English
Home  >  Residency  >  Artist

アーガオ(ErGao)

>>> English

アーガオ / ErGao
(広州生まれ、同市在住)


ErGao, Courtesy of the artist


ダンス、映像、インスタレーションなど、さまざまなメディアと実験的な手法を用いながらダンサー、振付家として活動。2001年、広州の広東歌劇学校を卒業後、広東舞踏学校にてコンテンポラリーダンスを学ぶ。2006年には、奨学生として香港の演芸学院を卒業。
2007年、自身のスタジオとしてErGao Dance Production Group (EDPG) を広州に設立し、シアターダンス、ダンスフィルム、コミュニティでの創作と教育を中心に継続的な活動を行っている。身体を最も重要なメディウムとして、中国国内における社会、文化的アイデンティティ、ジェンダーなどの題目に触れる作品を生み出している。

これまで、Rubatu Tanz Company、Angie Hiesl and Roland Kaiser (ともにドイツ)、Living Dance Studio(中国)、 Limitrof Company(フランス)、Emio Greco | PC(オランダ)など国際的なダンスカンパニーとの共同制作をはじめ、Ibsen International(ノルウェー)、 Fabbrica Europa(イタリア)、Hong Kong Arts Festival、Hong Kong Jumping Frames Dance Film Festival(ともに香港)、Guangdong Modern Dance Festival、Guangdong Modern Dance Company、Guangdong Times Museum(すべて広州)、DPAC Dance Company(マレーシア)、Shanghai Ming Contemporary Art Museum (中国)など、欧州からアジアまで数多くの会場で開催されたフェスティバルやイベントに参加。2019年、スイスアーツカウンシルの招きにより、Pro Helvetiaでアーティスト・イン・レジデンスプログラムに参加している。2015年、ドイツの放送メディア団体Deutsche Welleは、アーガオを「中国におけるコンテンポラリーダンサーの新星」と評した。

日本では、東京(AIT)と北海道浦河町(べてるの家)を横断しながら、両地でさまざまなワークショップを予定しているほか、参加者やコミュニティの当事者とメンバーにインタビューを行い、即興のダンスを構想している。
ウェブサイト



滞在期間:2020年1月14日 - 2月29日
助成:平成31年度 文化庁 アーティスト・イン・レジデンス活動支援事業

2020-1-14

「アート、精神、コミュニティ in 東京 / 北海道」ダンサー ErGaoを選出!




AIT(東京)ー 時代美術館(中国・広州)ー べてるの家(北海道・浦河)による協働レジデンスプログラム
「アート、精神、コミュニティ in 東京 / 北海道」
公募により選出した中国広州市在住のアーティスト/ダンサー ErGao(アーガオ)が参加!

2020年1月 - 2月まで日本に滞在

ErGao
ErGao, courtesy of the artist

AITでは、2020年1月から2月にかけて、中国広東省広州市にある時代美術館(Times Museum)と、精神障害等をかかえた当事者の地域活動拠点として北海道浦河町で活動する「べてるの家」との連携により、アートと精神、コミュニティについて考察するアーティスト・イン・レジデンスプログラムを実施します。
これに先立ち、時代美術館によるアーティストの公募が行われ、50人(組)を超える応募の中から、アーティスト/ダンサー であるErGao(アーガオ)を選出しました。

広州市を活動拠点とするErGaoは、自身のダンスカンパニー/スタジオ「二高表演」を主宰し、これまで、主にワークショップを通して多様な参加者と行う身体表現を追求してきました。その根底には、即興的な動きに社会的・文化的な背景や規律がいかに表れるか、彼の関心が横たわります。
6週間に渡る日本の滞在は、東京(AIT)と北海道浦河町(べてるの家)を横断しながら、両地でさまざまなワークショップ参加者やコミュニティの当事者とメンバーにインタビューを行い、即興のダンスを構想します。また、胸に装着した小型カメラでインタビューの様子やワークショップをドキュメントすることにより、予測不可能な身体と表情の微動をも捉え、そのプロセスの保存を試みます。

国内外において複数の地点を結ぶこのようなレジデンスプログラムは、ケアやウェルビーイング、工芸、美術史と現代のアーティストによる表現など、「ホリスティック=よりよく生きること」への継続的な関心と、そこから浮かび上がる社会課題を考察する実践の場です。

滞在中には、日本での経験を共有するアーティストトークを行うほか、べてるの家との共同企画によるイベントも両地で予定しています。AITのホームページやSNS、メールニュースにて随時ご案内します。

2019-11-25

フローレンス・ドワイヤー

>>> English

フローレンス・ドワイヤー / Florence Dwyer
(1992年ロンドン生まれ、グラスゴー在住)



スコットランド美術学校卒業。フローレンス・ドワイヤーの作品には陶器やテキスタイル、家具などが用いられ、その造形から制作過程、生活道具として使われるプロセスに潜む力学に向けたリサーチが創作の源となっている。 暮らしの中にみられるデザインとさまざまな生活様式に添いながら、特に工芸、産業や労働者の慣習への視点と日常生活の関係性や歴史を紐解くフローレンスの手法は、1940年代から使われなくなったまま保存されているグラスゴーのThe Tenement House Museumが行うアーティスト・イン・レジデンスプログラムでも用いられた。滞在中は、使い残された石けんや着古された衣服など数々のアーカイヴ品に滲む生活の痕跡を辿っている。加えて、周囲へのインタビューでは「家」にまつわる会話を重ねることで居住者の個人史を浮かび上がらせ、モノや素材の起源から建物への繋がりまでを大きく内包する自身への創作に結実させている。
これまでの展覧会に「I remain Yours」(The Tenement House, Glasgow, 2018)、「Village College」(The Lighthouse Glasgow, 2018)、「Reel Meal」(David Dale Gallery Garden, 2017)など。2018年「Inches Carr Craft Award」、2017-18年「Glasgow Life Visual Arts and Crafts Mentoring Award」受賞。

