English
Home  >  Future / Archives  >  MAD合宿in「フェンバーガー・ハウス」(全2回開催)

MAD合宿in「フェンバーガー・ハウス」(全2回開催)


※2013年7月26日現在:新情報をアップしました!詳細は【速報】をご覧ください
<MAD生・修了生対象(お友達可) / 各回限定6名>
MAD合宿 in 「フェンバーガー・ハウス」
個人美術館「フェンバーガー・ハウス」オープン記念、特別合宿!(1泊2日)

第1回 2013年8月10日(土)-11日(日)
第2回 2013年10月19日(土)-20日(日)*2回ともに同じ内容です

フェンバーガー・ハウス ロゴ    同館 展示風景(部分)
左:フェンバーガー・ハウス ロゴ/右:同館 展示風景(部分)

MAD合宿でしか体験できない!7つの魅力はこちら!
1) ロジャーのキュレーションによる個人美術館「フェンバーガー・ハウス」(完全予約制)をディープなレクチャーで楽しめる
2) 限定6名、講師と参加者でアートと向き合う一泊二日
3) ガイドツアーやレクチャー、発掘現場探訪等、五感で楽しむ充実の4セッション
4) 長野の雄大や自然に囲まれ、天然温泉でリフレッシュ
5) 手作りのイギリス料理に舌鼓
6) 民芸館やカフェ等、ロジャーのおすすめご当地スポット巡りも
7) 参加者には、ハウスオリジナルのチャツネやティー・タオルを特別割引料金にてご提供



このたび、MADのプログラム・ディレクターでキュレーターであるロジャー・マクドナルドが個人美術館「フェンバーガー・ハウス」(長野県佐久市)を本格的にオープンしたことを記念して、MAD合宿 in「フェンバーガー・ハウス」特別合宿を開催します。

2011年に初めて開催し、好評を博した「MAD合宿 in 長野」。
2013年は MAD合宿 in 「フェンバーガー・ハウス」と名前を改め、さらにパワーアップした内容でお送りします。
合宿では、ハウスが普通の「家」の改装を繰り返して設立されたことを出発点としながら、4つのセッションをとおして、ハウス完成の秘密を解き明かします。これまでの仮オープンからさらに進化したハウスの全貌とその裏にあるロジャーのキュレーション・アイディアや美術館に対する考え方など、アートを巡る思考の変遷と実践を、レクチャー、散歩、音楽、食を通じて体験します。

<4つのセッション>
   ・セッション(1) ガイドツアー:「フェンバーガー・ハウス」ってなぁに?
   ・セッション(2) レクチャー:なぜ「家」で展示は行われないのか?
   ・セッション(3) フォレスト・ウォーク:静けさの中で、身体感覚を高めてみよう!
   ・セッション(4) 発掘現場探訪:アートを「埋めて」、「待つ」こと

<ハウスのコレクション>
ハウスには、フランツ・ウェストやデヴィッド・ホックニー、ピーター・マクドナルドによる現代アート作品のコレクションに加え、イギリス人の父と日本人の母を持つロジャーの「個人史」「家族史」を物語るオブジェクトや貴重な資料も数多く展示されています。 展示には固定のテーマはなく、作品にはキャプションもありません。ロジャーのレクチャーやガイドのもとで、仲間とともにフェンバーガーハウスの空間で非日常の時間を過ごすうちに、これまでとは全く違う美術館体験へと導きます。

<温泉、食、音楽も堪能>
セッションの後や自由時間には、宿泊施設「信州・望月温泉みどりの村」の天然温泉やイギリス料理を満喫。その他、夜はロジャーのセレクションによるLPレコードの音色に耳を傾けたり、 2日目はちょっと不思議なカフェや民芸館等、ご当地スポット巡りも楽しみます。

東京から新幹線で1時間。日常を離れ、長野のゆったりとした時間の中で、他にはないアート体験をしてみませんか?

<速報!>
1)8月合宿限定:合宿中に、「望月芸術祭 ミチルト」を訪れます!
佐久市望月区をアートでもり立てるべく、地元の美術講師が企画した芸術祭が初の試みとして開催されます。
望月商店街の洋品店や喫茶店を舞台に、7名のアーティストによる彫刻、絵画、写真が展示されます。
芸術祭の名前「ミチルト」は、「望月」の地名から「満月のように地域の人の心やまちが満ち足りていてほしい」との願いが込められているとか。
記念すべき第一回を、一緒に巡ってみませんか?

