English
Home  >  Projects  >  第14回 ART IN THE OFFICE 2021 公募内容

第14回 ART IN THE OFFICE 2021 公募内容


【平面作品案 募集】
変化の時代のいまだからこそ、あなたの挑戦を応援します

- 応募エントリー(WEB)締切:2021年3月15日(月)
- 書類提出期限:4月5日(月)


<受賞者サポート内容>
・賞金50万円、制作・素材・設置費10万円
・マネックスのウェブサイト、AITウェブサイト、プレスリリースやメールマガジンにおける展示紹介
・マネックスの統合報告書への掲載やオリジナルノベルティの制作

AIO2021

新型コロナウイルス感染症の状況により、内容およびスケジュールに一部変更等が生じる可能性があることを予めご了承ください。その場合は、受賞者と共に最善の方法を検討し、実施する予定です。




1. 実施概要2. 応募要項3. 応募エントリー方法4. 応募書類の提出方法5. 審査結果のお知らせ6. 審査員プロフィール7. これまでの受賞アーティスト8. お問い合わせ先




[ ART IN THE OFFICEとは? ]
ART IN THE OFFICEは、現代アートの分野で活動する新進気鋭のアーティストをサポートする公募プログラムで、今年で14回目を迎えます。現代アートが未開拓の表現を追求し、社会の様々な問題を提起する姿勢に共感し、「マネックスを通じて、現代アートアーティストの作品を支援する場づくりをしたい」との想いから、2008年にART IN THE OFFICEは生まれました。

平面作品の展示プランを募集し、受賞アーティストの作品をマネックスグループ株式会社(以下「マネックス」)のプレスルームに約1年間展示します。審査は、アート界とビジネス界、それぞれの分野の第一線で活躍するプロフェッショナル5名によって行われます。受賞者には、賞金を授与し制作費を支給します。

滞在制作および展示を行うプレスルームは、各種取材対応や重要な会議が行われる場所で、メディアを通して作品が紹介されることもあります。制作期間中の社員との交流は、自分の作品をいつもとは違う角度から捉えるきっかけともなるでしょう。作品完成後には、ギャラリストやキュレーター、コレクターを招いたイベントを行うため、アート界のネットワークを広げることも可能です。
設立当初より次代の金融ビジネスのあり方を模索してきたマネックスのオフィスで、あなた自身も新たな表現に挑戦してみませんか。

※本プログラムは、2012年にプログラムの創造性の高さが評価され、公益財団法人日本デザイン振興会(JDP)が主催する「2012年度グッドデザイン賞」(Gマーク)を受賞しています。 また、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 代表取締役社長兼CEOの増田宗昭氏が2011年にゲスト審査員をつとめたことをきっかけに本プログラムに共感し、2012年よりArt in the office CCC AWARDSを設立。2013年には、株式会社ジンズホールディングス 代表取締役CEOの田中仁氏がゲスト審査員をつとめたことを機にJINS ART PROJECTをスタートさせる等、活動の輪は広がりを見せています。




1. 実施概要
主  催:マネックスグループ株式会社
運営協力:NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]
審査委員(敬称略・五十音順):
    青木彬(インディペンデント・キュレーター)
    荒木夏実(東京藝術大学准教授、キュレーター)
    塩見有子(NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]理事長)
    中野信子(脳科学者、医学博士、認知科学者、東日本国際大学教授)
    松本大(マネックスグループ株式会社代表執行役社長CEO)

[ 受賞者サポート内容 ]
・賞金50万円、制作・素材・設置費10万円
・マネックスとAITのウェブサイト、プレスリリースやメールマガジンにおける展示紹介
・マネックスの統合報告書への掲載やオリジナルノベルティの制作

[ スケジュール ]

1. 応募エントリー
 WEBのみ

2月8日(月)- 3月15日(月)11:59 PM

2. 書類提出

2月8日(月)- 4月5日(月)11:59 PM

3. 審査会

5月

4. 受賞者発表

6月上旬
受賞者には、5月中にご連絡いたします。審査結果に関するお問い合わせにはお答えしかねますので、予めご了承ください。

5. 滞在制作・作品設置

7月 (最長で約2週間) オフィスでの滞在制作は、(5営業日以上)必須
制作期間中、マネックスのオフィスでのミニトークやワークショップなど、社員との交流の機会を設けます。
※滞在制作、上記イベントについては、新型コロナウィルス等の状況により変更有
※完成作品に関連した小作品(リサイズあるいは再構成した作品、サイズ:縦横70cm以内)を制作、寄贈いただきます。

