English
Home  >  Future / Archives  >  DAIKANYAMA ART STREET + AIT ARTIST TALK #61

DAIKANYAMA ART STREET + AIT ARTIST TALK #61

「失速なき創造回路ー狩野哲郎、小泉明郎、西野達、丹羽良徳、森千裕ー」
5名のアーティストのミニ・トークと交流会

日時:8月22日(水)19:30-21:30 *開催時刻が変更となりました
会場:ヒルサイドフォーラム *要予約(定員50名)



左:西野達/「マーライオンホテル、The Merlion Hotel」/撮影:服部祐介
真中:丹羽良徳/「自分の所有物を街で購入する」(2011) /撮影: Tetsu Nakahori/(c) Yoshinori Niwa Courtesy of Ai Kowada Gallery
右:小泉明郎/"The Chair"/single channel video installation, 3min36sec/2001

 

アーティストの創造回路に触れ、会話とドリンクを楽しむ夏の夜!!
AITでは、8月22日(水)の19:30から21:30まで、「DAIKANYAMA ART STREET」の関連イベントとして、ヒルサイドフォーラムにて、展覧会参加アーティストによるミニトークと交流会「AIT ARTIST TALK# 61」を開催します。

「DAIKANYAMA ART STREET」は、8月20日から8月26日まで、代官山の旧山手通り周辺の多数の会場で約1週間開催されるイベントです。『Not Authority, But Art〜常識に尻を向けろ。』をテーマに、会期中、現代アートをはじめとして、映画、音楽など、さまざまなジャンルが一堂に会します。 その一環として開催される展覧会は、コレクターの吉野誠一氏とギャラリストの小山登美夫氏によりディレクションされ、現在注目を集める17名のアーティストによる作品が展示される予定です。

本トークのゲストには、展覧会の参加アーティストの中から5名を招き、出品作品やその裏側にある思考に迫ります。

網や果物などを配した空間に鳥や植物を誘い込み、人間以外の視点による複数の世界認識を浮かび上がらせる狩野哲郎をはじめ、出兵する若き日本兵などの映像作品を通し、演出する作家と演じる役者の関係性を撹乱する小泉明郎。
資本主義社会の中でモノを所有することの可笑しさを遊びのようなパフォーマンスを通して映し出す丹羽良徳。
教会の風見鶏やシンガポールのマーライオンなど、公共のモニュメントを取り囲んで部屋を建築し、ホテルやリビングルームといったブライベート空間を出現させる西野達。
一見無秩序に見えるペインティングを通して、世の中のルールや価値観への違和感を描きだす森千裕など、私たちが普段「こうであろう」と信じて疑わない出来事に対峙し、アイディアを立ち上げ、多彩な作品表現へと転換する5名のアーティスト。

当日は、対談形式のミニ・トークに続き、フードやドリンクを楽しみながら、アーティストと参加者が気軽にコミュニケーションを楽しめる交流会を行います。
当たり前と考えられていることを疑うアーティストの視点には私たちの身の回りで起きている社会的な変化を考える上で、多くのヒントが隠されているかもしれません。
アーティストの表現について身近に話を聞いてみたい方、直接意見交換をしてみたい方はぜひご参加ください。


[ 概要 ]
日時:2012年8月22日(水)19:30-21:30 *開催時刻が変更となりました
会場:ヒルサイドフォーラム(〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町18-8
定員:50名 *要予約
主催:NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]
アーティスト:狩野哲郎、小泉明郎、西野達、丹羽良徳、森千裕
モデレーター:堀内奈穂子(AIT)

参加費:いずれも1ドリンク+スナック代込み/税込み
(1) 一般:1,500円
(2)2012年MAD新規・継続お申し込みの方* 無料招待
*新規:9月開講の5コースのいずれか、あるいは10コマ以上のレクチャー・クーポンにお申し込みの方
*継続:MAD2012の前期をすでに受講中で、9月開講の5コースのいずれかにお申し込みの方
 └ 後期コースへのお申し込みが、本日以前でも特典対象となります。
(3)AITハウス・サポートメンバー 無料招待

DAIKANYAMA ART STREETの詳細はこちら→http://d-art-street.org
アーティストの略歴とポートレートはこちら→http://d-art-street.org/participant/

[ お申し込み方法 ]
(1)一般および(3)AITハウス・サポートメンバーの方:otoiawase@a-i-t.net宛てに(@を半角にして、お使いください)、タイトルを「AIT ARTIST TALK #61参加希望」とし、お名前(ふりがな)、参加の種別、ご連絡先を明記したお申込メールをお送りください。

(2)MAD新規・継続お申し込みの方:現代アートの学校MADのお申込みフォームより、ご希望のコースまたはクーポンを選択してオンライン申込手続きをお済ませください。その際、受講理由欄に「AIT ARTIST TALK #61参加希望」とご明記ください。折り返し、ご連絡いたします。
*今後、MADに新規または継続でお申し込みの方を対象とした特典を順次発表しますが、特典が適用となるのはお一人様につき1回までとなります。予めご了承ください。


2012-8- 6

AIT
MAD2016
AIT Staff Blog
twitter
facebook

mail magazine

Mail Magazine について
"AIT"のメールニュースを購読希望の方は以下のフォームより登録ください。MAD受講者は登録の必要はありません。

[購読申込] [購読解除]

Nissan Art Award 2017
東京事典
rabatokyo