English
Home  >  Future / Archives  >  六本木クロッシング2013展:アウト・オブ・ダウト」 関連プログラム「ディスカーシブ・プラットホーム」

六本木クロッシング2013展:アウト・オブ・ダウト」 関連プログラム「ディスカーシブ・プラットホーム」

六本木クロッシング2013:アウト・オブ・ダウト

現在、森美術館で開催中の「六本木クロッシング2013展:アウト・オブ・ダウト」。
同展覧会の関連プログラム「ディスカーシブ・プラットホーム」では、会期中に、AITのほか、blanClass、CAMPなどの3つのグループが、森美術館内外にて、アートや社会について議論をする場を創出します。

さまざまなアーティストや参加者が集まり、アートについて語り合う3日間をぜひ体験してみませんか?皆さんのご参加をお待ちしています!


「-六本木クロッシング2013展」関連プログラム 「ディスカーシブ・プラットホーム」-

○11月22日(金)19:00 - 21:00  (開場18:30)
「アウト・オブ・ヒア? ココではない場所でアートを考えること」

「六本木クロッシング2013展」の外で生まれているアートと社会の新しい関係性にはどのようなものがあるでしょうか。国や地域を越えたフィールドワークから生まれる作品、正規の美術教育を受けていない人の表現などを積極的に紹介する若手アート・ディレクターやアーティストを出演者に迎え、それぞれの活動意図、核となる価値基準を、それぞれ5枚の画像を手がかりに語り合います。美術館やアートスペースで開催する「展覧会」の意味や限界、可能性について一緒に考えてみませんか。

出演:櫛野展正(鞆の津ミュージアム アートディレクター)、岡田有美子(前島アートセンター元事務局)、西尾美也(美術家)、堀内奈穂子(AIT)
会場:森美術館展示室内
定員:80名
料金:無料(要展覧会チケット)
お申し込み:当日先着順、予約不要
*ディスカーシブ・プラットホームについては、こちら

[ ゲスト略歴 ]

櫛野 展正(鞆の津ミュージアム アートディレクター)
2012年5月、広島県福山市鞆の浦に築150年の蔵を改修した美術館、「鞆の津ミュージアム」をオープン。死刑囚の描いた絵画や社会の周縁で表現を続けている人たちに焦点を当て、挑戦的な企画を打ち出し続けている。企画した展覧会に「ようこそ鞆へ!遊ぼうよパラダイス」(2013)、「極限芸術?死刑囚の表現?」(2013) 、「リサイクルリサイタル-幸せ時間の共有-」(2012)、「LOVE LOVE SHOW」(2012)などがある。



岡田 有美子(前島アートセンター元事務局)
1982年愛知県生まれ。武蔵野美術大学造形学部芸術文化学科卒業。2005年〜2009年NPO法人前島アートセンター事務局。2009年アートプロデュースユニットcimarcus 結成。沖縄を拠点に移動しながら映像・パフォーマンス作品の上映・上演を行っている。雑誌「las barcas」編集メンバー。2011年文化庁新進芸術家海外研修生としてキューバに滞在。その後グアテマラにリサーチのため滞在。



西尾 美也(美術家)
1982年奈良県生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。平成23年度文化庁新進芸術家海外研修制度2年派遣研修員(ケニア共和国ナイロビ)。美術家として探究してきた装いに対する考察をもとに、2011年にファッションブランドFORM ON WORDSを設立。また、2009年には西尾工作所ナイロビ支部を、2013年にはアラカワ・アフリカ実行委員会を結成し、アフリカと日本をつなぐアートプロジェクトを企画・運営している。





○11月23日(土)18:30 - 21:00  (開場18:00)
「AITがblanClassにやってくる!和田昌宏ナイト」

AITがblanClassに出張します。AITは、現代アートの学校MAD(Making Art Different)やレジデンス・プログラムを通して、さまざまな人が集まり、視覚芸術について一緒に考える場を創り出してきました。
この企画では、これまでのAITの活動に参加したアーティスト和田昌宏氏を迎え、堀内奈穂子とMADの受講生が共同でイベントを企画します。作家と、多様なバッググラウンドを持った受講生との対話を通して浮かび上がるアートや作品の面白さとは? ぜひご参加ください。

出演:和田昌宏(美術家)、堀内奈穂子(AIT) 、依田理花(AIT)、MAD受講生(野田良平、かんの自然、石井萌、関園子)
会場:blanClass(〒232-0006 神奈川県横浜市南区南太田4-12-16)
料金:1,200円
お申し込み:定員40名(当日先着順)、予約不要
*blanclassについては、こちら

[ ゲスト略歴 ]

和田 昌宏(美術家)
1977年、東京生まれ。2004年、ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジ卒業。2001年より、東京の拝島にある米軍ハウスにて「HOMEBASE」 の企画・運営を開始。主な展覧会に、「和田昌宏個展 RECORRIDO ARQUEOLOGICO #1 ー遺跡への小径 #1」 Art center Ongoing(東京、2013)、「5th Dimension」旧フランス大使館(東京、2010)、「-Structural Integrity- NEXTWAVE Festival」Arts House, Meat Market(メルボルン/オーストラリア、2010)などがある。
http://masahirowada.com/



*12月には、同関連プログラムの一環で、AITにて以下の2つのイベントを開催します。
詳細は11月末にご案内いたします。どうぞお楽しみに!

・12月5日(木):出張blanClass@AIT|AAG+森田浩彰 [ from Student night 最終プレゼン大会]
・12月14日(土):特別ミングリアス「小泉明郎ナイト!感じる作品」

2013-11- 5

AIT
MAD2016
AIT Staff Blog
twitter
facebook

mail magazine

Mail Magazine について
"AIT"のメールニュースを購読希望の方は以下のフォームより登録ください。MAD受講者は登録の必要はありません。

[購読申込] [購読解除]

Nissan Art Award 2017
東京事典
rabatokyo