English
Home  >  Future / Archives  >  アートフェア東京2013関連イベント

アートフェア東京2013関連イベント

日本最大のアートフェアに行こう!エデュケーショナルパートナーAIT企画協力
トークイベント、ガイドツアー、ビデオプログラムなどのご案内

日時:3月21日(木)-3月24日(日)
会場:東京国際フォーラム 地下2階 展示ホール


AFT2013
左:アートフェア東京ロゴ 右:アートフェア東京2012 会場風景/撮影:岩下宗利 © アートフェア東京




この度AITは、「アートフェア東京2013」のエデュケーショナルパートナーとして、ブースの出展の他、トークイベント、ビデオプログラムなどを企画、開催致します。

皆様お誘い合わせの上ぜひ、ご参加下さい。


*「アートフェア東京」とは?
国内外から100以上のギャラリーが集まり、古美術・工芸から、日本画・洋画、現代美術まで、幅広いジャンルの作品数千点を展示販売する、日本最大の美術見本市。http://artfairtokyo.com/

<アートフェア東京2013開催概要>
オープニングプレビュー:3月21日(木)18:00-21:00 *招待状が必要です
一般公開:3月22日(金)11:00-21:00
     3月23日(土)11:00-20:00
     3月24日(日)10:30-17:00
*各回入場は終了30分前まで
会場:東京国際フォーラム 地下2階 展示ホール(東京都千代田区丸の内3-5-1
入場料:1-DAYパスポート 2,000円(税込)
*1-DAY パスポートで一般会期中の1日に限り自由に入退場が出来ます。



出展ブースでのイベントシンポジウム&トークガイドツアースペシャル・ビデオプログラムNIKKEI アート・プロジェクト



◆ 出展ブースでのイベント

ミニトーク開催決定!
*予約は不要ですので、直接会場へお越しください。

3月22日(金)18:00-19:00 「ヴィヴィアンとナオコのアート談義1」
美術家のヴィヴィアン佐藤氏を迎え、その多様な活動や表現についてお聞きします。ミニ・トーク(20分程度)の後は、ブースに訪れる人のオーラを見抜いて描く「オ〜ラ似顔絵」タイムもあります。
スピーカー:ヴィヴィアン佐藤(非建築家/美術家/ドラァグクイーン)、堀内奈穂子(AIT)

3月23日(土)14:00-14:30 「Talk by Rudy Tseng (Art Collector / Taipei ) and Roger McDonald (AIT) 」
台湾のアートコレクターのルディー・ツェン氏を迎え、中国、日本を含むアジアをはじめ、ヨーロッパ、アメリカまで、幅広い国々を網羅するアートコレクションの数々についてお聞きします。
スピーカー:ルディー・ツェン(曾文泉)、ロジャー・マクドナルド(AIT)

3月23日(土)19:00-20:00 「ヴィヴィアンとナオコのアート談義2」
スピーカー:ヴィヴィアン佐藤(非建築家/美術家/ドラァグクイーン)、堀内奈穂子(AIT)

3月24日(日)13:15-13:45 「Talk by Revital Gal (Inga Gallery / Israel) and Roger McDonald (AIT) 」
今年、初出展となるイスラエルのインガギャラリーよりRevital Gal氏を迎え、イスラエルの現代アート・シーンや文化をめぐる状況について、話を伺います。
スピーカー:Revital Gal(Inga Gallery)、ロジャー・マクドナルド(AIT)

3月24日(日)15:00-15:30 「アートな仕事、アートな旅」
アートの仕事の魅力とは?「アートが好き」から一歩踏み込んだ世界について、AITスタッフと、アートの現場で活躍しているスペシャルゲストを迎えてミニトークを開催します。本トークは、MADの受講を考えている方にもオススメです。
スピーカー:塩見有子(AIT)、堀内奈穂子(AIT)、ほかスペシャルゲスト予定





◆ シンポジウム&トーク

<概要>
日程:2013年3月23日(土)-3月24日(土)
会場:アートフェア東京2013内トーク・シリーズ会場
参加費:無料(アートフェア東京2013 1DAYパスポートを提示)
定員:各回100名(要事前予約。残席がある場合のみ、会場にて受付)
主催:アートフェア東京実行委員会
企画協力:NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]
協力:有限会社ルフトツーク

<お申込み方法>
webでのご予約は終了致しました。全てのトークは、残席僅かとなっております。
ご予約は、トーク開催の当日11時より、アートフェア東京2013会場内の「トークシリーズ会場」にてご予約を承ります。(先着順)
メールおよびお電話でのお問合せは受付けておりませんので、何卒ご了承下さい。

<プログラム内容>
1. 「アート・コレクション今昔物語」 3月23日(土)13:00-14:30(開場12:45)
芸術をコレクションするとは、社会的にどのような意味があるのでしょうか?今春、三菱一号館美術館で開催される「奇跡のクラーク・コレクション-ルノワールとフランス絵画の傑作」展において、個人のアート・コレクションが、時代と文化を超えて伝えられてゆくのを知ると、この現代からはどのようなアート・コレクションが後世に残されるのかを考えざるをえません。アートのコレクションの熟成法について考えてみましょう。

