English
Home  >  Projects  >  日産アートアワード

日産アートアワード2017


ファイナリストの5名が決定
http://www.nissan-global.com/JP/CITIZENSHIP/NAA/

NAA2017
左から:題府基之、藤井光、石川竜一、田村友一郎 、横山奈美
 



AITでは、日産自動車株式会社が主催する「日産アートアワード2017」の企画・運営事務局として関わっています。
「日産アートアワード」は、才能ある日本人アーティストをグローバルな視点で選抜し、海外のアートシーンでプレゼンスを高めることを後押しすると共に、日本現代美術の軌跡を後世に残し、人々がアートに親しむ社会作りを目的に、隔年で開催される現代美術のアワードです。現代社会を瑞々しい感性で鋭く見抜き、特に過去2年間の活躍が目覚ましかったアーティストに贈られます。また、本アワードを継続し、日産自動車が作品を蒐集することで、国際アートシーンにおける日本現代美術の参照点となることを目指しています。

第3回目となる今回は、日本人アーティストの活動を国内外の視点で捉えてきたキュレーターや研究者、NPOなど異なる背景を持つ10名が、それぞれ候補となるアーティスト3名をノミネートしました。その後、2017年5月、第一次選考を行い、世界を拠点に活動する美術関係者5名からなる審査委員会により、25名の候補者から5名をファイナリストとして選出しました。

9月16日より、BankART studio NYK 2Fにて開催される展覧会での作品展示と最終審査を経て、グランプリ受賞者が決定します。 また、今回のグランプリ受賞者には、その後のアーティストの活動が海外のアートシーンに直接のつながりを持ち、さらなる飛躍の契機となることを期待し、賞金に加えて、1994年にアメリカ・ニューヨークに設立された「インターナショナル・スタジオ&キュラトリアルプログラム(ISCP)」の協力を得ながら、3ヶ月間にわたるニューヨーク滞在の機会を提供します。

展覧会では、9月16日(土)から11月5日(日)まで、ファイナリスト5名による新作を含む作品が展示され、展覧会期間中に、グランプリ受賞のほかに、来場者からの投票により選出されるオーディエンス賞が発表されます。

展覧会は入場無料ですので、お気軽にご来場ください。みなさまのお越しをお待ちしております。

日産アートアワードの詳細については、こちら>>
展覧会&関連イベント情報はこちら>>

2017-9- 8

日産アートアワード2015


グランプリは毛利悠子氏、オーディエンス賞は久門剛史氏が受賞!
http://www.nissan-global.com/JP/CITIZENSHIP/NAA/

NAA2015
左上から:秋山さやか《「あるく 私の生活形 東京駅~相模大野~日本橋~東京駅2012年 7月19日/ 7月25日, 26日, 27日, 30日, 8月8日,13日/ 8月22日~9月7日」》(部分) 2012年 撮影:Hideto NAGATSUKA 久門剛史《Quantize #3》2015年 撮影:来田猛/ 石田尚志《燃える椅子》2013年 ©2013 Takashi Ishida/ 岩崎貴宏《Out of Disorder (Cony Island)》2012年 © Takahiro Iwasaki、Coutesy of ARATANIURANO
左下から:ミヤギフトシ《Notes from the South》2015年 撮影:田村友一郎/ 毛利悠子《I/O──ある作曲家の部屋》 2014年 撮影:田中雄一郎(提供:横浜トリエンナーレ組織委員会)/ 米田知子《菊》(「積雲」シリーズより)2011年© Tomoko Yoneda, Courtesy ShugoArts/ 日産アートアワード2015ロゴ

 



AITでは、日産自動車株式会社が主催する「日産アートアワード2015」の企画・運営事務局として関わっています。
「日産アートアワード」は、才能ある日本人アーティストをグローバルな視点で選抜し、アートシーンでプレゼンスを高めることを後押しすると共に、日本現代美術の軌跡を後世に残し、人々がアートに親しむ社会作りを目的に、隔年で開催される現代美術のアワードで、2013年からはじまりました。

2回目となる今回は、アートプロフェッショナルにより推薦された33名のアーティストの中から、国際審査委員がファイナリスト7名を選出しました。
その後、BankART studio NYKにて開催される展覧会での作品展示と最終審査を経て、グランプリ受賞者が決定します。今回のグランプリ受賞者には、その後のアーティストの活動が海外のアートシーンに直接のつながりを持ち、さらなる飛躍の契機となることを期待し、賞金に加えて、ロンドンの歴史あるアートセンター「カムデン・アーツ・センター」の協力を得ながら、2ヶ月間にわたるロンドン滞在の機会を提供します。

展覧会では、11月14日(土)から12月27日(日)まで、ファイナリスト7名による新作を含む作品が展示され、展覧会期間中に、グランプリ受賞のほかに、来場者からの投票により選出されるオーディエンス賞が発表されます。

AIT HPでも、展覧会情報や関連イベントのご案内など、随時お知らせします。展覧会は入場無料ですので、お気軽にご来場ください。みなさまのお越しをお待ちしております。

2015-7- 1