English
Home  >  Future / Archives  >  AIT ART TOUR 2013 vol.4: 都会に飽きたら、十和田奥入瀬に行こう! 十和田奥入瀬芸術祭と豊かな自然を巡るツアー

AIT ART TOUR 2013 vol.4: 都会に飽きたら、十和田奥入瀬に行こう! 十和田奥入瀬芸術祭と豊かな自然を巡るツアー


【重要:10月ツアー開催中止と特別プログラム開催のお知らせ】
10月12日(土)-13日(日)に開催を予定していた、奈良美智プロデュースの「青い森の ちいさな 音楽会」に行くツアーは、諸事情により開催を見合わせることとなりました。ツアーを楽しみにしてくださっていた方々には、大変に心苦しいお知らせとなりますが、今後このようなことのないよう改善に努めて参りますので、何卒ご理解いただければ幸いです。
なお、ツアーはありませんが、MAD受講生・修了生を対象とした特別プログラム(現地集合・解散)を企画しました。詳細が決定次第、メールにてご案内させていただきます。



Towada_Oirase_logo  [ お申込締切: 9月4日(水) ] ※受付は終了いたしました
十和田奥入瀬芸術祭と豊かな自然を巡るツアー
2013年9月21日(土)、22日(日)1泊2日 *最小催行人数:15名
1)一般 78,000円(税込み)
2)MAD受講生・修了生・AITメンバー、学生 76,000円(税込み)


Towada_Oirase1Towada_Oirase3
Towada_Oirase2Towada_Oirase1
 《写真左上》奥入瀬渓流 《右上》十和田湖 《左下、右下》水産保養所
 撮影:小山田邦哉



[ 主旨 ]
Towada_Oirase_chirashi 十和田市現代美術館の5周年を記念して、「SURVIVE」と題し、「時」をテーマに開催される十和田奥入瀬芸術祭。その舞台となるのは、八甲田山の噴火からはじまり、想像を超えるような時間をかけて複雑で豊かな生態系を育んだ地域。十和田市現代美術館をはじめ、奥入瀬渓流の入口にある重要文化財の住宅や営業を終えたホテル、奥入瀬渓流ホテル、十和田湖の遊覧船などで作品が展開されます。

日々を動かす経済活動の時間感覚、地球の活動周期、放射能の半減期など、「3.11」をきっかけに、私たちは、さまざまな時間の感覚に向き合って生きているということに改めて気づかされたと言ってもいいでしょう。そうしたこの時代の輪郭を、芸術作品や十和田奥入瀬の生態に触れ、またアーティストやディレクター、キュレーターの声に耳を傾けながら、思い描いてみませんか?

水分を豊かに含んだ渓流の大気や地元の新鮮な食材を思い切り吸収し、1分1秒を争う都会の「時」を抜け出してさまざまな「時」に巡り合う1泊2日の旅にNPO法人AIT(エイト)がご案内します。



[ ツアーのポイント ]
十和田奥入瀬芸術祭をいち早く体験!
本芸術祭でキュレーターを務める小澤慶介(AIT)が現地でガイドをし、芸術祭のコンセプトや構造、参加作家などについて制作過程におけるエピソードを交えながら紹介します。

オープニング・プログラムに参加!
水産保養所にて行われるコンタクトゴンゾ、梅田哲也、志賀理江子によるはじめてのコラボレーション・パフォーマンスを鑑賞した後は、詩人、管啓次郎による詩の朗読会に参加します。さらに、星野リゾート 奥入瀬渓流ホテルで行われるオープニングレセプションに参加! 芸術祭の参加作家やキュレーターと交流しながら、楽しいひと時を過ごしましょう。

星野リゾート奥入瀬渓流ホテルに宿泊!
奥入瀬川のほとりに唯一あるホテル。渓流の散策、地元の食材を使った料理などがこの旅を演出します。山本修路や志村信裕による作品のほか、岡本太郎の遺作をぜひお見逃しなく!

