITでは、映像作家、泉太郎による公開制作「POOL MOON」を代官山AITルームにて開催します。

泉太郎は、映像を主な媒体として、ドローイングやインスタレーションなど、多様な表現で観る者の意識をずらす空間を創出する作品を展開しています。昨年フランス、パレ・ド・トーキョー(パリ)で行われた個展では、パフォーマンスや映像作品を元に、動物の遠吠えが響き渡る、絵画のような展示空間を作り出し、話題を呼びました。


今回、泉は「人の膝を発掘する」かのように、撮影した人々の膝に月を見出して絵を描く公開制作イベントを行います。アーティストの目には膝や肘などの関節がどんな風に映っているのか、その謎にみなさんと共に近づけたらと思います。公開制作も体験しながら、トークで作家の話も直接聞くことができる貴重な機会です。

「膝のドローイング」対象者は、2017年5月に「メルセデス・ベンツ アート・スコープ2015-2017―漂泊する想像力」展(会場:原美術館)にて発表したインスタレーション作品、「浮き尻(遅刻の夢を見る12人以上の徘徊マニア)」に出演された方々としています。

公開制作の見学、トークへはどなたでもご参加いただけます。 皆さまのお越しをお待ちしています。

2018-2-14

AIT ARTIST TALK #73「Low Relief / Unreal Estate」

>>> English


AIT ARTIST TALK #73
「Low Relief / Unreal Estate」
〜オランダよりアーティストのマリーナ・ヴィシックとクセニア・ガレイヴァを迎えて〜
日程:2018年2月27日(火)
時間:19:00 - 21:00(18:30 開場)
場所:代官山AITルーム
協力:Mondriaan Fonds、オランダ王国大使館
*有料(1ドリンク付き) / 要予約 / 逐次通訳あり



AIT ARTIST TALK #73
"Low Relief / Unreal Estate"
Artist Talk by Marina Višić and Ksenia Galiaeva from the Netherlands
Date: Tuesday, February 27, 2018
Time: 19:00 - 21:00 (18:30 Door open)
Venue: Daikanyama AIT Room
Support: Mondriaan Fonds, Embassy of the Kingdom of the Netherlands
*All admission with 1 drink / Booking required / Consecutive translation available



Marina Višić / (Left) Studio experimentation with compositions, 2017 / (Center) Bankside Sulphur, 2017, video loop / (Right) Stills from Oriel, 2017, detail of 3 channel video installation


Ksenia Galiaeva / (Left and Center) 'Mt Knee' / (Right) 'Cloudscreens'


AITでは、オランダにある芸術文化機関Mondriaan Fondsとの連携により、4月7日までレジデンス・プログラム で東京に滞在しているアーティストのマリーナ・ヴィシックと、2012年に同プログラムで日本に滞在したアーティストのクセニア・ガレイヴァによるトークAIT ARTIST TALK #73「Low Relief / Unreal Estate」を2月27日(火)19時より開催いたします。

マリーナ・ヴィシックは、映像の領域にどのような質感や動きが取り込まれているのかをリサーチしながら創作活動を行っています。彼女の作品においては、イメージと身体の関係性と同様に、重要な要素として演出が挙げられます。この滞在中は、小説家・谷崎潤一郎による『陰翳礼讃』(英:In Praise of Shadows)や黒澤明の映画に見られる建築・地理的参照点に影響を受け、光や影、素材とその表情など日本の古典的美学についてもリサーチを行っています。

クセニア・ガレイヴァは、写真を主な表現として活動しています。ロシアにある別荘で過ごす自身の家族を20年にも渡って撮影したプロジェクト'Unreal Estate'では、どのような手法が記憶に影響を与え、誘導されるのか、また、何が私たちの認識を操るのかを探求しています。これらをガレイヴァは「autobiographical fiction(自叙伝的フィクション)」と言い、自身の人生を語るツールとして使用しています。ガレイヴァは他にも視覚芸術としての写真メディアと私たちの感性との関係性を問う作品を数々制作しています。

ふたりは、映像や写真など異なるメディアを用いながらも、見る行為を通して私たちの感性や認識がどのように刺激され記憶に接続されるのかという問いについて、さまざまな試みを行っています。
このトークでは、近年の作品やプロジェクトを紹介するとともに、滞在中に日本で経験したことが、その後の創作にどう影響しているかなど、幅広い話題を取り上げます。

みなさんのお越しをお待ちしています。

2018-2-11

「YEBIZO MEETS」視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ in 恵比寿映像祭

「YEBIZO MEETS」 地域連携発信 特別イベント
視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ in 恵比寿映像祭

日時:2018年2月18日(日)15:00 - 17:00[2月12日(月)正午締切]
   2018年2月24日(土)11:30 - 13:30[2月18日(日)正午締切]
会場:東京都写真美術館(恵比寿)
※要事前申し込み/会場は代官山AITではありませんのでご注意ください。

AITでは、第10回恵比寿映像祭の地域連携特別イベント「YEBIZO MEETS」の一環として、「視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ in 恵比寿映像祭」を会期中に2回開催します。



「視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ in 恵比寿映像祭」

第10回恵比寿映像祭では、メイン会場の東京都写真美術館のほか、隣接する恵比寿ガーデンプレイス センター広場や、日仏会館で展示作品をご覧いただけます。作品解説を行うガイドツアーとは別に、メイン会場の作品を、見えない人も見える人も一緒に鑑賞します。作品の見え方、感じ方を言葉にしながら、「見えていること」「見えていないこと」、あるいは情報の受け取り方の違いについてなどを参加者同士で話し合います。


視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ in 恵比寿映像祭
[参考写真] Photo by Nakajima Yusuke


【視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップとは】
障害の有無にかかわらず、多様な見方の人が集まり、言葉を交わしながら一緒に美術鑑賞をするワークショップです。さまざまな視点を持ち寄ることで、一人では出会えない新しい美術の楽しみを発見できるはず。誰もが気軽に美術館を訪れて、感じていることや印象、考えを自由に語り合う、そんな美術鑑賞のスタイルを目指しています。


YEBIZO MEETS チラシ表紙
  画像:YEBIZO MEETSチラシ表紙

>>>YEBIZO MEETSチラシを見る( PDF


2018-2- 8