Home  >  Blog  >  2012-02

AITスタッフが送る!それぞれのイチオシMAD

いよいよ4月に始まる、現代アートの学校MAD2012。
今日から一人ずつ、MADのプログラムディレクターやスタッフが、それぞれのイチオシMADを紹介していきます!

 

STAFF 01: ロジャー・マクドナルド

AITの立ち上げメンバーの一人であり、MADのプログラムディレクター。
現在は長野在住、自身のアートスペースを構築中。週に数日、上京しMADや美大で教えている。
スウィーツと恋バナが大好き。宗教学で修士課程を修了、禅寺で修行をしていたことも。
roger1.jpg

・アートを学びたい人へ、一言!
こんにちは。モダン・アートコースを担当するロジャーです。
今、アートはすごく変化していると思います。すごいスピードで変わっていると思います。
その中でコンテンポラリー・アートは特に複雑で、面白くて、グローバルで、色んなことを我々に語ってくれている気がします。
どうやってこのアートを見るのか?どうやってアートを考えていけるのか?
私はアートを考えるという行為が、今最も面白くて、重要だと思います。
もちろんアートは感情や身体の体験です。しかしアートは最近できた運動ではなく、長い歴史と色んな人
たちの考えや実践の「結び目・つなぐもの」のようなものではないでしょうか?色んな行為、作品、経験とヴィジョンで、
成長してきた気がします。もちろん誰もが知っているアーティストや作品もあれば、ほとんど無名で終わったり、認知されてこなかった
アーティストや作品もあります。この「結び目」は、アートを支えてきたエネルギーだと思います。

2012-2-22

MAD2012のチラシについて

現代アートの学校MAD2012年度のチラシが1月に完成しました。デザインは、「アートフェア東京」や「福武ハウス」、「原美術館(品川)」等のポスターやチラシ、カタログ等を手がけるアートディレクターの古平正義さん(FLAME)によるものです。

古平さんには、昨年、原美術館で開催した「アート・スコープ2009-2011 インヴィジブル・メモリーズ」展のポスターもデザインして頂き、色々とお世話になっています。


MAD2012_Chirashi artscope_poster.jpg

左:MAD2012 チラシ    右:「アート・スコープ2009-2011 インヴィジブル・メモリーズ」展チラシ


MADとは、「Making Art Differentーアートを変えよう、違う角度で見てみよう」の頭文字をとったもの。
2012年度のプログラムでは、コース制を設けたため、アート好きな仲間と一緒により楽しく、賑やかにアートが学べる!というメッセージを込めて、「Making Art Different」とAIT HPのURLが、様々な色やフォントで配置されたタイポグラフィデザインとなっています。

また、裏面には、MAD2012のレクチャー内容が記載されています。チラシは全国の美術館やギャラリーに設置していただいている他、MADのページからでもダウンロードしていただけます。ぜひチェックしてみてください。


MAD2012について>>
*今、MAD2012にお申し込みいただくと受講料が10%割引になります(2/29まで!)。
お申し込みは、お早めに!>>

2012-2- 7