English
Home  >  Future / Archives  >  MAD×森美術館「アラブ・エクスプレス展」

MAD×森美術館「アラブ・エクスプレス展」

アラブの現代アートから、アートの姿を考える
日時:8月3日(金)19:00-21:00 会場:代官山AITルーム
   8月4日(土)10:30-12:30 会場:森美術館
*要予約 *参考資料付き 


120619Arab

「アラブ・エクスプレス展:アラブ美術の今を知る」展示風景 森美術館 Photo: Kioku Keizo




現在、森美術館で開催中の、アラブ美術の今を網羅的に紹介する展覧会「アラブ・エクスプレス展:アラブ美術の今を知る」。34組の作家による約80点にもおよぶ作品を通してアラブの現代アートの多様な表現を紹介する、初の展覧会となります。

このほど、NPO法人AIT(エイト)は、森美術館の協力で、「アラブ・エクスプレス展」を読み解きながら、現代アートとグローバルな政治文化状況の関係を考える特別レクチャーを開催します。宗教と政治が複雑に絡み合う状況や、紛争、女性の社会的地位、オイルマネーなど、「アラブ」の情報はマスメディアを通して、私たちの目や耳に日常的に入ってきます。しかし、いざ本展のアーティストが表わす生活環境や社会状況、歴史文化を理解しようとすると、私たちがふだん触れているイメージや言葉は表層的なものに過ぎず、そうしたステレオタイプを通してそれを眺めていることにも気づきます。

本レクチャーでは、ゲストに、本展の企画制作に関わった森美術館アソシエイト・キュレーターの近藤健一氏を迎え、マスメディアでは伝えきれないアラブの多様性や、そうした状況と現代アートのつながりだけではなく、アラブの政治文化状況と震災の余波で不安定になっている私たちの生活文化のあいだで共有できる視点や課題を紹介し、受講生の皆さんとディスカッションをしながら、自分の視点で本展の作品の数々を捉え直すことを試みます。

アラブとアラブ美術を解体したあとに浮かび上がるアートの姿、そしてそれが私たちに問いかけるものを考えてみませんか。


8月3日(金)19:00-21:00 会場:代官山AITルーム *参考資料付き
「アラブの春」を実現させたエジプトも、世界一背の高いビル「ブルジュ・ハリファ」があるドバイも「アラブ」。この時間は「アラブ」とは何かという大きな問いからはじめ、展覧会の調査研究をとおして明らかになってきたその多様性とアートの関係を読み解いてゆきます。後半は、アラブ社会とアートの関係から私たちが暮らす社会状況の課題を共有し、ディスカッションを行います。

8月4日(土)10:30-12:30 会場:森美術館
前半は、「アラブ・エクスプレス展」の会場を歩きながら、一つに集約されることのないアラブの表象を解説しつつ、折に触れアーティストの声なども紹介します。後半は、森美術館の会議室に移り、アラブとアートの複雑ながらも豊かな関係を「身体」や「抑圧」、「歴史」などのキーワードをとおして政治文化状況とアートの関係についてディスカッションし、理解を深めます。


[ 概要 ]
日時:8月3日(金)19:00-21:00 会場:代官山AITルーム [MAP]
   8月4日(土)10:30-12:30 会場:森美術館(東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー53F
定員:20名(先着順)
参加費:(1)一般                  ¥6,825(税込/展覧会入場料込み)
    (2)森美術館MAMCメンバー         ¥5,250(税込/展覧会入場料込み)
    (3)2012年MAD新規・継続お申し込みの方*   ¥5,250(税込/展覧会入場料込み)
     *新規:9月開講の5コースのいずれか、あるいは10コマ以上のレクチャー・クーポンにお申し込みの方
     *継続:MAD2012の前期をすでに受講中で、9月開講の5コースのいずれかにお申し込みの方

申込締切:7月27日(金) 8月2日(木)*締切延長しました!
主催:NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]
協力:森美術館


[ お申し込み方法 ]
(1)一般および(2)森美術館MAMCメンバーの方:件名を「MAD×アラブ・エクスプレス 参加希望」とし、「1.氏名(ふりがな)、2.ご連絡先、3.参加の種別(一般/森美術館MAMCメンバー)」を記載したメールをmad@a-i-t.net(@を半角にして、お使いください)までお送りください。折り返し、参加費の振込先などの詳細をお送りいたします。
*MAMCメンバーの方は、メンバーカード裏面に記載の8ケタの会員番号(5000xxxx)を氏名と共にに明記してください。

(3)MAD新規・継続お申し込みの方:現代アートの学校MADのお申込みフォームより、ご希望のコースまたはクーポンを選択してオンライン申込手続きをお済ませください。その際、受講理由欄に「MAD×アラブ・エクスプレス 参加希望」とご明記ください。折り返し、参加費の振込先やMADについての詳細をお送りいたします。
*今後、MADに新規または継続でお申し込みの方を対象とした特典を順次発表しますが、特典が適用となるのはお一人様につき1回までとなります。予めご了承ください。



[ 講師 略歴 ]

近藤健一(森美術館 アソシエイト・キュレーター)

image.jpg

1969年生まれ。ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ美術史修士課程修了。2003年より森美術館に勤務、「MAMプロジェクト009:小泉明郎」展(2009)を企画した他、「英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展」(2008)、「六本木クロッシング2010展」(2010)を共同企画。「アラブ・エクスプレス展」(2012)では、森美術館館長の南條史生氏と共に本展の企画を担当。そのほか、2010年には、ローマの非営利ギャラリー、サラ・ウノで若手日本人のビデオアート展「Re-framing the Everyday」を企画。



小澤慶介(AIT)

Kozawa.jpg

1971年生まれ。ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ美術史修士課程修了。ビデオアートのグループ展「paradise views 楽園の果て」(2004)、「dreaming bodies 夢みる身体」(2005)などを企画。AITでは、MADのカリキュラム編成を行うほか、実験的な美術館プロジェクト「16時間美術館」(2007)や「おきなわ時間美術館」(2007)、またアートの実践をとおして環境を考える「環境・術」(2008)などの企画・制作指揮を行う。女子美術大学非常勤講師、慶應義塾大学非常勤講師を兼任。

2012-7-10

AIT
MAD2016
AIT Staff Blog
twitter
facebook

mail magazine

Mail Magazine について
"AIT"のメールニュースを購読希望の方は以下のフォームより登録ください。MAD受講者は登録の必要はありません。

[購読申込] [購読解除]

Nissan Art Award 2017
東京事典
rabatokyo