6. イベント

9月(予定)
ギャラリストやキュレーター、コレクター等を招いた作品お披露目イベントを開催。また、来場者には、作品をモチーフとしたマネックスのオリジナルノベルティを贈呈します。

7. 展示の撤収

2022年5月(予定)




[ 応募エントリーから書類提出までのフロー ]

AIO2021_flow




2. 応募要項

[ 対象 ]
現代アートの分野で活動するアーティスト(学生可)

[ 内容 ]
プレスルームの壁(縦169cm × 横870 cm、湾曲)に展示する平面作品案(写真、ドローイング、油彩、水彩など)※旧作は不可

マネックス本社プレスルーム
マネックスのプレスルームとレイアウト図(クリックすると拡大表示されます)

[ 作品点数 ]
1人(組)、1作品

[ 審査基準 ]
・企業のプレスルームという空間の特徴(取材・撮影や社内外の重要な会議が行われること、滞在制作中にマネックスの社員との交流が想定されること等)を踏まえ、独自性・先駆性があること。
・「一歩先の未来の金融の創造」というマネックスの企業理念を考慮したもの(金融を作品のテーマに用いる必要性はありません)。

[ 応募条件 ]
・新作1点のみ(複数の提案不可)。旧作や他の公募展で入賞した作品は不可。
・立体、インスタレーション不可。
・作品がプレスルームの壁面に収まること(壁のサイズ:縦169cm × 横870 cm、湾曲)。
・プレスルームの以下の環境・条件に合意できること。
 L 平時、会議室・応接室として使用するため、人が頻繁に出入りします。
 L 美術館やギャラリーのような温度・湿度管理の行き届いた環境は提供できません。
・約1年間、プレスルームでの展示に耐えうる作品であること(展示期間:2022年5月までを予定)。
 L 制作期間中に大きな音を発する作品および制作中・制作後に臭気を発する作品など、マネックスの業務に支障があると判断される作品は不可となります。
 L 剥離や凋落が予想される作品は審査の段階で展示が難しいと判断される可能性があります。
 L 作品は、受賞者ご自身で設置頂きます。
・社員向けイベントおよび完成作品撮影日を含めて、5営業日以上の滞在制作が可能であること(海外在住アーティスト含む)。なお、新型コロナウイルス感染症の状況によって、社員向けイベントはオンライン化、また滞在制作の日数は変更の可能性があります。
・9月開催予定の作品お披露目イベントに参加が可能であること(新型コロナウイルス感染症の状況によって、人数の制限を設けるなど、一部内容が変更の可能性があります)。
・完成作品に関連した小作品(リサイズあるいは再構成した作品 / サイズ:縦横70cm以内)を展示期間終了後までにマネックスに寄贈可能であること。
 L 9月開催予定のレセプション時に、滞在制作した作品と一緒に展示することも可能です。
 L 寄贈後、マネックスのアート・コレクションとして収蔵し、社内に展示します。
・制作およびイベントなどに関わる交通費は、受賞者の負担となります。

[ 所有権および著作権の扱い ]
・完成作品の所有権および著作権は、受賞者に帰属するものとします。
・受賞者は、主催者に対し、完成作品の撮影、マネックスの統合報告書(年次事業報告書)やマネックスオリジナルノベルティ等への完成作品図版の掲載、広報目的での各種媒体への掲載など、完成作品を複製その他の利用する権利を無期限且つ無償で許諾するものとします。
・プレスルームでの展示期間が終了した後、完成作品は受賞者に返却します。
・詳細は、受賞者と主催者が別途取り交わす合意書又は契約書によるものとします。

[ 個人情報の取り扱いについて ]
個人情報は、応募書類の提出により、本プログラムの主催者であるマネックスおよび運営協力者であるNPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト](以下、AIT)に提供されます。お預かりした個人情報は、審査に関する作業に限り利用し、いかなる第三者にも提供いたしません。ただし、受賞者の氏名のほか受賞者と主催者/運営協力者との間で別途合意される情報については、本プログラムの性質上、公表されることをご了承ください。




3. 応募エントリー方法
以下URLより必要事項をご記入の上、エントリーください。
受付後、5営業日以内にotoiawase@a-i-t.net(AIT)より応募書類提出先のURL(Dropbox)ほか、提出書類に関する手引き等をお送りいたします。(書類提出期限:4/5[月])

