English
Home  >  Future / Archives  >  六本木アートカレッジ AIT Presents ART FOR PEOPLE ー アートが癒すココロとカラダ

六本木アートカレッジ AIT Presents ART FOR PEOPLE ー アートが癒すココロとカラダ


ーお申込受付中ー
全20講座!一日限りのアートの学校
「六本木アートカレッジ2014」
日時:2014年11月24日 (月・祝) 10:00-18:30 *要事前申込
会場:アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー49F
講師:いとうせいこう(作家/クリエーター)、川島小鳥(写真家)、竹中平蔵(アカデミーヒルズ理事長/慶応義塾大学教授)、津田大介(ジャーナリスト)、星野文紘(山伏)、箭内道彦(クリエイティブディレクター)、山口晃(画家)、Astrid Klein & Mark Dytham(Architects)、Ted Porter(Co-founder TED×Tokyo)ほか



【AITも参加します!1日限りのアートの学校/六本木アートカレッジ2014】

六本木アートカレッジとは、11月24日(月・祝日)10:00 - 18:30にアカデミーヒルズで行われる「自分にとっての『アート』とは何か?」を感じ、考え、こだわりのあるライフスタイルを確立するための1DAYカレッジ。2011年より毎年秋に開催される1DAYイベントのほか、年間を通じてセミナーを開催し、これまでに5,000名以上が参加している注目のイベントです。

5回目となる今回は「つなぐ みんなの "!"」をテーマに、アートや建築、音楽、ソーシャルデザインなどあらゆる専門家による全20講座が開講され、お好きなレクチャーを選んで受講することができます。
また初の試みとして、建築家のクライン・ダイサム氏や、TEDxTokyoの共同設立者テッド・ポーター氏等による英語のみの3講座も開講されます。

AITは、塩見有子とロジャー・マクドナルドによる、下記のレクチャーを開講します。
皆さまのご参加をお待ちしています!



AIT presents「ART FOR PEOPLE ー アートが癒すココロとカラダ」
日時:2014年11月24日(月・祝) 13:30-14:30 (開場13:00)
スピーカー:塩見有子、ロジャー・マクドナルド

六本木アートカレッジが2011年に始まって以来、AITは、アートとお金の関係や、美術史の200年旅行、手に負えない愛すべき芸術家たち、アートの力が映し出す「世界」の姿を巡るレクチャーなど、さまざまな視点からプログラムを企画してきました。今回は、医療や福祉におけるアートの可能性についてのレクチャーをお送りします!


近年の国際的なアートシーンでは、キュレーターや批評家などの専門家がアート界の潮流を生み出す時代は終わり、膨大な資本の投入が著しいマーケットの影響がアート界を支配しているという見方が主流となっています。しかし、そのような時代だからこそ、アートの経済的な側面だけではなく、福祉や医療におけるアートの可能性に着目すると、何がみえてくるのでしょうか?

古代から、アートは再生やヒーリング(癒し)といった分野と深い関わりがありました。
ブラジル出身のリジア・クラークや、スイス出身のエマ・クンツといったアーティストも、鑑賞者が身にまとうことでリラックスできるソフト・スカルプチャーやカウンセリングといった行為を作品とし、人々を救うための強力なツールとしてアートを活用しました。
近年では、患者とその周りのコミュニティを元気づけるためのプロジェクトを行う、ロンドンの"Vital Arts"や、アルツハイマー患者とそのケア・パートナーが美術館に集い作品について語り合う、ニューヨーク近代美術館(MoMA)主催の"Meet Me Alzheimer's Project"などの事例があげられます。
このように、アートはあらゆる疾患を抱えた患者やその関係者の精神的苦痛を和らげるために、あるいは、人生の質の向上のために役立てられています。

本セミナーでは、アートとヒーリングの関係を、美術史にみられる歴史的経緯を踏まえ、いくつかの事例を取り上げながら、アートが果たしうる役割について考えるための、多様な枠組みを提案します。

[六本木アートカレッジ 概要]
日時 : 2014年11月24日(月・祝)10:00-18:30(受付開始 9:00)
会場 : アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー49F
参加費 : 4,000円(税込み)
定員 : 1,000名 ※先着、定員になり次第、締め切らせていただきます。
主催 : アカデミーヒルズ
特別協力 : 六本木アート・トライアングル(国立新美術館、サントリー美術館、森美術館)、凸版印刷株式会社/協力 : 株式会社umari、AIT、オズマガジン、JAXA、J-WAVE、Discover Japan、ナナロク社(五十音順)



[AIT レクチャー概要]
タイトル:AIT presents ART FOR PEOPLE ー アートが癒すココロとカラダ
日時:2014年11月24日 (月・祝) 13:30-14:30(開場13:00)
スピーカー:塩見有子 (AITディレクター)/ロジャー・マクドナルド(AIT副ディレクター)



[スピーカー紹介]

YukoShiomiAIT

撮影:菱沼勇夫

塩見有子 (しおみ・ゆうこ):AIT ディレクター
学習院大学法学部政治学科卒業後、イギリスのサザビーズインスティテュートオブアーツにて現代美術ディプロマコースを修了。帰国後、1996年よりナンジョウアンドアソシエイツにて国内外の展覧会やアート・プロジェクトのコーディネート、コーポレートアートのコンサルタント、マネジメントを担当。2002年、仲間と共に NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]を立ち上げ、代表に就任。アーティスト・イン・レジデンス事業や企業のメセナ活動に携わるほか、組織のマネジメントを行う。

Roger_AIT

ロジャー・マクドナルド (ろじゃー・まくどなるど):AIT 副ディレクター
1971年生まれ。ケント大学にて宗教学修士課程修了後、美術理論にて博士号を取得。1998年より、インディペンデント・キュレーターとして、国内外で数々の小規模な展覧会を企画。2002年、仲間とともにAITを立ち上げ、現代アートの学校「MAD」のコースディレクターに就任。2006年の第一回「シンガポール・ビエンナーレ」キュレーター。東京造形大学非常勤講師。個人美術館フェンバーガー・ハウス(長野)ディレクター。


[申込方法]
事前申込締切:11月23日(日)23時30分まで
アカデミーヒルズのHPより事前に参加申込(およびクレジットカード決済による参加費支払い)のお手続きが必要です。ご注意ください。


◎タイムテーブル、詳細、お問い合わせは、 アカデミーヒルズのHPをご確認下さい。




2014-11-19

AIT
MAD2016
AIT Staff Blog
twitter
facebook

mail magazine

Mail Magazine について
"AIT"のメールニュースを購読希望の方は以下のフォームより登録ください。MAD受講者は登録の必要はありません。

[購読申込] [購読解除]

Nissan Art Award 2017
東京事典
rabatokyo