English
Home  >  Future / Archives  >  TARL - プロジェクト構想プログラム ー「光の蘇生」プロジェクト 第2回・第3回公開講座

TARL - プロジェクト構想プログラム ー「光の蘇生」プロジェクト 第2回・第3回公開講座

【参加者募集!】Tokyo Art Research Lab (TARL)
プロジェクト構想プログラム―宮島達男氏 「光の蘇生」プロジェクトを構想する
【第2回:芸術の賞味期限―「修復」や「所有」から考える芸術の存在論】

日時:2013年8月8日(木)19:00 - 21:00(開場18:30)
〈ゲスト〉鷲田清一(せんだいメディアテーク館長/哲学者)
〈聞き手〉宮島達男(美術家)

【第3回:パブリックアートの行方―芸術と社会環境を考える】
〈日時〉2013年8月19日(月)19:00 - 21:00(開場18:30)
〈ゲスト〉北川フラム(瀬戸内国際芸術祭総合ディレクター)
〈聞き手〉宮島達男(美術家)
会場:東京文化発信プロジェクトROOM302(東京都千代田区外神田6-11-14 [3331 Arts Chiyoda 3F])
料金:無料
定員:先着50名程度(事前申込可)

宮島達男「Counter Void」2003年/テレビ朝日所蔵作品

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

【プロジェクト構想プログラム ー「光の蘇生」プロジェクトを構想する】


2011年の3.11直後、宮島達男氏は自ら『Counter Void』(六本木・けやき坂に常設されている光の作品)の灯を消しました。2年が過ぎ、時代に応答した技術と社会性をもって再点灯が必要であると作家は考えています。 本プログラムでは同作品の再点灯の検討を通じて、芸術作品の「所有」「継承」「蘇生」の社会的意義についてゲストとともに探り、考えていきます。

基本情報
日時 : 2013年7月 ~ 2014年3月
会場 : 東京文化発信プロジェクトROOM302(東京都千代田区外神田6-11-14 [3331 Arts Chiyoda 3F])
主催 : 東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)
    特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]




[概要]
宮島達男氏 「光の蘇生」プロジェクト
第2回公開講座:芸術の賞味期限―「修復」や「所有」から考える芸術の存在論
日時:2013年8月8日(木)19:00 - 21:00(開場18:30)
〈ゲスト〉鷲田清一(せんだいメディアテーク館長/哲学者)
〈聞き手〉宮島達男(美術家)
『Counter Void』の現況を踏まえながら、芸術の成立条件について「修復」と「所有」などのキーワードをとおして話し合います。


第3回公開講座:パブリックアートの行方―芸術と社会環境を考える
日時:2013年8月19日(月)19:00 - 21:00(開場18:30)
〈ゲスト〉北川フラム(瀬戸内国際芸術祭総合ディレクター)
〈聞き手〉宮島達男(美術家)
野外設置の芸術作品と社会の関係性をさぐり、現在点灯を止めている『Counter Void』蘇生プロジェクトの課題と意義を検討します。

会場:東京文化発信プロジェクトROOM302(東京都千代田区外神田6-11-14 [3331 Arts Chiyoda 3F])
料金:入場無料
定員:先着50名程度(事前申込可)
主催:東京都/東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)
   特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]

[お申込方法] 各回前日までにTARLのウェブサイトまたはEメール( info@tarl.jp )、Faxにて「お名前」「ご所属(ご職業)」「メールアドレス」「当日ご連絡先(携帯電話など)」をお伝えください。
Fax:03-6740-1926  ※ご記入いただいた個人情報は、本事業の運営およびご案内にのみ使用します。



[ アーティスト略歴 ]

宮島 達男/Miyajima Tatsuo(みやじま・たつお)(現代美術家、京都造形芸術大学/東北芸術工科大学副学長)

TatsuoMiyajima

1986年 東京芸術大学大学院修了。1988年 ヴェネツィア・ビエンナーレ、新人部門に招待され、デジタル数字の作品で国際的に注目を集める。以来、国内外で数多くの展覧会を開催。世界30カ国250か所以上で発表している。 1993年 ジュネーブ大学コンペティション優勝。1998年 第5回日本現代芸術振興賞受賞。1998年 ロンドン・インステイテュ―ト名誉博士。代表作に「メガ・デス」など。また、被爆した柿の木2世を世界の子どもたちに育ててもらう活動、「時の蘇生・柿の木プロジェクト」も推進している。

photo by Nobutada Omote

[ ゲスト略歴 ]

鷲田 清一/Washida Kiyokazu(わしだ・きよかず)(せんだいメディアテーク館長/哲学者)

1949年京都市生まれ。大阪大総長をへて、現在、大谷大教授およびせんだいメディアテーク(http://www.smt.jp)館長。専攻は、臨床哲学・倫理学。現象学・身体論を専門とし、ファッション研究なども行う。著書『分散する理性』『モードの迷宮』(1989)でサントリー学芸賞、『「聴く」ことの力』(2000)で第3回桑原武夫学芸賞、『「ぐずぐず」の理由』(2012)で第63回読売文学賞評論・伝記賞をそれぞれ受賞。


北川 フラム/Kitagawa Fram(きたがわ・ふらむ)(瀬戸内国際芸術祭総合ディレクター)

1946年新潟県高田市(現上越市)生まれ。アートディレクターとして国内外の美術館、企画展、芸術祭を多数プロデュースする。代表的なプロジェクトとして「ファーレ立川アート計画」(94年度日本都市計画学会計画設計賞受賞)など。「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」、「瀬戸内国際芸術祭」の総合ディレクター。自ら美術・文化評論の執筆活動も行う。



[ お問い合わせ ]
Tokyo Art Research Lab事務局(AIT内)
Tel:080-3171-9724 E-mail:info@tarl.jp


*「東京アートポイント計画」とは?
「東京アートポイント計画」は、東京の様々な人・まち・活動をアートで結ぶことで、東京の多様な魅力を地域・市民の参画により創造・発信することを目指し、「東京文化発信プロジェクト」の一環として東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団が展開している事業です。http://www.bh-project.jp/artpoint/

* Tokyo Art Research Lab(TARL)について
アートプロジェクトにまつわる問題や可能性をすくいあげ分析する、リサーチ型の人材育成プログラムです。アートプロジェクトを持続可能にするシステムの構築を目指します。東京の様々な人 ・まち・活動をアートで結ぶことで、東京の多様な魅力を地域・市民の参画により創造・発信することを目指す東京文化発信プロジェクト事業「東京アートポイント計画」の一環として実施しています。http://www.tarl.jp

2013-8- 7

AIT
MAD2016
AIT Staff Blog
twitter
facebook

mail magazine

Mail Magazine について
"AIT"のメールニュースを購読希望の方は以下のフォームより登録ください。MAD受講者は登録の必要はありません。

[購読申込] [購読解除]

Nissan Art Award 2017
東京事典
rabatokyo