English
Home  >  Future / Archives  >  TARL - プロジェクト構想プログラム ー「光の蘇生」プロジェクトを構想する

TARL - プロジェクト構想プログラム ー「光の蘇生」プロジェクトを構想する

【参加者募集!】Tokyo Art Research Lab (TARL) - プロジェクト構想プログラム
宮島達男氏 「光の蘇生」プロジェクト 第1回公開講座/キックオフ:なぜ、芸術を蘇生するのか?
日時:2013年7月11日(木)19:00 - 21:00 
会場:東京文化発信プロジェクトROOM302
料金:無料/定員:先着50名程度


「光の蘇生」プロジェクトの構想が、いよいよはじまる!

世界的に活躍している美術家、宮島達男氏の作品、『Counter Void』(六本木、けやき坂)再点灯の社会的な意義をさまざまなゲストと語り合いながら、芸術を蘇生する仕組み作りをプロジェクト化する可能性を探ります。

Miyajima_countervoid
宮島達男「Counter Void」2003年/テレビ朝日所蔵作品

「3.11」、宮島達男氏は、 自ら『Counter Void』の灯を消しました。
それは、いまだに消されたままでありながら、消費される電力エネルギーや日々更新される技術などから芸術の存在意義や保存などを考え直すきっかけを投げかけています。

第1回目は、宮島達男氏と森司 (東京アートポイント計画 ディレクター)が、プロジェクトを始めるに至った議論や今後の計画について紹介し、来場者の皆さんとともに本プロジェクトの意義について語り合います。

『Counter Void』 を再点灯させる可能性を探りながら、震災後の芸術が直面する課題について考えはじめてみたいと思っている方は、ぜひご参加ください。

基本情報
日時 : 2013年7月 ~ 2014年3月
会場 : 東京文化発信プロジェクトROOM302(東京都千代田区外神田6-11-14 [3331 Arts Chiyoda 3F])
主催 : 東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)
    特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]




[概要]
宮島達男氏 「光の蘇生」プロジェクト
第1回公開講座/キックオフ:なぜ、芸術を蘇生するのか?

日時:2013年7月11日(木)19:00 - 21:00 
会場:東京文化発信プロジェクトROOM302(東京都千代田区外神田6-11-14 [3331 Arts Chiyoda 3F])
料金:無料
定員:先着50名程度(事前申込可)
主催:東京都/東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)
   特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]
※第2回目は、ゲストに鷲田清一氏(せんだいメディアテーク館長/哲学者)を迎え、8月8日(木)に行います。
※9月、10月のプログラムは追って発表します

[お申込み]
詳細、お申込方法についてはTARL公式サイトをご確認ください>>http://tarl.jp/



[ アーティスト略歴 ]

宮島 達男/Miyajima Tatsuo(みやじま・たつお)(現代美術家、京都造形芸術大学/東北芸術工科大学副学長)

TatsuoMiyajima

1986年 東京芸術大学大学院修了。1988年 ヴェネツィア・ビエンナーレ、新人部門に招待され、デジタル数字の作品で国際的に注目を集める。以来、国内外で数多くの展覧会を開催。世界30カ国250か所以上で発表している。 1993年 ジュネーブ大学コンペティション優勝。1998年 第5回日本現代芸術振興賞受賞。1998年 ロンドン・インステイテュ―ト名誉博士。代表作に「メガ・デス」など。また、被爆した柿の木2世を世界の子どもたちに育ててもらう活動、「時の蘇生・柿の木プロジェクト」も推進している。

photo by Nobutada Omote


[ お問い合わせ ]
Tokyo Art Research Lab事務局(AIT内)
Tel:080-3171-9724 E-mail:info@tarl.jp


*「東京アートポイント計画」とは?
「東京アートポイント計画」は、東京の様々な人・まち・活動をアートで結ぶことで、東京の多様な魅力を地域・市民の参画により創造・発信することを目指し、「東京文化発信プロジェクト」の一環として東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団が展開している事業です。http://www.bh-project.jp/artpoint/

* Tokyo Art Research Lab(TARL)について
アートプロジェクトにまつわる問題や可能性をすくいあげ分析する、リサーチ型の人材育成プログラムです。アートプロジェクトを持続可能にするシステムの構築を目指します。東京の様々な人 ・まち・活動をアートで結ぶことで、東京の多様な魅力を地域・市民の参画により創造・発信することを目指す東京文化発信プロジェクト事業「東京アートポイント計画」の一環として実施しています。http://www.tarl.jp

2013-6-24

AIT
MAD2016
AIT Staff Blog
twitter
facebook

mail magazine

Mail Magazine について
"AIT"のメールニュースを購読希望の方は以下のフォームより登録ください。MAD受講者は登録の必要はありません。

[購読申込] [購読解除]

Nissan Art Award 2017
東京事典
rabatokyo