芸術祭のチラシはこちら!>>

2)ロジャーが望月のフリーペーパーに取材されました!
ロジャーも好きでよく訪れるというYUSHI CAFEが発行している「望月人図鑑」にロジャーが取材されました。
彼自身のバックグラウンド、望月での暮らし、美術館を立ち上げた経緯や考えに触れることで、「フェンバーガー・ハウス」の魅力を垣間みることができるでしょう。
ぜひ、ご一読ください。

インタビュー記事はこちら!>>


[ 概要 ]
日程:第1回 2013年8月10日(土)-11日(日)
   第2回 2013年10月19日(土)-20日(日) *いずれも1泊2日、同じ内容です
宿泊場所:信州・望月温泉みどりの村 (長野県佐久市印内561-1)
レクチャー開催場所:フェンバーガー・ハウス *みどりの村より徒歩5分
定員:各6名(先着順)
催行人数:6名
講師:ロジャー・マクドナルド
参加対象:MAD受講生・修了生(お友達も可 *お友達はMADにお申込いただかなくても参加できます)
主催:NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]


[出展アーティスト(一部)]
フランツ・ウェスト、アンドレアス・シュルツ、ピーター・マクドナルド、フランシス・アップリチャード、マルティーノ・ギャンパー、シムリン・ギル、デヴィッド・ホック ニー、ビアンカ・エシェル、浮田要三ほか


[ 参加費 ] ※2013年7月5日現在:新情報をアップしました
1)新幹線をご利用の場合
49,770円 (税・新幹線代・宿泊費・食費(朝1回、昼2回、夜1回)・受講料込み)
※新幹線(東京ー佐久平間)の手配はAITが行い、参加者に引き渡します。
※集合は、JR佐久平駅となります。

2) 【NEW!】 新幹線以外の交通手段(バス、お車等)をご自身で手配、ご利用の場合
37,030円(税・宿泊費・食費(朝1回、昼2回、夜1回)・受講料込み)
※集合は、JR佐久平駅となります。事前に集合時間をお伝えしますので、遅延のないようお越しください。

【ご注意】合宿の内容は、諸事情によりやむを得ず変更する場合があります。予めご了承ください。


[ お申し込み方法 ]
・mad@a-i-t.net(@を半角にして、お使いください)まで、件名を「MAD合宿inフェンバーガー・ハウス、第○回参加希望」とし、1.氏名/ふりがな、2.携帯番号、3.住所(新幹線の切符の送付先)4.ご希望の参加形態1)新幹線利用または2)その他交通手段利用 を明記したメールをお送りください。折り返し、参加費の振込先等についてご連絡いたします。 また、開催が近くなりましたら、合宿のしおりをお届けします。

・新規でMADにお申し込みをお考えの方は、下記リンクよりまずはオンライン申込手続きをお済ませください。その上で、別途、上記の指示に従い、合宿の参加希望メールをお送りください。
オンライン申込はこちら>>


[ お申し込み期限 ]
第1回 7月29日(月)/お振込期限:7月31日(水)
第2回 10月7日(月)/お振込期限:10月9日(水)


[ 「フェンバーガー・ハウス」について ]
ロジャー・マクドナルドが全てのディレクションを手がける、一つのアート・リサーチ・プロジェクト。
古い山小屋を改装した、まるで小さな家のような美術館兼アート・センターです。ハウスには、ささやかな、しかし 希少価値の高い、現代アートのコレクション、テーマ別展示、工芸品、家具、オーディオ・スライドショー・シアターの他、チャツネの手作り工房もあります。


[ スケジュール ]
Download(PDF / 57KB)
nagano-sched



[ 宿泊場所(信州・望月温泉みどりの村)について ]
・宿泊施設:ログハウス
  └部屋数:和室x2部屋・洋室(ロフト)×1部屋
  └完備品:冷蔵庫、電気ポット、電子レンジ、冷暖房対応ヒーター、洗濯機、カラオケ
  └アメニティ:浴衣、フェイスタオル、バスタオル、歯ブラシ、カミソリ(男性用)
 *原則として相部屋となります。他のMAD生と一緒の部屋が良い場合は、お申し込みの際にお知らせください。
・セッション開催場所:主に「フェンバーガー・ハウス」 *ログハウスより徒歩5分

[ 周辺観光について ]
「望月歴史民俗資料館」、「YUSHI CAFE」、「読書の森」等
詳細は「フェンバーガー・ハウス」のサイト内「LOCALITY」ページ参照


[ 持ち物について ]
「フェンバーガー・ハウス」へ向かう途中、急な斜面を登りますので歩き易い靴をお持ちください。
また、基本的に東京よりも気温が低いため、以下の平均気温を参考に服装をお考えください。

参考 長野の平均気温:
8月ー最高31度、最低21度
10月ー最高19度、最低10度


[ イメージ画像 ]
展示風景(部分) ライブラリー・スペース
左:フェンバーガー・ハウス外観/右:展示風景(部分)


2013-5-31

AIT
MAD2016
AIT Staff Blog
twitter
facebook

mail magazine

Mail Magazine について
"AIT"のメールニュースを購読希望の方は以下のフォームより登録ください。MAD受講者は登録の必要はありません。

[購読申込] [購読解除]

Nissan Art Award 2017
東京事典
rabatokyo