English
Home  >  Future / Archives  >  金島隆弘

金島隆弘

AITメンバーシップ・プログラム ハウスメンバー限定スペシャルトーク
「北京、ソウル、台北から、アジアの現代アートを占うー金島隆弘氏を迎えて」

 

スピーカー:金島隆弘

 

日時:2010年10月8日(金)19:00 - 20:30 
場所:代官山AITルーム
対象:ハウスメンバー

 

 kaneshima.jpg

[金島隆弘氏 プロフィール]
1977年、東京都生まれ。
2002年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了、ノキア、東芝、東京画廊を経
て、2007年より FEC(ファーイースト・コンテンポラリーズ)の設立準備、2008年4
月よりZAIMにて活動を開始。横浜、北京、台北を中心とした東アジアの現代美術のリ
サーチプロジェクト、作家の作品制作支援、交流事業等を手がけ、ARTiTプロデュー
サーとして東アジアを担当し、2010年よりアートフェア東京エグゼクティブ・ディレ
クターに就任。

 

asia_photo01.jpg

 

「AITメンバーシップ・プログラム」は、AITの活動をサポートしながら様々な特典が
楽しめるプログラムとして、2008年より開始しました。

限定スペシャルトークは、アーティストやキュレーターなど、アート界で活躍する専
門家を迎え、年に2回開催しています。本トークでは、ふだんはなかなか聞くことのでき
ないアート界の舞台裏や未公開の情報について、気軽な会話を楽しみながら知ることが
できます。 今回は、今年6月に新たにアートフェア東京のエグゼクティブ・ディレクターに
就任した金島隆弘さんを迎え、近年ますます注目されている中国や韓国の現代アー
トを巡る動向について話を聞きます。


金島さんは、これまでに北京や台北、ソウル、東京を行き来しながら、現代アートに
関するさまざまな仕事をしてきました。その時期は、中国の現代アートが世界から注
目され、マーケット活動が飛躍的に加速し、韓国においては美術館やギャラリーなど
のアートのインフラが大規模に整備され始めた時と重なります。北京、上海、香港、
台北、ソウルのアートシーンは、それぞれどのような変化を遂げているのか。アジア
諸都市の国際展やアートフェア会場で交わされるコミュニケーションから得られる未
公表の情報をとおして、アジアのアートの今と未来を皆さんへお届けします。

現在ハウスメンバーではない方も、当日AITルームでハウスメンバーにお申込みいただ
くことで、本トークにご参加いただけます。「AITメンバーシップ・プログラム」では、
本トークのほかにも、アーティスト・トークやAITが主催するイベントなどへのご
招待など、今後もさらに充実したプログラムを作ってまいりますので、ぜひこの機会に
ご検討ください。皆さまのご参加をお待ちしています。

2010-10- 8

AIT
MAD2016
AIT Staff Blog
twitter
facebook

mail magazine

Mail Magazine について
"AIT"のメールニュースを購読希望の方は以下のフォームより登録ください。MAD受講者は登録の必要はありません。

[購読申込] [購読解除]

Nissan Art Award 2017
東京事典
rabatokyo