English
Home  >  Future / Archives  >  AIT ARTIST TALK #57

AIT ARTIST TALK #57

フィンランド出身アーティスト、ユーリ・カーシネンを迎えて
「日常の宝もの=表現者、フィルム、ピクセル、そしてケミカル」

日時:1月16日(月)19:00-21:00 *要予約 *逐次通訳付き


jyri001
"Stubborn", 2007



AITでは、1月16日(月)の19:00より、フィンランド出身アーティストのユーリ・カーシネンを迎えて、AIT ARTIST TALK #57 を開催します。カーシネンはフィンランドのFRAMEおよびフィンランドセンターの助成により、AITのアーティスト・イン・レジデンスプログラムで2012年1月27日まで東京に滞在します。

主に写真作品を制作し、自身をメディアアーティストと称するカーシネン。彼の関心は、身の回りに偶然立ち現れる詩的な風景に向けられています。上記参考作品の「Stubborn(頑固なもの)」では、映画の一場面のように、凍ったバルト海の上に一台のショッピングカートが静止している、幻想的な光景が写し出されています。ぽつんと置かれたショッピングカートは、偶然そこにいきついたのか、それとも、誰かのいたずらによって置き去りにされたのか、観る者はこうした疑問を持ちながら、しばし作品に目を奪われることになります。また、カーシネンは、10年近くアーティストやミュージシャン、グラフィック・デザイナーなど、自身の周りにいる表現者たちのポートレイトを撮り続けています。彼らの活き活きとした表情やふとした身振りからは、躍動感溢れる「日常」の物語りが見えてくるようです。

トークでは、主にフィンランドで撮影した過去の作品紹介のほか、ゲームボーイやコーヒーを用いた実験的な撮影ツールや現像の手法についても触れます。東京滞在中も、カメラを肌身離さず持ち歩くことで、日常の宝ものー「treasures of everyday life」を切り取るカーシネン。

彼の話しに耳を傾け、独自の視点や考え方を通して見える光景を体験してみませんか?

皆さんのお越しをお待ちしています。


[ 概要 ]
日時:2012年1月16日(月)19:00-21:00
会場:代官山AITルーム [MAP]
主催:NPO法人アーツイニシアティヴ トウキョウ[AIT/エイト]
助成:FRAMEフィンランドセンター
定員:30名(予約制)
参加費:一般1,000円、学生・ベースメンバー800円、ハウス/サポートメンバー無料 
*1ドリンク付き *逐次通訳付き


[ お申し込み方法 ]
otoiawase@a-i-t.net 宛てに、タイトルを「AIT ARTIST TALK #57参加希望」とし、お名前、ご連絡先を明記したお申込メールをお送りください。


[ユーリ・カーシネン 略歴]

jyrikaasinen_portrait.jpg

1979年、ヌルミヤルヴィ、フィンランド生まれ。ヘルシンキ在住。
University of Tampere(フィンランド)にてメディアアートを学び、2004年に卒業。2008-2009年には同大学でヴィジュアル・ジャーナリズムを学ぶ。初期の作品は、ペインティング、ドローイング、アニメーション、メディアアートと多岐に渡る。2000年より写真作品の制作を開始。2002-2003年にはサンクトペテルブルグを含むロシア各地にて制作活動を行う。2009年、ドイツのデュッセルドルフのアーティスト・イン・レジデンスに参加。 www.luonnoskirja.net


2011-12-17

AIT
MAD2016
AIT Staff Blog
twitter
facebook

mail magazine

Mail Magazine について
"AIT"のメールニュースを購読希望の方は以下のフォームより登録ください。MAD受講者は登録の必要はありません。

[購読申込] [購読解除]

Nissan Art Award 2017
東京事典
rabatokyo