メールが届かない等、ご質問がありましたら、下記お問い合わせまでご連絡ください。尚、審査に関するお問い合わせにはお答えしかねますので、予めご了承ください。


 https://ssl.form-mailer.jp/fms/ae5b5b71692183



[ 応募エントリー締切 ]
2021年3月15日(月)11:59PM




4. 応募書類の提出方法
応募書類のデータアップロードにはDropboxを利用します。Dropboxのアカウントをお持ちでない方も使用できます。
エントリー後、AITからお送りした指定のURLに、下記A)とB)の応募書類一式をzip形式に圧縮してアップロードしてください。

[ A. 応募用紙(フォーマット) ]
以下PDFもしくは、Excelのどちらかをご提出ください。内容は同じものです。


 PDFダウンロードはこちらから(PDF / 70KB)

 Excelダウンロードはこちらから(Excel / 20KB)


 ・内容
 1. 応募者情報(学歴等)
 2. 作品コンセプト(作品のタイトル、コンセプト、具体的な内容):上限3ページまで
 3. 作品プラン(展示方法、素材、サイズ、制作スケジュールなどの具体的なプラン):上限3ページまで


[ B. ポートフォリオ ]
以下の仕様にあわせて、ご提出ください。
 ・サイズ:A4
 ・データの拡張子:PDF
 ・ページ:上限10ページまで
 ・内容:過去作品や展示風景の様子など、これまでの活動がわかる写真や画像のあるもの。形式は問いません。

[ 書類提出期限 ]
2021年4月5日(月)11:59PM

[ 注意事項 ]
応募書類の返却はいたしかねます。
応募書類は、全てデータのみのご提出となります。郵送での受付は行っておりませんので、ご注意ください。
・「A. 応募用紙」は、指定の枠内に、おさめてください。レイアウトの変更は行わないでください。
・「A. 応募用紙」の2.作品コンセプトと3.作品プランのページを増やしたい場合は、上限3ページまで可能です。
・「A. 応募用紙」の2.作品コンセプトと3.作品プランは、審査員に完成イメージがなるべく明確に伝わるよう、ドローイングや写真、グラフィック画像などでわかりやすく表現してください。
・滞在制作および展示方法等について、主催者と協議の上、調整させていただく場合があります。
・原則として、と著しくかけ離れた作品は制作することができません。
・必ず、上記「応募条件」と「所有権および著作権の扱いについて」をご確認の上、ご応募ください。
不備のあるものは審査対象となりませんのでご注意ください。




5. 審査結果のお知らせ
受賞者には、5月中にお電話にてご連絡いたします。
また、6月にマネックスとAITウェブページ上にて受賞者を発表予定です。
審査結果に関するお問い合わせにはお答えしかねますので、予めご了承ください。

なお、滞在制作・作品設置前に、受賞者には作品の具体的な制作および展示方法に関してマネックスにてご説明いただきます。
作業が問題なく進められることを双方で確認した後、マネックスと作品制作に関する合意書又は契約書を締結します。




6. 審査員プロフィール
審査は、アート界の第一線で活躍するアートの専門家3名と、ビジネス界のプロフェッショナル2名によって行われます。※以下敬称略、50音順


青木 彬(インディペンデント・キュレーター)

AOKI Akira
Photo by comuramai

1989年生まれ、東京都出身。首都大学東京インダストリアルアートコース卒業。アートを「よりよく生きるための術」と捉え、アーティストや企業、自治体と協同して様々なアートプロジェクトを企画している。これまでの主な企画展・プロジェクトに「ソーシャリー・エンゲイジド・アート展」(アーツ千代田 3331、2017年)、「黄金町バザール2017 Double Façade 他者と出会うための複数の方法」(横浜市、2017年)、社会的養護下ほか様々な環境にある子どもたちとアーティストを繋ぐ「dear Me」プロジェクト(AIT、2017年〜)、「KAC Curatorial Research Program vol.01「逡巡のための風景」(京都芸術センター、2019年)などがある。また、2019年よりアートと福祉、農業が交差する文化交流拠点「喫茶野ざらし」プロジェクトを立ち上げ、共同ディレクターとしても活動。


荒木 夏実(東京藝術大学准教授、キュレーター)

ARAKI Natsumi

慶應義塾大学文学部卒業、英国レスター大学ミュージアム・スタディーズ修了。三鷹芸術文化振興財団学芸員、森美術館キュレーターを経て2018年より現職。担当した展覧会「ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界」(2014年、森美術館)では、第26回倫雅美術奨励賞、第10回西洋美術振興財団学術賞を受賞。そのほか主な企画展に「ディン・Q・レ展:明日への記憶」(2015年)、「六本木クロッシング2016:僕の身体、あなたの声」(2016年、森美術館)、「彼女たちは歌う」(2020年、東京藝術大学美術館陳列館)などがある。