登壇者:高橋明也(三菱一号館美術館館長)、塩原将志(アート・オフィス・シオバラ代表取締役)
モデレーター:岩渕潤子(アグロスパシア株式会社取締役/AGROSPACIA編集長)

2. 「今、『アート』ではないアートが熱い!?」 3月23日(土)15:30-17:30(開場15:15)
山下清やヘンリー・ダーガーなど、その名を知っている人たちも少なくないはず。今また、日本各地で障がいをもつ人々の表現活動が注目されつつあります。美大などで専門的にアートを学んだことがない人々による表現が、私たちが慣れ親しんでいる「アート」に与えるインパクト、またそうした活動の支援のあり方やアートとして評価する方法などについて、有識者や現場で携わる方々を交え自由に話し合います。

登壇者:櫛野展正(鞆の津ミュージアムアート・ディレクター)、立花文穂(美術家/グラフィックデザイナー)、保坂健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)
モデレーター:ロジャー・マクドナルド(AIT)
協力:日本財団

3. 「これから一万年の私たちの創造のために」 3月24日(日)11:30-13:00(開場11:15)
地球の運動、文化の成り立ち、人類の本性や存在理由、そして幸せの意味など多くのことを考えながら、日々多くの人々が生きていると思われるこの2013年春。その中でアートがどのように私たちの意識と交流し、それらの意味を掘り下げ、また新たなインスピレーションを生み出しているのでしょうか?またそれによって、よりよき人類の集合意識をもたらし、これから先の一万年にどのように寄与していくことができるのでしょうか?3人のゲストが、世界のビジョンと創造について語り合います。

登壇者:平川典俊(美術家)、リュック・タイマンス(美術家)、千賀一生(『わの舞』主宰/作家)
モデレーター:岡部あおみ(キュレーター)
通訳:ポリーン・ボールドウィン
主催:『TODAY IS THE DAY』財団

4. 「装うこと、身に着けることの文化人類学」 3月24日(日)14:00-16:00(開場13:45)
人は、なぜ衣服やアクセサリーを身に着け、自分の身体以上の何かを表現するのでしょうか?他者との違いを趣味によって出すため?他の文化を取り入れて疑似的に生まれ変わるため?社会的なステータスや力を顕示するため?服飾や宝飾の領域では、今、私たちの身体や欲望について何が語られているのでしょうか?今どきの装いの背後にある力学をのぞいてみましょう。

登壇者:シムラブロス(美術家)、山縣良和(リトゥンアフターワーズ代表)、ニリス・ネルソン(キュレーター)
モデレーター: 椿玲子(森美術館アソシエイト・キュレーター)

*プログラムの内容は、変更する場合がございます。予めご了承下さい。



◆ ガイドツアー
コレクター養成 スペシャルガイドツアー
アートを買う、アートを飾る、アートを集めるメリットとは、なんでしょうか?これから真剣にアートを見て、吟味して、交渉して、買ってみようと考えている未来のアート・コレクターに向けて、ガイドツアーを開催します。ナビゲーターは、知見やネットワークを駆使して独自のコレクションを築いている気鋭の達人。ツアーで会場を巡った後は、気軽に質問をして、アートコレクションの奥深さを探ってみましょう。ビギナーからベテランまで、コレクションに興味のある方なら、どなたでもご参加頂けます。皆さんのご参加をお待ちしています。

<概要>
日時:2013年3月23日(土)11:15-12:00/12:30-13:15
会場:アートフェア東京2013会場
集合場所:アートフェア東京2013チケットカウンター前
参加費:各回4,500円(アートフェア東京2013 1DAYパスポート込)
    *アートフェア東京2013 1DAYパスポートをお持ちの方は、3,000円
定員:各回10名(要事前予約)
主催:アートフェア東京実行委員会
企画協力:NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]

<お申込み方法>
こちらのフォームからお申込み下さい。折り返し、予約確認のメールをお送りします。

<ナビゲーター>
宮津大輔(現代アートコレクター)

miyatsu.jpg
(C)Yoko Asakai 2010

サラリーマンである傍ら、収集したコレクションや、アーティストと共同で建設した自宅が、東京オペラシティアートギャラリー、デリム現代美術館(韓国・ソウル)での展示はじめ、国内外のメディアで紹介される。2011年MOCA TAIPEI(台湾・台北)で大規模なコレクション展開催。"WONDER SEED"(東京ワンダーサイト)2010-12年審査員、アートフェア東京2011-12 PROJECTS Artistic Committeeメンバー。著書に「現代アートを買おう!」(集英社新書/中国語・繁体字版・台湾Uni Books)他。https://www.facebook.com/DaisukeMiyatsu.Collector


