English
Home  >  Future / Archives  >  六本木アートカレッジ・セミナー AIT LINK LABO

六本木アートカレッジ・セミナー AIT LINK LABO


ーお申込受付中ー
知るとワクワク!今から行ける、2014年のアートな旅とこぼれ話

日時:2014年8月7日 (木) 19:00-20:30
会場:アカデミーヒルズ(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)
スピーカー:中尾友子(「オズマガジン」編集部デスク)/堀内奈穂子(AITキュレーター)
※お申込の方には、森美術館で開催中の「ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界」チケットを進呈!


左:オズマガジン表紙(2013年アート特集号)/ 右:札幌国際芸術祭2014より、札幌芸術の森美術館

この度、AITは、アカデミーヒルズが主催する「六本木アートカレッジ セミナー・シリーズ(主催:アカデミーヒルズ)」にて、エイト・リンク・ラボと題したレクチャーシリーズ「知るとワクワク!今から行ける、2014年のアートな旅とこぼれ話」を企画しました。

六本木アートカレッジが2011年に始まって以来、AITは、アートとお金の関係や、美術史の200年旅行、アートの力が映し出す「世界」の姿を巡るレクチャーなど、さまざまな視点から、プログラムを企画してきました。
今年度の第一回目は、「アートな旅」をテーマにお送りします!

今年は、三年に一度のお楽しみ「ヨコハマトリエンナーレ2014」や、初の開催である「札幌国際芸術祭2014」など、国内外から注目のアート作品が集まる大規模な国際展が秋まで続きます。

本セミナーでは、こうしたアートイベントに加え、作品と一緒に季節の花々や屋外彫刻も楽しめるガーデンで有名な「ヴァンジ彫刻庭園美術館」のある「クレマチスの丘」や「アーツ前橋」などの日帰りで行けるアートスポットなど、ちょっと変わった美術館をご紹介します。 また、世界中から人が訪れ、瀬戸内海の美しい島々を巡りながら現代アートを楽しめる「ベネッセアートサイト直島」なども取り上げます。 その他、海外まで足を延ばしてみたい方に向けて、ベネチアで開催される国際展「ベネチア・ビエンナーレ」の他、おススメの美術館やアートフェアなどを、「オズマガジン」編集者の中尾友子氏と、AITキュレーターの堀内奈穂子が、こぼれ話と共にご紹介します。

旅をしながらアートと出会い、作品の背景にあるアーティストの「アイディア」や「思考」を知ることで、新たな気づきや発見があるかもしれません。
「いつか行ってみたい」を、「この秋、必ず行きたい」へ変えるきっかけづくりのために。
さあ、自分だけのアートな旅への一歩を踏み出してみませんか?

○ 取り上げるキーワード(順不同・一部) 
-ヨコハマトリエンナーレ2014(開催中?11/3まで)
-札幌国際芸術祭2014(開催中?9/28まで)
-クレマチスの丘(通年)
-アーツ前橋(通年)
-ベネッセアートサイト直島(通年)
-道後オンセナート2014(開催中?12/31まで)
-国東半島芸術祭(10/4-11/30)

[スピーカー紹介]

Nakao

中尾友子 (なかお・ともこ):「オズマガジン」編集部デスク
2009年以降、毎年アート特集を手掛け、瀬戸内国際芸術祭、ヨコハマトリエンナーレはじめ日本各地のアートプロジェクト、アーティストへの取材を重ねる。1976年生まれ。早稲田大学教育学部卒業後、旅行雑誌の編集部を経て2006年にスターツ出版入社、現編集部に在籍中。 
オズマガジン:「日常をていねいに」がコンセプトの月刊誌。2014年は8/11にアート特集を発売予定。

Horiuchi

撮影:越間有紀子

堀内奈穂子 (ほりうち・なおこ):AIT キュレーター
エジンバラ・カレッジ・オブ・アート現代美術論修士課程修了。 スコットランド国会議事堂やジャズバーなど、エジンバラにて展覧会を企画。ドクメンタ12のマガジンズ・プロジェクト「メトロノーム11号ー何をなすべきか? 東京」(2006)では、アシスタント・キュレーターを務めた。AITでは、主にアーティスト・イン・レジデンスプログラムの展覧会やワークショップ、トークの企画のほか、アートツアーの企画や、教育プログラムMADのレクチャーを行う。「Home Again」展(2012/原美術館)アソシエイト・キュレーター、アーカスプロジェクト(2013)ゲスト・キュレーター。


[概要]
日時:2014年8月7日 (木) 19:00-20:30
会場:アカデミーヒルズ(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)
受講料(税込):3,500円
※ご参加いただいた方には森美術館で開催中の「ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界」のチケットをお一人様1枚進呈します。
※チケットは後日でもご利用いただけます。
定員:150名
主催:アカデミーヒルズ
プログラム提供:NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ/AIT
協力:森美術館
※お申込期日:2014年8月7日(木)15:00まで

お申込み、お振込法など詳細は、アカデミーヒルズのHPをご確認下さい。
http://www.academyhills.com/school/artcollege/detail/116511_ait20140807.html


[参考画像]

道後オンセナート 草間彌生《わが魂の記憶。そしてさまざまな幸福を求めて》


国東半島芸術祭 photo by Noriko Yoneyama


クレマチスの丘

2014-7-10

AIT
MAD2016
AIT Staff Blog
twitter
facebook

mail magazine

Mail Magazine について
"AIT"のメールニュースを購読希望の方は以下のフォームより登録ください。MAD受講者は登録の必要はありません。

[購読申込] [購読解除]

Nissan Art Award 2017
東京事典
rabatokyo