English
Home  >  Future / Archives  >  第9回恵比寿映像祭「マルチプルな未来」を巡るガイドツアー開催!

第9回恵比寿映像祭「マルチプルな未来」を巡るガイドツアー開催!



1. AITスタッフと映像祭スタッフが会場をご案内します!
「第9回恵比寿映像祭 マルチプルな未来」を巡るガイドツアー開催
期間:2017年2月11日(土・祝)- 2月26日(日)※会期中8回(うち2回は英語ツアー)
時間:11:00 - 12:30 (2/18, 26) / 11:00 - 12:00 (2/19) / 19:00 - 20:00 (2/16, 22, 23) / 13:00 - 13:30 (2/11, 25)
会場:第9回恵比寿映像祭会場 ※詳細は各ガイドツアー概要をご参照ください

参加無料、各回先着15名

左:ガブリエラ・マンガノ&シルヴァーナ・マンガノ《そこはそこにない》2015年/シングルチャンネル・ヴィデオ/作家蔵/協力:アナ・シュワルツ・ギャラリー、メルボルン
右:ズビグ・リプチンスキー《タンゴ》1980年/シングルチャンネル・ヴィデオ(オリジナル:35ミリフィルム)/作家蔵



いよいよ2017年2月10日(金)より15日間開催される、「第9回恵比寿映像祭」。年に一度、恵比寿の街を舞台に展示や上映、ライブ、シンポジウム、レクチャーなどを複合的に行うアートと映像のフェスティヴァル。第9回は「マルチプルな未来 Multiple Future」をテーマに、今、刻々と形作られている「未来」について、複製技術をともなう映像の特質と、メディア技術の発達とともに個人や社会にもたらされている変化が指し示すものについて考えます。

東京都写真美術館のリニューアルオープン後、初となる今回の恵比寿映像祭。メイン会場が再び美術館に戻ってきます。参加アーティストは、著名な美術作品の人物、ポップスターや女優に自ら扮した多くの作品で「オリジナリティの神話」へ揺さぶりをかける森村泰昌、一卵性双生児の姉妹で恊働し、身体性や動き、風景を考察する映像インスタレーションを国内外で発表しているガブリエラ・マンガノ&シルヴァーナ・マンガノ、2009年のヴェネツィア・ビエンナーレのオランダ館代表にも選ばれた、写真や映像インスタレーション作品にいくつもの視点を内在させるフィオナ・タンによる初の長編映画や、国内外の気鋭のアーティストによる作品が多数展示・上映されます。そのほか、初日から3日間は、笹本晃や、前述のガブリエラ・マンガノ&シルヴァーナ・マンガノのディレクションによるパフォーマンスも行われます。上映プログラムでは、ナンシー・D・ケイツによる、知識人、著述家、映画製作者、活動家などマルチな領域で活動したスーザン・ソンタグについてのドキュメンタリーがプレミア上映されるほか、映像祭でしか観られない作品も多数上映されます。

映像祭に合わせて、これまで地域連携プログラムで参加してきたAITが、第7回よりガイドツアーを担当。メイン会場の東京都写真美術館を中心に、それぞれの会場の作品や見どころをAITスタッフと映像祭スタッフがご案内します。今回は初めて英語ツアーも開催します。ガイドツアーは、いずれも参加無料ですので、恵比寿映像祭は初めてという方や、もう少し詳しく解説を聞いてみたいという方はぜひご参加ください。

[ガイドツアー 参加方法]
・整理券はガイドツアー実施日の午前10時から、東京都写真美術館1F総合受付にて配布。
・開始時間の5分前までに、東京都写真美術館1F総合受付前に集合してください。
 ※集合時間に遅れた場合も、そのまま進行致しますので、予めご了承ください。
 ※終了時は、その場所で解散いたします。
 ※最新情報は映像祭公式ウェブサイトをごください。
 ※ツアー1.2.3は日本語、4は英語で実施いたします。




1) フェスティヴァル会場・オールアラウンドガイドツアー ーYEBIZOの全体像を掴もう[90分/日本語]
ナビゲーター:塩見有子、青木祥子(AIT)
[会場] 東京都写真美術館全フロア(目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内)→ センター広場 恵比寿ガーデンプレイスセンター広場(渋谷区恵比寿4-20 恵比寿ガーデンプレイス内 オフサイト展示)→ 日仏会館ギャラリー(渋谷区恵比寿3-9-25)

今回のテーマ「マルチプルな未来」は、映像が個人や社会のあり方にもたらす変化について問いかけています。フェスティヴァル全体を巡って、様々な作品を通じて浮かび上がるテーマ解釈について、俯瞰的な視点でガイドいたします。

森村泰昌《銃を持つ私/ウォーホルに捧げる》1998年/シングルチャンネル・ヴィデオ/作家蔵 Courtesy of Yoshiko Isshiki Office, Tokyo

