English
Home  >  Future / Archives  >  AIT+ARCUSミングリアスナイト Vol.7

AIT+ARCUSミングリアスナイト Vol.7

>>> English

夢、月、自然観、近代建築... アーティストたちのコズミック・マインド
〜 オランダ、アルゼンチン、キプロス、スウェーデンから4名のアーティストを迎えて

日時:2014年11月1日(土)18:30-21:30 *19:30よりミニ・トーク
会場:代官山AITルーム
*入場無料/予約不要 *逐次通訳あり



AITでは、11月1日(土)18:30より「AIT+ARCUS ミングリアスナイト Vol.7」を開催します。
ミングリアスとは、「混ざり合う」という意味。AITが不定期に開催している入場無料のラウンジ・イベントです。毎回、心地良い音楽やイベントテーマにちなんだドリンクやフードと共に、アーティストやゲスト、参加者同士が交流を楽しみます。

今年で7回目となる、アーカスプロジェクトを迎えてのミングリアスでは、4カ国から気鋭のアーティストを迎え、これまでの活動や、滞在中に行ったリサーチや制作について、ミニ・トークを行います。

当日は、アーカスプロジェクトのレジデンス・プログラムで茨城県守谷市に滞在しているセイット・バタル・クルト(オランダ)、フロレンシア・ロドリゲス・ヒレス(アルゼンチン)、コンスタンティノス・タリオティス(キプロス)と、AITのレジデンス・プログラムで東京に滞在中のジェニー・オーケルンド (スウェーデン)の4名のアーティストに加え、2014年度アーカスプロジェクトのゲストキュレーターである西川美穂子氏(東京都現代美術館学芸員)と、コーディネーターも交流に参加します。

日常の習慣から離れ、聞き慣れない言葉や見慣れない景色の中で、アーティストたちは、時に孤独と向き合いながら、様々な出会いを体験しています。守谷に住む人々の「自然観」や個人史をインタビューから読み取るクルト。人々の「夢」を集め、新たな物語を紡ぐロドリゲス・ヒレス。アメリカの建築家フランク・ロイド・ライトと日本の「近代建築」との関係についてリサーチを行うタリオティス。そして、「月」とその周辺のさまざまな事象や関係性に関心を持ち、京都の大覚寺や観月祭に出かけリサーチを行うオーケルンド。

アーティストにとって創造の種となるその視点やプロセス、作品を見ることは、私たちが日々の生活の中で見過ごしてしまうようなささやかなできごとや、忘れ去られた歴史について、あらためて考えるきっかけを与えてくれます。文化や歴史的背景の全く異なる4カ国から集まったアーティストたちの壮大な思考回路を、一緒に巡ってみませんか。

様々な国からの作家と出会い、気軽に交流できる無料イベントです。アーティスト・イン・レジデンスにご興味のある方や、英語でアートの話を聞いてみたい方は、ぜひご参加下さい。
みなさんのお越しをお待ちしています!


[ アーカスプロジェクト 滞在アーティスト ]
フロレンシア・ロドリゲス・ヒレス(1978年 アルゼンチン生まれ)>>
セイット・バタル・クルト(1978年 トルコ生まれ)>>
コンスタンティノス・タリオティス(1983年 キプロス生まれ)>>

[ AIT 滞在アーティスト ]
ジェニー・オーケルンド(1984年 スウェーデン生まれ/IASPIS助成)>>

[ 概要 ]
日時:2014年11月1日(土)18:30-21:30 *19:30よりミニ・トーク
会場:代官山AITルーム [MAP]
主催:NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]
協力:アーカスプロジェクトIASPIS
定員:50名
参加費:無料(ドリンクとフードは有料)
※当日は、アーティストの出身国をイメージしたドリンクやフードをご用意します。(数に限りがあります)
※本ミングリアスは禁煙のイベントです。
※トークは逐次通訳付となります。
※ご予約は受付けていません。直接会場へお越しください。





アーカスプロジェクトとは?
1994年(※プレ事業を含む)に活動を開始したアーカスプロジェクトは、茨城県守谷市にある「アーカススタジオ」を拠点に、アーティスト・イン・レジデンス事業のほか、地域コミュニティが主体となって関わることのできる場づくりやワークショップなどのプログラムを展開しています。
★ 11月15日、16日に、アーカスプロジェクトのオープンスタジオが開催されます。アーティストの制作過程が見られる貴重な機会です。こちらも併せてご参加下さい!

AITレジデンス・プログラムとは?
2003年より、国内外の財団や文化機関と連携し、アーティストやキュレーターの招聘と派遣を行っています。AITでは、人的紹介、情報・資料の提供、展覧会の開催、AIT主催のトークへの招待など様々な活動から、国際交流の促進を図っています。2014年度は、オランダ、ポーランド、ケニア、アメリカ、イギリス、スウェーデンから計8名のアーティスト、キュレーター、編集者を招へいしました。


アーカスプロジェクト:オープンスタジオの様子/撮影:加藤 甫


2014-10-16

AIT
MAD2016
AIT Staff Blog
twitter
facebook

mail magazine

Mail Magazine について
"AIT"のメールニュースを購読希望の方は以下のフォームより登録ください。MAD受講者は登録の必要はありません。

[購読申込] [購読解除]

Nissan Art Award 2017
東京事典
rabatokyo