塩見 有子(NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]理事長)

Shiomi Yuko
Photo by Yukio Koshima

学習院大学法学部政治学科卒業後、イギリスのサザビーズインスティテュートオブアーツにて現代美術ディプロマコースを修了。帰国後、ナンジョウアンドアソシエイツにて国内外の展覧会やプロジェクトのコーディネート、コーポレートアートのコンサルタント、マネジメントを担当。2002年、仲間と共にNPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]を立ち上げ、代表に就任。AITでは、アーティストやキュレーター、ライターのためのレジデンス・プログラムや現代アートの教育プログラムMADを始動させたほか、メルセデス・ベンツやドイツ銀行、日産自動車ほかの企業とのアート・プログラムについて、企画やコンサルティング、マネジメントを行う。その他、財団や企業等の委員やアドバイザー、審査員などを務める。


中野 信子(脳科学者、医学博士、認知科学者、東日本国際大学教授)

NAKANO Nobuko

1998年東京大学工学部応用化学科卒業、2008年東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。2008年フランス国立研究所ニューロスピンにて博士研究員として勤務、2010年帰国。2013年東日本国際大学客員教授、横浜市立大学客員准教授就任、2015年東日本国際大学教授に就任。現在、脳や心理学をテーマに研究や執筆の活動を精力的に行っている。科学の視点から人間社会で起こりうる現象及び人物を読み解く語り口に定評がある。


松本 大(マネックスグループ株式会社代表執行役社長CEO)

OKI Matsumoto

1963年生まれ、埼玉県出身。1987年東京大学法学部卒業。 ソロモン・ブラザーズを経て、1990年ゴールドマン・サックス入社、30歳で当時同社最年少のジェネラル・パートナー就任。1999年、ソニー株式会社との共同出資でオンライン専業の株式会社マネックス(現マネックス証券株式会社)を設立。現在、マネックスグループ株式会社 取締役会長兼代表執行役社長 CEO、マネックス証券株式会社 取締役会長、コインチェック株式会社 取締役会長、TradeStation Group, Inc. 取締役会長。株式会社東京証券取引所の社外取締役を2008年から2013年まで務めたほか、数社の上場企業の社外取締役を歴任、現在、米マスターカード社外取締役、Human Rights Watch国際理事会副会長を務める。




7. これまでの受賞アーティスト
各アーティストの完成作品およびプロフィール等の詳細はマネックスウェブサイト内のART IN THE OFFICEページからご覧いただけます。

2020年度:宮内 裕賀(みやうち ゆか)

2019年度:吉田 桃子(よしだ ももこ)

2018年度:金子 未弥(かねこ みや)

2017年度:橋本 晶子(はしもと あきこ)

2016年度:菅 隆紀(すが たかのり)

2015年度:蓮沼 昌宏(はすぬま まさひろ)

2014年度:川内 理香子(かわうち りかこ)

2013年度:野原 万里絵(のはら まりえ)

2012年度:福士 朋子(ふくし ともこ)

2011年度:渡邊 トシフミ(わたなべ としふみ)※現在のアーティスト名:わたなべ としふみ

2010年度:中田 周作(なかた しゅうさく)※現在のアーティスト名:小磯 周作(こいそ しゅうさく)

2009年度:松本 力(まつもと ちから)

2008年度:坂口  恭平(さかぐち きょうへい)




8. お問い合わせ先
NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]
担当:大隈(おおくま)、藤井(ふじい)
メールアドレス:otoiawase@a-i-t.net
※ 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響により、AITは在宅勤務(リモートワーク)を実施しております。 ご不便・ご迷惑をお掛けし申し訳ございませんが、ご理解とご了承の程、よろしくお願いいたします。


マネックスグループ株式会社について

AIO_logo "MONEYのYの一歩先を行くMONEX": 現在、日本、米国、中国(含む香港)、オーストラリアにリテール向けのオンライン証券ビジネスの本拠地を持ち、また資産形成事業、投資教育、M&A、FX、仮想通貨交換業などさまざまな金融ニーズに応える、グローバルなオンライン金融グループです。


NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]について

AIT_logo キュレーターやアート・オーガナイザー6名が、現代アートと視覚文化を考えるための場作りを目的として2002年に設立した団体で、現代アートの学校やアーティスト・イン・レジデンス、展覧会やシンポジウムなどの企画制作事業を行っています。本プログラムでは、運営協力を行っています。



2021-2- 8