[日程]
2/18(土)11:00 - 12:30
2/26(日)11:00 - 12:30

東京都写真美術館 展示作家:https://www.yebizo.com/jp/artist/
日仏会館ギャラリー 空族+スタジオ石+YCAM:https://www.yebizo.com/jp/program/detail/01-15s




2) オフサイト展示・ガイドツアー ー金氏徹平の新作に視る"マルチプル"とは?[30分/日本語]
ナビゲーター:大隈理恵、堀内奈穂子、依田理花(AIT)
[会場]恵比寿ガーデンプレイスセンター広場(渋谷区恵比寿4-20 恵比寿ガーデンプレイス内 オフサイト展示)

恵比寿ガーデンプレイスのセンター広場に展示される、コラージュの手法を用いてかつて娯楽の主役だった遊園地の遊具をふたたび表舞台に登場させる金氏徹平による初の野外大型インスタレーション作品について、作品のコンセプトや背景、新しい視点での解釈をご紹介します。舞台や音楽、文学の領域にも活動の幅を広げながら、表現のマルチタスクを実践する作家の世界をお楽しみください!

金氏徹平《White Discharge(公園)》(オフサイト展示に向けた新作のイメージ)2016年

[日程]
2/11(土・祝)13:00 - 13:30 
2/25(土)13:00 - 13:30 

オフサイト展示 金氏徹平:https://www.yebizo.com/jp/program/detail/07-01




3) TOPメイン会場・ガイドツアー ー東京都写真美術館会場巡りで、じっくりテーマを掘り下げる [60分/日本語]
ナビゲーター:東孝彦、大隈理恵、青木祥子、川口茜(AIT)
[会場]東京都写真美術館全フロア(目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内)

リニューアルした東京都写真美術館会場の全フロアを巡り、同会場内の作品解説に特化したツアーです。 メイン会場を集中して巡り作品ひとつひとつを丁寧に読み解きたい方にお勧めです。 平日夜の時間帯に開催しますので、仕事帰りにご参加いただけます。

豊嶋康子《色調補正-1》(公開制作、府中市美術館)2005年/インスタレーション/ 作家蔵[参考図版]/協力:株式会社フォレステクナ
Photo: Daisuke Awata


[日程]
2/16(木)19:00 - 20:00 
2/23(木)19:00 - 20:00 

東京都写真美術館 展示作家:https://www.yebizo.com/jp/artist/




4) TOPメイン会場・ガイドツアー 東京都写真美術館会場巡りで、じっくりテーマを掘り下げる [60分/英語]
ナビゲーター:ソニア・フリエル(恵比寿映像祭 リサーチアカデミック・キュレトリアルインターン)、AIT
[会場]東京都写真美術館全フロア(目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内)

TOP Museum Guided Tour : English version [60min. in English] Comprehensive tour performed in English by Yebizo festival team. Navigator: Sonia Friel (Research academic and curatorial intern) [Venue] Tokyo Photographic Art Museum, all floors

A comprehensive course covering the entirety of the recently refurbished Tokyo Photographic Art Museum. Recommended for festival-goers who are keen to concentrate on the event's main venue, closely examining each of the exhibited works in turn. A weekday evening tour has also been scheduled, catering to those returning from work.


ロバート・ノース&アントワネット・デ・ヨング《ポピー:アフガン・ヘロインをたどって》2012年/4チャンネル・ヴィデオ・インスタレーション/作家蔵

Date and Time:
2/19 (Sun.) 11:00 - 12:00
2/22 (Wed.) 19:00 - 20:00


[第9回恵比寿映像祭 開催概要]

名称:第9回恵比寿映像祭 マルチプルな未来
会期:平成29年2月10日(金) - 2月26日(日)《15日間・月曜休館》
開催時間:10:00 - 20:00 *ただし最終日平成29(2017)年2月26日(日)のみ18:00まで
会場:東京都写真美術館、日仏会館、ザ・ガーデンルーム、恵比寿ガーデンプレイス センター広場 地域連携各所 ほか
料金:入場無料 ※定員制のプログラム(上映、ライヴ、レクチャーなど)は有料
※「本会場全体マップ」および「恵比寿全域マップ 」にて、各会場の場所をご確認ください
主催:東京都/ 東京都写真美術館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)/日本経済新聞社
共催:サッポロ不動産開発株式会社/公益財団法人日仏会館 ほか

公式ウェブサイト:http://www.yebizo.com

2017-2- 7

AIT
MAD2016
AIT Staff Blog
twitter
facebook

mail magazine

Mail Magazine について
"AIT"のメールニュースを購読希望の方は以下のフォームより登録ください。MAD受講者は登録の必要はありません。

[購読申込] [購読解除]

Nissan Art Award 2017
東京事典
rabatokyo