English
Home  >  Future / Archives  >  AIT Podcast vol.2:コレクティヴとは、宇宙意識、拡張する学び

AIT Podcast vol.2:コレクティヴとは、宇宙意識、拡張する学び




2018年3月17日(土)に開催されたイベント「オルタナティヴ・アートスクール・(チラシ)フェア vol.0」のミニ・トークを収録。

[ キーワードやURL ]
・アート・コレクティブ:単独ではなく、複数でチームを構成し、その集団的主体性をひとりのアーティストとする考え方が2010年代に一般化した。定義自体はまだ曖昧だが、アーティストがサバイブしていくための戦略とも考えられる。(『美術手帖』2018年4・5月号より引用)

DAYDREAM THEATER:東京造形大学で映画や映像を学んだ卒業生を中心とした、クリエイティブコレクティブ。2018年3月に、「静かな集まり」という、リサーチプロジェクト「身体が半分、機械になっても僕らにしかできないことをやるよ。」の活動のベースである北海道道東エリアでツアー、イベント、パーティーも実施。

・Cosmic Consciousness(コズミック・コンシャスネス):宇宙意識

北方民族博物館:網走市の小高い丘・天都山(てんとざん)の頂上近くにある博物館。北方地域の諸民族の文化とその形成に関わりの深い先史文化を紹介。

・Shamanism(シャーマニズム):原始宗教の一形態。シャーマンを媒介とした超自然的・霊的存在との交渉を中心とする宗教様態。極北・シベリア・中央アジア、北米の先住民に一般的で、類似の現象は南アジア・東南アジア・オセアニアなどにも見られる。

サイケデリック運動(サイケデリック・ムーヴメント)
・The Self-Obliteration(セルフ・オブリタレーション /自己消滅):草間彌生が自身の自伝『無限の網』(作品社, 2003年)にて語っている言葉。

ジル・ドゥルーズ Gilles Deleuze:ポスト構造主義を代表するフランスの哲学者(1925-1995)。

リチャード・バックミンスター・フラー Richard Buckminster Fuller:アメリカのマサチューセッツ州出身の思想家、デザイナー、構造家、建築家、発明家、詩人(1895-1983)


[ ナビゲーター・プロフィール ]

RogerMcDonald

ロジャー・マクドナルド(AIT副ディレクター)
東京生まれ。イギリスで教育を受ける。学士では、国際政治学。修士では、神秘宗教学(禅やサイケデリック文化研究)。博士号では、『アウトサイダー・アート』(1972年)の執筆者ロジャー・カーディナルに師事し美術史を学ぶ。1998年より、インディペンデント・キュレーターとして活動。「横浜トリエンナーレ2001」アシスタント・キュレーター、第一回「シンガポール・ビエンナーレ 2006」キュレーターを務める。2003年より国内外の美術大学にて非常勤講師として教鞭をとる。長野県佐久市に移住後、2013年に実験的なハウスミュージアム「フェンバーガーハウス」をオープン、館長を務める。また、国内初の英国式「チャトニー」(チャツネ)を生産・販売している。興味は美術史、絵画、変性意識状態、オーディオ鑑賞、踊り、山。AIT設立メンバーの一人。https://www.fenbergerhouse.com


NakazatoRyuzo

中里龍造(DAYDREAM THEATER 主催/映像ディレクター)
千葉県市川市に生まれ育つ。東京造形大学造形学部デザイン学科映画専攻卒業。在学中の2013年「現実のゆるぎなさをほどく視点を探求する」クリエイティブ・コレクティブ DAYDREAM THEATER を結成。映画の製作、ツアー・イベント・パーティーのオーガナイズ、教育大学での実験的な授業プログラムの開発研究、ドイツ人の少年とミックステープの交換などを行う。同コレクティブでの忍者的な活動をTEDxUTokyo2017で発表。現在、北海道道東エリアでリサーチ・プロジェクト「身体が半分機械になっても、僕らにしできないことをやるよ。」を展開中。好きな食べ物:カレー 好きな映画監督:ジム・ジャームッシュ、侯孝賢

2018-4- 3