Home  >  Blog  >  2015-08

バッカーズ・ファンデーション/AIT レジデンス・プログラム 2015


この夏、AITでは、バッカーズ・ファンデーションの助成により、レジデンス・アーティストとしてカンボジアからラッタナ・ヴァンディとカニータ・ティス、そして、ポーランドのウジャドゥスキー城現代美術センターからキュレーターのマリアンナ・ドブコウスカを迎えました。それぞれが貴重な時間を日本で過ごし、そして、無事に帰国していきました。今日は、このブログで彼らの滞在の様子をお伝えします。


ラッタナとカニータは、滞在の成果の一つとして、新作を含めた展覧会「Today of Yesterday - 過去に在る、いま」を山本現代にて7月11日から25日まで開催しました。ラッタナは都内のスタジオで釘を打ち続け、カニータは針金を巻き、制作に励みました。ラッタナが作品の一部として書いた文章からは、まるで今を表すかのような混沌とした状況の中で人びとが戸惑うさまが、にじみ出ているようでした。それは、あやつり人形のようにも見え、黒く塗られたギャラリーの壁に何本も打たれた釘のざわつきからは、無数の声が静かに伝わります。制作途中、何度かスタジオを訪問すると、当の本人はなんとも陽気で、ジリッと暑い東京の空を眺めては、タバコの煙をくゆらせ、本当は飛行機に乗るのが嫌いなんだと教えてくれました。そして、抹茶のアイスクリームを前にすれば、子供のように喜んだりする、そんな茶目っ気もあるのがラッタナです。

2015-8-10