*お一人様、1ツアーの参加とさせていただきます。
*ツアーの日時、内容は、予告なしに変更する場合がございます。予めご了承下さい。




● スペシャル・ビデオプログラム
サラリーマンコレクターの宮津大輔氏のコレクションから珠玉の映像作品の数々と、3月30日から全国順次公開される「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」の前作「アートの森の小さな巨人」を上映します。

<概要>
日時:2013年3月21日(木) 16:30-21:00 *招待状が必要です
      3月22日(金) 11:30-21:00
      3月23日(土) 11:30-20:30
      3月24日(日) 11:00-17:00
会場:アートフェア東京2013内ビデオ・スクリーニング会場
主催:アートフェア東京実行委員会
企画協力:NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]
協力:株式会社リコー、株式会社東芝、有限会社ルフトツーク

<Program 1>
ディスカバー・アジア『謳い、踊ること』-宮津大輔コレクションより-


オムニバスA

・ホー・ツーニェン

"The Bohemian Rhapsody Project"(2006年)

・ジュン・グエン=ハツシバ

"Memorial Project Nha Trang, Vietnam : Towards the Complex- For the Courageous, the Curious, and the Cowards"(2001年)

・志賀理江子

"Canary"(2010年)

・竹内公太

"ふるさとの合成"(2010年)


オムニバスB

・ヂョン・ヨンドゥ

"Bewitched"(2001年)

・クワン・シャンチ

"ONE MILLION"(2012年)

・ミン・ウォン

"Ham&cheeseomelet"(2001年)

・泉太郎

"Magmodo"(2002年)

・田中功起

"バケツとボール"(2005年)


ツァオ・フェイ & オー・ニン  "San Yuan Li"(2003年)

森田浩彰           "クロックワイズ"(2005-2008年)

企画:堀内奈穂子(AIT)、金島隆弘(アートフェア東京エグゼクティブ・ティレクター)
コーディネート:大隈理恵(AIT)
出品協力:宮津大輔(サラリーマン・コレクター)
協力ギャラリー:青山|目黒、ギャラリー小柳、ヒロミヨシイ六本木、ミヅマアートギャラリー、SNOW Contemporary、YUKA TSURUNO GALLERY、Vitamin Creative Space




<Program 2>
「ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人」
3夜連続上映

*上映時間などの詳細は、アートフェア東京HP 関連イベントページでご確認下さい。
*上映作品について、予告なしに変更する場合がございます。予めご了承下さい。




● NIKKEI アート・プロジェクト
アートフェア東京2013メインメディアパートナーの日本経済新聞電子版が行っている「NIKKEI アート・プロジェクト」主催のイベントに企画協力しました。

<展示>
「アートで遊ぼう!」
会期:2013年3月11日(土)-4月26日(金)
会場:日本経済新聞社東京本社2F スペースニオ アートギャラリー(東京都千代田区大手町1-3-7
主催:日経新聞電子版
企画協力:アートフェア東京実行委員会、NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]
協力:株式会社リコー、株式会社東芝
協力ギャラリー:ミヅマアートギャラリー、ARATANIURANO、無人島プロダクション
出品作家:ジュン・グエン=ハツシバ、西野達、加藤翼、田口行弘(予定)


<セミナー>
主催:日経新聞電子版
企画協力:アートフェア東京実行委員会、NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]
応募条件:日経電子版会員(有料・無料)であること

第一回「身につけて遊ぼう!」 3月13日(水)19:00-20:30
会場:日経・大手町セミナールーム2(東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル6F
登壇者:ヴィヴィアン佐藤(非建築家/美術家/ドラァグクイーン)、大地千登勢(O-Jewel代表) モデレーター:ロジャー・マクドナルド(AIT)

第二回「買って遊ぼう!」 4月13日(水)14:00-15:30
会場:日本経済新聞社東京本社2F スペースニオ(東京都千代田区大手町1-3-7
登壇者:宮津大輔(現代アートコレクター)、金島隆弘(アートフェア東京エグゼクティブ・ティレクター) モデレーター:堀内奈穂子(AIT)

第三回「企業も遊ぼう!」 4月25日(水)19:00-20:30(予定)
会場:日本経済新聞社東京本社2F スペースニオ(東京都千代田区大手町1-3-7
登壇者:金島隆弘(アートフェア東京エグゼクティブ・ティレクター)、塩見有子(AIT)ほか


*お申込み方法は、日経HPからご確認下さい。(日経IDを取得後、ログインしてお申込みください)
*詳細は、アートフェア東京HP 関連イベントページをご確認下さい。


2013-2-21

AIT
MAD2016
AIT Staff Blog
twitter
facebook

mail magazine

Mail Magazine について
"AIT"のメールニュースを購読希望の方は以下のフォームより登録ください。MAD受講者は登録の必要はありません。

[購読申込] [購読解除]

Nissan Art Award 2017
東京事典
rabatokyo