参加作家の山本修路とともに十和田湖や奥入瀬渓流を散策!
樹木の生態について詳しい山本修路と自然にあふれる十和田湖や奥入瀬川を歩きます。これまでに「実生」(木が種から芽吹く)などの作品を手掛けている彼の読解力で、目の前に広がる景色をより深く読み込みます。

昼食にも期待!
ツアー1日目は十和田市のB級グルメ「バラ焼き」を、2日目は水産保養所の隣にある森のホテルでイタリアンのランチを予定しています。

「時」をテーマにした芸術祭を堪能するには、プロセスから。
往きは、飛行機であっという間に十和田への玄関口、三沢空港へ。帰りは、真新しい七戸十和田駅から新幹線に乗り、旅の仲間と思い出を語り合いましょう。




< 十和田奥入瀬芸術祭キュレーター、小澤慶介よりみなさまへ >

十和田市現代美術館では、ラグナル・キャルタンソン(アイスランド)やマーカス・コーツ(イギリス)、宮永愛子をはじめ「時」の質感を表す作品が展示され、営業を終えたホテル「水産保養所」では、梅田哲也、コンタクトゴンゾ、志賀理江子がコラボレーションし、そこに流れていた時を経験する状況を生み出し、十和田湖ではmamoruが風景を「聴く」作品を展開するなど、場の特長を生かした芸術祭になりそうです。詩人や小説家が物語で参加するのも特長です!

今、声高に叫ばれる「経済成長」が僕たちの時の感覚を「3.11」以前に戻そうとしていますが、ちょっと立ち止まって、もっと肌触りのいい時の感覚を探してみませんか?

RagnarContactGonzo
 《参考画像左》Ragnar Kjartansson, "The End - Rocky Mountains" 2009 5-channel full hd video installation, 30 minutes 58 seconds Courtesy of i8 Gallery Reykjavik / Iceland《右》contact Gonzo, expert from video work "yama surfing" courtesy of the artitst 2012


十和田奥入瀬芸術祭とは?
十和田市現代美術館開館5周年を記念して、十和田市現代美術館を中心とした市街地と豊かな自然にめぐまれた奥入瀬(おいらせ)、十和田湖を舞台に2013年秋、アーティスティック・ディレクターに藤浩志を迎え、開催される芸術祭。「さまざまな時間の旅」をテーマに、十和田奥入瀬エリアの深い自然と現代の芸術文化が融合することで、多様な経験を提供し、他の芸術祭とは一線を画す新しい芸術祭をめざす。
URL:http://artstowadaoirase.jp/   Facebookページ    十和田奥入瀬芸術祭のチラシ(PDF / 803KB)


十和田市現代美術館について
「アートを通した新しい体験を提供する開かれた施設」として、Arts Towada計画の中核となる施設。十和田でしかみることができない37点の恒久設置作品が展示されている常設展は、草間彌生、ロン・ミュエクなど世界で活躍する32組のアーティストによるコミッションワークにより構成されている。設計は、西沢立衛氏(SANAA)。
URL:http://towadaartcenter.com/web/towadaartcenter.html


その他の参考URL
旧笠石家住宅
URL:http://www.city.towada.lg.jp/docs/2011121200444/


星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル
URL:http://www.oirase-keiryuu.jp

OiraseOiraseOirase
《写真左》奥入瀬渓流ホテル付近/岡本太郎の作品 《中》奥入瀬渓流ホテル/岡本太郎『河神』 《右》奥入瀬渓流
 撮影:小山田邦哉



[ スケジュール ]
towadaoirasetour_schedule
*諸事情により、内容や見学順が変更になる場合もございます。




[ 概要 ]
日程:2013年9月21日(土)、22日(日)/1泊2日
最小催行人数:15名
同行者:AITスタッフ
現地ガイド:小澤慶介(一部の行程を除きます)
旅行企画・実施:日本旅行 東京教育旅行支店
共同企画:NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]
協力:十和田奥入瀬芸術祭実行委員会

[ ご旅行代金 ]
1)一般 78,000円(税込み)
2)MAD受講生・修了生・AITメンバー・学生 76,000円(税込み)
(代金には、航空券代、新幹線代、宿泊費、バスチャーター費、ガイド代、食事代(4回)、芸術祭入場料、遊覧船乗車運賃、および保険料が含まれます。詳しくは、旅行条件をご確認ください。)