2019年1月からのレジデンス滞在中は、これまでの方法論をもとに、東京と佐賀県有田町を中心に「家」を訪問してリサーチを行う。江戸時代にみられる長屋を端に現在の居住空間 − 過密した空間における − コミュニティの醸成と、生活用品や工芸品がどのように時代を越えて空間に溶け込んでいるのか探求する。
ウェブサイト




滞在期間:2019年1月9日 - 3月19日
助成:平成30年度 文化庁 アーティスト・イン・レジデンス活動支援事業
イベント:ワークショップ
日程:2019年2月19日(火)11:00 - 17:00
会場:佐賀大学有田キャンパス
イベント:AIT ARTIST TALK #76 「Greenware」〜スコットランド グラスゴーよりアーティストのフローレンス・ドワイヤーを迎えて〜
日程:2019年3月20日(水)19:00 - 20:30
会場:OLDHAUS(東京都渋谷区)

レジデンスプログラム|レポート&インタビュー:Download (PDF/1.4MB) Edited by Ben Davis
滞在に関する記事:RealTokyo Culture Review Site: AIT ARTIST TALK #76 「Greenware」

2019-1- 9

サラ・オウハッドウ

>>> English

サラ・オウハッドウ / Sara Ouhaddou
(1986年フランス・パリ生まれ、在住)




サラ・オウハッドウは、モロッコの伝統的な家系に生まれる。パリ装飾美術学校卒。モロッコとフランス両国の文化背景を持ち、そうしたアイデンティティが、伝統の変容への関心と文化と人類学の継続的な対話を主題とする自身の創作活動に繋がっている。モロッコに伝わる古くからの文化芸術と現代アートの関係性を探り、現代の視点から忘れ去られる文化の新たな位置づけを試みている。

これまでアラブ芸術文化振興基金のほかOne Percent Contemporary Art NYCなどに助成を受けて"Little Syria Project"を行うなど、国外での活動も目覚ましい。 さらに、モロッコにあるアート・スペース L'appartement 22にてアーティスト・イン・レジデンスを経験したほか、2015年にはアート・ジャミールのサポートを受けてニューヨークのThe International Studio & Curatorial Program (ISCP)にも滞在している。

過去の展覧会に「Islamic? Art Festival 」(シャルジャ美術館、アラブ首長国連邦、2017)、「Crafts Becomes Modern!」(デッサウ・バウハウス、ドイツ、2017)、「Lettres ouvertes」(イスラム文化財団、フランス、2017-18)、「Marrakesh Biennale」(モロッコ、2016)などがある。個展として「IMPRESSION//IMPRESSION」(モロッコ、2016)、「Wasalnalilio/On en set arrive là」(ポラリス・ギャラリー、フランス、2017)など。

ウェブサイト






滞在期間:2018年1月15日 - 3月12日
助成:平成29年度 文化庁 アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業
イベント:RADIO RABATOKYO ライブ・ストリーミング
日程:2018年3月2日(金)18:30 - 19:30(17:30 開場)
会場:SodaCCO

2018-1-23

ジャクソン・スプラーグ

>>> English

ジャクソン・スプラーグ / Jackson Sprague
(1982年 イギリス・デヴォン生まれ、ロンドン在住)




スプラーグは、自身の家からスタジオへ行く道のりで見つけた捨てられたボール紙など、普段の生活と行動の中にある日常の出来事を彫刻作品として展開している。生活の中のものがストリートからギャラリーへと置き換えられることで、時に、ギャラリーのスタッフが定期的に花瓶の花や水を替えることを迫られたり、ものの特定のスケールや文章、あるいは肉体的、自叙伝的なシンボリズムを推測させることで、鑑賞者に身体的かつ感情的な繋がりを迫るような作品を制作している。スプラーグの作品は、美学と機能性、彫刻と絵画、あるいは永続的なものと短命的なものの緊張関係を扱っている。それは時として、家の間仕切りが絵画になり、壁に掛けられた絵画が同時に石膏で象られた彫刻であったり、色が塗られたボール紙が陶芸作品であるといった方法で表現される。物理的かつ心理的な関係性のこうした曖昧性が、スプラーグの表現の特徴である。
ゴールドスミス大学と、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートで学び、これまでにパリのCité Internationale des Arts でレジデンス・プログラムに参加。近年の展覧会には、" La memoir en las manis" (2016, Maisterravalbuena, Madrid)、"Rough Music" (2015, CASS Sculpture Foundation, チチェスター)、"Jackson Sprague: A House The size Of A Head" (2014, Cole Contemporary, ロンドン)、"Birdkeeping" (2012, PLAZAPLAZA, ロンドン)をはじめ、リバプール・ビエンナーレにも参加している。

ウェブサイト






滞在期間:2017年2月1日 - 3月15日
平成28年度 文化庁 アーティスト・イン・レジデンス活動支援事業
AIT ARTIST TALK #69:「Unknown Arts & Crafts - 無銘のアートと工芸」〜イギリスよりアーティストのエヴァ・マスターマン、ジャクソン・スプラーグを招いて〜
日時:2017年2月17日(金) 19:00-21:00 (18:30開場)
会場:代官山AITルーム *要予約/日英逐次通訳あり

レジデンスプログラム|レポート:Download (PDF/2.1MB)

2017-1-15