English
Home  >  Residency  >  Artist

シャルロット・マーカス

>>> English

シャルロット・マーカス / Charlott Markus
(スウェーデン生まれ、アムステルダム、オランダ在住)


©Marlise Steeman


シャルロット・マーカスは展示空間に合わせて写真を用い、インスタレーションを構成する。それは「静物画の延長」とも捉えられ、そこに新たな語りを加えることで可能性と限界を探るものである。写真や絵画、彫刻の境界線に余白を生み出すマーカスの創作空間は、それぞれが絡み拡大しながら全体性が考察され、空間や色、形だけではなく、関係性や構造についても間接的に言及するものである。

マーカスはヘリット・リートフェルト・アカデミーにて写真を学び、卒業後はオランダ国内外で数々の展覧会に参加。これまでの個展に「Markus&I」(Weekender Trailer Show、Unseen Photo Fair、アムステルダム、2014)、「Live at: Matter of Gradation」(Intelligentsia Gallery, 北京、2015)、「Solitaire」(Probe Project Space、アムステルダム、2017)がある。グループ展には「Collective Thinking, For Freedoms」(Aperture Foundation、ニューヨーク、2017)、「Who are we again?」(Arti et Amicitiae, Amsterdam, 2018)がある。

2019年1月からのレジデンス滞在では、日本のテキスタイルや伝統、現代の日常生活における歴史とシンボリズムについて、新たな視座を探求しリサーチを深める。
ウェブサイト



滞在期間:2018年1月9日 - 4月4日
助成機関: Mondriaan Fonds

2019-1- 9

サラ・オウハッドウ

>>> English

サラ・オウハッドウ / Sara Ouhaddou
(1986年フランス・パリ生まれ、在住)




サラ・オウハッドウは、モロッコの伝統的な家系に生まれる。パリ装飾美術学校卒。モロッコとフランス両国の文化背景を持ち、そうしたアイデンティティが、伝統の変容への関心と文化と人類学の継続的な対話を主題とする自身の創作活動に繋がっている。モロッコに伝わる古くからの文化芸術と現代アートの関係性を探り、現代の視点から忘れ去られる文化の新たな位置づけを試みている。

これまでアラブ芸術文化振興基金のほかOne Percent Contemporary Art NYCなどに助成を受けて"Little Syria Project"を行うなど、国外での活動も目覚ましい。 さらに、モロッコにあるアート・スペース L'appartement 22にてアーティスト・イン・レジデンスを経験したほか、2015年にはアート・ジャミールのサポートを受けてニューヨークのThe International Studio & Curatorial Program (ISCP)にも滞在している。

過去の展覧会に「Islamic? Art Festival 」(シャルジャ美術館、アラブ首長国連邦、2017)、「Crafts Becomes Modern!」(デッサウ・バウハウス、ドイツ、2017)、「Lettres ouvertes」(イスラム文化財団、フランス、2017-18)、「Marrakesh Biennale」(モロッコ、2016)などがある。個展として「IMPRESSION//IMPRESSION」(モロッコ、2016)、「Wasalnalilio/On en set arrive là」(ポラリス・ギャラリー、フランス、2017)など。

ウェブサイト






滞在期間:2018年1月15日 - 3月12日
助成:平成29年度 文化庁 アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業
イベント:RADIO RABATOKYO ライブ・ストリーミング
日程:2018年3月2日(金)18:30 - 19:30(17:30 開場)
会場:SodaCCO

2018-1-23

ジャクソン・スプラーグ

>>> English

ジャクソン・スプラーグ / Jackson Sprague
(1982年 イギリス・デヴォン生まれ、ロンドン在住)




スプラーグは、自身の家からスタジオへ行く道のりで見つけた捨てられたボール紙など、普段の生活と行動の中にある日常の出来事を彫刻作品として展開している。生活の中のものがストリートからギャラリーへと置き換えられることで、時に、ギャラリーのスタッフが定期的に花瓶の花や水を替えることを迫られたり、ものの特定のスケールや文章、あるいは肉体的、自叙伝的なシンボリズムを推測させることで、鑑賞者に身体的かつ感情的な繋がりを迫るような作品を制作している。スプラーグの作品は、美学と機能性、彫刻と絵画、あるいは永続的なものと短命的なものの緊張関係を扱っている。それは時として、家の間仕切りが絵画になり、壁に掛けられた絵画が同時に石膏で象られた彫刻であったり、色が塗られたボール紙が陶芸作品であるといった方法で表現される。物理的かつ心理的な関係性のこうした曖昧性が、スプラーグの表現の特徴である。
ゴールドスミス大学と、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートで学び、これまでにパリのCité Internationale des Arts でレジデンス・プログラムに参加。近年の展覧会には、" La memoir en las manis" (2016, Maisterravalbuena, Madrid)、"Rough Music" (2015, CASS Sculpture Foundation, チチェスター)、"Jackson Sprague: A House The size Of A Head" (2014, Cole Contemporary, ロンドン)、"Birdkeeping" (2012, PLAZAPLAZA, ロンドン)をはじめ、リバプール・ビエンナーレにも参加している。

ウェブサイト






滞在期間:2017年2月1日 - 3月15日
平成28年度 文化庁 アーティスト・イン・レジデンス活動支援事業
AIT ARTIST TALK #69:「Unknown Arts & Crafts - 無銘のアートと工芸」〜イギリスよりアーティストのエヴァ・マスターマン、ジャクソン・スプラーグを招いて〜
日時:2017年2月17日(金) 19:00-21:00 (18:30開場)
会場:代官山AITルーム *要予約/日英逐次通訳あり

2017-1-15