English
Home  >  Future / Archives  >  Tokyo Art Research Lab (TARL) ネットワーキング・ラボ vol.6

Tokyo Art Research Lab (TARL) ネットワーキング・ラボ vol.6

TARLと、アートの現場をつなぐ:アーティスト・イン・児童館《Y時のはなし》へ行こう!
日時:12月2日(日)14:00-15:30(13:00開場)、懇談会15:30-
会場:練馬区 光が丘区民センター3階 多目的ホール
参加費:500円 *要予約
*特別企画のフィールドワークにつき、会場がいつもの「東京文化発信プロジェクトROOM302」とは異なりますのでご注意ください。


networklab
左:ネットワーキング・ラボvol.2の様子 右:TARLロゴ


―TARLは、全11の講座からなる、アートプロジェクトを知る/実施する/研究するための「知」と「スキル」のプラットフォームです―

ネットワーキング・ラボ」は、TARLの講座で取り上げるアートプロジェクトに必要不可欠な「知」や「スキル」とア ートプロジェクトの現場をつなぐ回路作りを目的に、TARL事務局が毎月1回開いているオープン・デイ(誰もが参加できる場)です。

第6回は、過去のネットワーキング・ラボvol.3にて、ディレクターの臼井隆志さんをゲストに招いて話をうかがった「アーティスト・イン・児童館」の現場を見に行くフィールドワーク形式で開催します!

当日は、演劇カンパニー「快快(FAIFAI)」が、練馬区内の児童館の子供たちと共に演劇作品《Y時のはなし》を新しく制作・公演するプロジェクトの本公演。あらかじめ取材活動を行ったリサーチャー、コーディネーターと共にプロジェクトのフィナーレを目撃し、その意義についてゲストや参加者と共にディスカッションの場を持ちたいと思います。

みなさまのご参加、お待ちしております!


[ 概要 ]
日時:2012年12月2日(日)14:00-15:30(13:00開場)、懇談会15:30-
会場:練馬区 光が丘区民センター3階 多目的ホール(練馬区光が丘2丁目9番6号
*懇談会場未定
参加費:500円
定員:10名
*既に公演チケットをお持ちの方でも参加可能です。但し、定員になり次第、受付を終了します。

ゲスト:未定
コーディネーター:橋本誠(アートプロデューサー)、三木茜(TARLリサーチャー)

詳細、申込についてはTARL公式サイトをご確認ください>>http://tarl.jp/


[ お問い合わせ ]
Tokyo Art Research Lab事務局(AIT内)
Tel:080-3171-9724 E-mail:info@tarl.jp


[ Tokyo Art Research Lab(TARL)とは ]
アートプロジェクトにまつわる問題や可能性をすくいあげ分析する、リサーチ型の人材育成プログラムです。アートプロジェクトを持続可能にするシステムの構築を目指します。東京の様々な人 ・まち・活動をアートで結ぶことで、東京の多様な魅力を地域・市民の参画により創造・発信することを目指す東京文化発信プロジェクト事業「東京アートポイント計画」の一環として実施しています。
主 催:東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)
事務局:NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]


[ アーティスト・イン・児童館「Y時のはなし・イン・児童館」について ]
アーティスト・イン・児童館とは、子どもたちの遊びの場である児童館にアーティストを招聘し、遊び・創作・表現を通して、子どもたちとアーティストが出会っていく場をつくっていくプログラムです。
「Y時のはなし・イン・児童館」は、演劇カンパニー「快快(FAIFAI)」の代表作の1つである《Y時のはなし》を練馬区内の児童館の子どもたちと共に新しく制作・公演するプロジェクトです。
http://jidokan.net/


[ 快快(FAIFAI)略歴 ]
faifai.jpg

2004年結成、(2008年4月1日に小指値< koyubichi>から快快に改名)。
集団制作という独自のスタイルで作品を発表し続ける、東京を中心に活動する劇団。パフォーミングアーツにおける斬新な表現を開拓し「物語ること」を重視した作風で今日の複雑な都市と人を映し出しながらも、次第に幸福感に包まれゆく人間の性をポップに新しく描いてきた。
本公演以外にも、福島県いわき総合高校とのコラボレーション公演、美術館での展示、パーティーの企画、銭湯や家での公演等、よりストリートで親しみ易い文化としての演劇活動を志している。
主な作品は「My name is I LOVE YOU」(2009)「Y時のはなし」(2010)「SHIBAHAMA」(2010)「アントン・猫・クリ」(2012)。 2012年9月には神奈川芸術劇場にて約2年半ぶりの新作公演「りんご」を控えている。
http://faifai.tv/


2012-11-28

AIT
MAD2016
AIT Staff Blog
twitter
facebook

mail magazine

Mail Magazine について
"AIT"のメールニュースを購読希望の方は以下のフォームより登録ください。MAD受講者は登録の必要はありません。

[購読申込] [購読解除]

Nissan Art Award 2017
東京事典
rabatokyo