[ 申込締切 ]
2013年9月4日(水)※定員に達し次第締め切ります。

[ お申込み方法 ]
以下より申し込み用紙をダウンロードしてください。 必要事項をご記入の上、下記日本旅行までFAXか郵送、またはメールでお申込みください。
*2名以上の場合は、コピーして人数分ご提出ください。



[ ご旅行代金のお支払いについて ]
催行決定後の9月2日(月)より日本旅行から請求書をお送りさせていただきます。ご旅行代金は、9月11日(水)までに下記口座にお振込み下さい。
みずほコーポレート銀行 十五号支店 普通口座3101678 (株)日本旅行

[ ご旅行代金に含まれるもの ]
・旅行日程に明示した往復列車、貸切バスの交通機関の運賃
・旅行日程に明示した入場料金、乗船料金
・食事代(朝食1回、昼食2回、夕食1回)
・国内旅行傷害保険料(500円):取扱会社 日本興亜損保
 国内旅行傷害保険料補償内容(死亡・後遺障害2,164万円、入院日額5,000円、通院日額3,000円、賠償責任3,000万円、携行品7万円(自己負担額3,000円)、救援者費用80万円
・AITスタッフ同行費用

[ 取消料 ]
旅行を取消しされる場合には取消日により下記の取消料を申し受けます。
※取消日が、土・日・祭日の場合は、次の平日が取消日となります。
※下記旅行代金とはツアー代金から国内旅行傷害保険料500円を差し引いた金額となります。

  前日から起算してご旅行出発日の11日前まで・・・無料
  前日から起算してご旅行出発日の8日前まで ・・・旅行代金の20%
  前日から起算してご旅行出発日の2日前まで ・・・旅行代金の30%
  ご旅行出発日の前日まで・・・・・・・・・・・・旅行代金の40%
  ご旅行出発日の当日まで・・・・・・・・・・・・旅行代金の50%
  ご旅行開始後の解除及び無連絡不参加・・・・・・旅行代金の100%



【ご案内】
・定員になり次第、締切となります。
・スケジュールは天候・交通状況により変更となる場合がございます。
 また、交通機関の発着時間は交通機関の都合で変更される場合がございます。
・当ツアーは、2013年8月22日現在の運賃・料金・発着時間としております。
・お客様のご都合で指定の航空機・列車をご利用にならなかった場合、及び乗り遅れの場合は航空券・乗車券・
 特急券は無効となります。改めてお買い求めいただく場合の航空券・乗車券・特急券のご購入料金につきまして
 は、お客様負担となります。
・ホテルお部屋タイプ:和室(洗浄機付きトイレ・お風呂あり)
 ※基本、2名1室の相部屋となりますが、場合により、3名1室となることもございます。
 ※同行される参加者と同室希望の場合、申込書の備考欄にご記入ください。
 
・復路、上野駅・大宮駅にて途中下車をご希望の場合、申込書の備考欄にご記入下さい。
 ※途中下車による区間差額の返金はございません。
・本ツアーでは、9月23日に行われる「高山明(Port B)による言論イベント『一般社団法人 Port(ポルト)
 観光リサーチセンター』設立記念シンポジウム」は鑑賞できません。




[ この旅行に関するお問い合わせ ]
日本旅行 東京教育旅行支店
担当者:山崎
〒105-0012 東京都港区芝大門1-4-8浜松町清和ビル9階
TEL: 03-6848-9950/ FAX: 03-6848-0758
Email: shinichi_yamazaki@nta.co.jp
営業時間:9:30-18:00(土・日・祝祭日は除く)

2013-8-22

AIT
MAD2016
AIT Staff Blog
twitter
facebook

mail magazine

Mail Magazine について
"AIT"のメールニュースを購読希望の方は以下のフォームより登録ください。MAD受講者は登録の必要はありません。

[購読申込] [購読解除]

Nissan Art Award 2017
東京事典
rabatokyo