English
Home  >  Future / Archives  >  アートフェア東京2016 ガイドツアー

アートフェア東京2016 ガイドツアー


熱気あふれる会場を一緒に楽しもう!
日程:2016年5月12日(木)〜14日(土)
時間:19:30-20:15 (5/12,13) / 10:45-11:30 (5/14)
会場:アートフェア東京2016会場(有楽町)
ナビゲーター:成相肇(東京ステーションギャラリー学芸員)、長谷川恵美子(アートコレクター)、東孝彦(アートナビゲーター)
定員:各15名


左:アートフェア東京2016 ポスター/右:アートフェア東京2015 ガイドツアーの様子 Photo by 岩下宗利


過去最多の157 ギャラリーが出展する、日本最大のアートの見本市「アートフェア東京2016」。AITでは、プログラム・パートナーとして、3つのガイドツアーを企画しました。
今年は、コレクターやキュレーターなど、アート界で活躍する専門家をナビゲーターに迎え「キュレーション」「コレクション」「鑑賞力」をテーマに、アートフェア東京の魅力を多角的に捉えます。
アートファンだけでなく、初めてアートに触れる方まで楽しめるツアーとなっています。
みなさまのご参加をお待ちしております!


[ 概要 ]
日  時:2016年5月12日(木)〜5月14日(土)
会  場:アートフェア東京2016会場(東京国際フォーラム ホールE & ロビーギャラリー
定  員:各15名(要事前予約。定員に達し次第キャンセル待ち)
集合場所:アートフェア東京2016ピックアップカウンター前
主  催:一般社団法人 アート東京
企画協力:NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]

[ 参加費 ]
各回とも4,800円(税込/アートフェア東京2016の1DAYパスポート込)
*アートフェア東京2016の1-DAY,3-DAYパスポートをお持ちの方は3,000円(税込)

[ 募集方法 ]
こちらをクリックし、otoiawase@a-i-t.net宛てに、タイトルを「アートフェア東京2016 ガイドツアー参加希望」とし、お名前(ふりがな)、ご連絡先、ご希望のツアー(*複数可)を明記したお申込メールをお送りください。
追って、AITよりご予約確認のお知らせをメールします。(@を半角にして、お使いください)

[ ツアー内容 ]
1. アートフェア東京で「キュレーション」を考える 5月12日(木)19:30-20:15(集合時間19:15)
ナビゲーター: 成相 肇(東京ステーションギャラリー学芸員/基礎芸術/美術評論)


「キュレーション」とは、組み合わせ方のことでしょうか?それとも並べ方のことなのでしょうか?古美術・近代から現代アートまで、時代もジャンルも多様な作品が一堂に集まるアートフェア東京を、キュレーターと一緒に、作品の居場所や空間について思いを巡らしつつ楽しみましょう!


1979 年生まれ。東京ステーションギャラリー学芸員。府中市美術館学芸員を経て、2012 年から現職。同年より「基礎芸術 Contemporary Art Think-tank」のメンバー。専門は戦後日本のアヴァンギャルド。主な企画展に「石子順造的世界―美術発・マ ンガ経由・キッチュ行」(2011-2012 年府中市美術館)、「不幸なる芸術」(2011 年switch point)、「植田正治のつくりかた」(2013-2014 年)、「ディスカバー、ディスカバー・ジャパン」 (2014年)など。



2. 世界が変わる?アートコレクションを楽しむ方法 5月13日(金)19:30-20:15(集合時間19:15)
ナビゲーター:長谷川恵美子(現代アートコレクター)


コレクターは何をきっかけにして、あるいはどんな視点で作品を購入しているのでしょう?コレクションの醍醐味とは?作品の購入からアートの世界へ一歩を踏み出したい方や、アート作品の購入は敷居が高いと感じている方へ、コレクターの視点やコレクションをする中での楽しみ方を、現代アートセクションを中心に、コレクター歴6年目のアートコレクターが伝授します。


「現代アートはかすがい」を合い言葉に、パートナーとともに現代アートのコレクションを始める。グローバルな視点で時代や空間を超える普遍性やサイエンス&テクノロジー、未来への新たな可能性を感じる作品に興味があり、コレクション歴は6年目。コレクションを通して、さまざまな人と出会い、つながることで、世界が広がっていく過程を楽しんでいる。




3. 鑑賞力を磨く!作品の解説を聞いて、理解を深めよう 5月14日(土)10:45-11:30(集合時間10:30) *キャンセル待ち
ナビゲーター:東 孝彦(アートナビゲーター)


古今東西のあらゆるアートに触れることができるアートフェア東京。アート作品を鑑賞する楽しみ方を、ポイントを押さえながら、ナビゲーターと一緒に会場を回ります。参加者の希望も取り入れながら、ツアーを進めるので、アートフェア東京が初めてという方にオススメです。


(C)Yoko Asakai 2010

2005年の横浜トリエンナーレをきっかけに、会社員をしながら、美術館ボランティアとしてアートに携わる。現在は、東京都現代美術館で常設展示ガイドとして活動するほか、これまでには森美術館や国立西洋美術館、六本木アートナイト2015など、現代アートから近代美術まで、様々な展覧会やアートイベントのガイドを務める。2008年に美術検定一級を取得。アートナビゲーターとしてSNSなどを通じ、情報発信も行っている。


2016-4-18

AIT
MAD2016
AIT Staff Blog
twitter
facebook

mail magazine

Mail Magazine について
"AIT"のメールニュースを購読希望の方は以下のフォームより登録ください。MAD受講者は登録の必要はありません。

[購読申込] [購読解除]

Nissan Art Award 2017
東京事典
rabatokyo